読むと、お金に強くなる

読むだけで、お金に強くなるブログ

ホーム タグ Mac
タグ

Mac

M1版MacBook Airのモバイルバッテリーを買ってみた【Anker PowerCore Essential 20000 PD】【Anker PowerPort Atom III 45W Slim】

M1版MacBookAirに使えるモバイルバッテリーがわかる 買い物に失敗しなくなる M1版MacBookAirユーザー Proでも大丈夫だよ! こんにちは、ガクマーケティングの井上です。 私のメインpcであるMacbook Air(M1チップ搭載)のモバイルバッテリーを購入しました。 その商品レビューと、MacBookAir用のモバイルバッテリー購入時の、注意点をご紹介いたします。 その辺に売ってるモバイルバッテリーだと、充電できないこともあるので、ご注意くださいませ〜 電池持ちがいいM1版MacBookAirに、わざわざモバイルバッテリー? M1チップ搭載のMacはバッテリー持ちが非常によく、丸1日使用しても持つくらい。しかしMac本体のバッテリーを消耗させたくなくて、『囮のバッテリー』として購入しました。 MacBook Airの充電回数には上限があります。確か、0から100までを1,000回充電したら寿命のはず。 交換もできるみたいなんですが、なかなかいい値段がするようです。もともと電池持ちがいいので、多少劣化したとしても十分問題ないとは思うんですが、ちょっと心配なところはありますよね。 本体は何十万円もするし、交換にも何万円かかるMacBook Airのバッテリーを使うよりも、屋外では5000円くらいで調達できるモバイルバッテリーを電源にして、そっちを劣化させた方がお得なんじゃないかなぁと思って、モバイルバッテリーを買ってみました。 M1版MacBookは、電源に繋がっている間は、本体バッテリーを使わずに動作します。外部電源に繋ぐことで、本体バッテリーの劣化を防げるはずです。 しかし、コンビニに売っているようなモバイルバッテリーだと動きません。 そのあたりの注意点や、絶対に買わなきゃいけないものなどをご紹介します。 M1版MacBookAirのモバイルバッテリーを買うときに、揃えなきゃいけないもの PD出力に対応したモバイルバッテリー本体PD出力に対応した『モバイルバッテリーの充電器』 MacBook Airに充電できるモバイルバッテリーは『PD出力』という特殊な出力に対応したモバイルバッテリーを買わないといけません。 PD出力ができないモバイルバッテリーだと、モバイルバッテリー→MacBookへの充電ができません。 PD出力に対応しているかどうかは、商品情報を見ればおそらくわかると思います。アマゾンで検索する時なんかも、『PD出力 モバイルバッテリー』なんて検索するとズラーッと出てくると思います。 そして、PD出力のバッテリーを充電するには、PD出力ができるコンセントを買わないといけないです。 このコンセントを買い忘れるのがよくある落とし穴みたいで。 PD出力対応モバイルバッテリーのAmazonレビューなんかを見ると、「充電ができなかった」とのレビューが多くあります。 恐らくこういったレビューは、通常のUSB電源から充電しているのだと思います。通常のUSB電源からでも充電はできるんですが、めちゃくちゃ時間がかかるらしいです。丸1日とか。 Mac純正の充電器でももしかしたら充電できるのかもです。(詳しくないので試していません。すみません!)もしMac純正の充電器で充電できるにしても、その間は本体バッテリーを使うことになるので本末転倒っちゃあそうです。 まとめると、M1版MacBook Airに対応したモバイルバッテリーを買うときは、モバイルバッテリー本体と専用の充電コンセントを一緒に買いましょう。 M1版MacBookAir対応モバイルバッテリー『Anker PowerPort Atom III 45W Slim』 さて、ここからは私が買ったモバイルバッテリーと、コンセントのレビューをしていこうと思います。 どちらもアンカー製のものを購入しました。少し高くつきましたが、長持ちさせたいこと、そして軽量化させたい思いがあったので、品質の良いアンカーを選びました。 あけてみる (画像きたないな・・・) ファーストインプレッションは、思っていたより小さくて薄くて軽い。 5年ほど前に買った2万mAhのモバイルバッテリーは、ごつい長財布ぐらいのサイズ感があったんです。しかも重たくて持ち歩くのが大変だったんですが。 こちらは1000円札よりも小さいくらいでしょうか、横にTポイントカードを置いてみましたが、かなり小さい。 