読むと、お金に強くなる

読むだけで、お金に強くなるブログ

ホーム タグ IPad
タグ

iPad

Ulysses大解剖!メリット13個・デメリット6、レビューを紹介

こんにちは。ガクマーケの井上 です。 今回は、Ulssesを使おうか迷っている方に向けて送る記事です。 Mac・iOSのテキストエディタなら、Ulyssesがオススメです。私はiPadで使用していますが、とってもいい感じ。 月額料金550円ですが、余裕で550円以上の価値がありますね。これなしじゃ書いてられません。 今回は、Macユーザー専用テキストエディタUlyssesについて紹介します。めちゃくちゃ細かく書いたので、9,000文字近くあります。保存版だぞ! 長いので、目次から読みたいところに飛ぶと便利かと思います。 この記事で伝えたいこと Mac・iOSのテキストエディタならUlyssesがオススメ! Ulyssesがオススメのひと Ulyssesのいいところ・特徴 Ulyssesのダメなところ Mac・iOSユーザーなら『Ulysses』がオススメだぞ! Appleユーザーで物書きなら、ぜひオススメしたいテキストエディタが『Ulysses』です。最近サブスクリプション制(月額料金)になりましたが、それでもオススメ。 Macのテキストエディタとえいば、MacのMarseditも有名ですね。しかし、Ulyssesはもっと別のベクトル(書くことだけに)特化したテキストエディタです。 どうしてUlyssesをオススメする記事を書いているのかというと…… Ulyssesでブログを書いている今、すごく快感なんですよ!たまらん。 この幸せを共有したいと思ったんです! だからニコニコしながら、iPadでブログを書いています。へへへ・・・ Ulyssesとは? 書く。あらゆることを。あらゆる場所で。 これはUlyssessのキャッチコピー。かっこいいですね!キャッチコピーのとおり、Ulyssessはクラウドを活かし、どこでも執筆できるのが特徴。さらに、マークダウン記法に特化していて、サクサクゴリゴリかけちゃいます。 デザインはとてもミニマル。書き始めると文字以外みえなくなります。たまりません。Appeデザインアワード2016に優勝したり、BEST of Apple Store2015になったりもしてます! Ulyssesがぴったりなのはこんな人 Ulyssesを使うと、幸せになれる人、楽しく文章が書けるようになる人の共通点をまとめました。 マークダウンで書く人 複数端末で書く人 ワードプレスに直接投稿したい人 一つでも当てはまるようなら、