あと、軽いです。毎日持ち運ぶため軽いものを、と思っていたんですが、これだったら鞄に入れても苦じゃないですね。 側面と裏面はただのプラスチックなので、まぁそこまでこだわったものでもないです。 モバイルバッテリーと、MacBookAirを接続すると、自動で充電がはじまります。 中央のボタンを長押しするとランプが緑色に光ります。これは、低電力モードといって、高出力を必要としない場合に使うそうです。イヤホンの充電とか。 ちなみに、PD出力対応のモバイルバッテリーの中にはコンセントと一体化しているやつもあります。私、最初はコンセントと一体化しているモバイルバッテリーを買おうとしたんですが、どうも重たいみたいなんですよね。 たまに持ち運ぶぐらいなら、コンセント一体型の方が物も増えなくていいと思います。私みたいに毎日持ち歩くのであれば、別にコンセントを買って、軽量化させた方がいいんじゃないでしょうか。 使ってみた感想 マック本体に接続してバッテリー情報を見ると、『電源:電源アダプタ』と表示されています。うん、これでオッケーですね スタバで2時間ほど使いましたが、青いランプはひとつも減りませんでした。 20,000mAhで足りるかなぁと心配でしたが、これなら問題なさそうですね。 これ以上になると、もっと高価になります。かといって、10,000mAhだと心許ない。仮にモバイルバッテリーが切れたとしても、MacBook Air本体のバッテリーもある訳ですし、20,000mAhが妥当かなぁと思っています。 それと一緒についていたモバイルバッテリーをしまうケース。これがいい感じ。柔らかくてクッション性のある、巾着のようなメッシュ素材。モバイルバッテリー本体とケーブルを一緒にしまっておくと良さそうです。 ネックは値段。約6,000円。モバイルバッテリーとしてみると高いんですけど 10万円を超えるMacBookAirの本体バッテリーを、たった6,000円で守れる発火事件の相次ぐ、下手なノンブランドよりも安心(MacBook燃えたら泣ける)小さくて持ち運びやすい。ケース・ケーブル付きだから、追加の出費もない などの理由で、たしかに値段は高いけど、トータルで見ればAnker PowerCore Essential 20000 PDがベストなのかなぁと思います。 3000円くらいの安いモバイルバッテリーかって、失敗して3000円無駄にするのが一番いやですからね。。。 良い買い物をしたなと思います。安物買うよりも、ちょっといいやつ買うのって大切ですね。 モバイルバッテリーの充電器『Anker PowerPort Atom III 45W Slim』 PD出力対応のモバイルバッテリーと一緒に必ず揃えなきゃいけないのが、PD出力に対応した、充電器コンセント。これもモバイルバッテリーと同じアンカーで揃えました。 他のメーカーにするのが怖かったというのが正直なところ。 では開封してみましょう。 これ、ひとつでなんと2000円もするんですが、まあ要するにただのコンセントです。あけたらコンセントしか入ってないです。 質感はさっきのモバイルバッテリーと同じような加工です。 ケーブルは入っていません。ここ、注意ですね 構造は単純。折り畳み式のプラグを開いて、コンセントにさす。出力はUSBタイプCのみ。 接続したらこんな感じです。コンセント本体の横幅が結構広いので、場所によっては干渉するかもしれません。 先程の20,000mAhのモバイルバッテリーだと、一晩放っておいたら満充電になってました。充電がいっぱいになったら自動で止まるよう。朝になったら充電ランプ付いていなかったので。 まぁ、ただのコンセントですね。PD出力対応ってのが違うだけ。 まとめ:M1版MacBook Airのモバイルバッテリーを買ってみた M1版MacBookAirで使える(実際に使っている)モバイルバッテリーをご紹介しました。 注意点としては PD出力に対応したモバイルバッテリーが必要PD出力に対応した充電器(コンセント)が必要 ってところです。 モバイルバッテリーとコンセントの2つを揃えないといけないので、ちょっとお高くとまります。 でも、何十万円もするMacBook本体のバッテリーを劣化させるよりは、6,000円のモバイルバッテリーに囮になってもらった方が気が楽です。 日頃から持ち運びたい方には、Anker PowerCore Essential...

ライター紹介

アバター
作家。1994年生まれ。北海道育ち。ライターと、ウェブマーケターの2足のわらじをはいた、おじさんのような顔をした若造。

最新記事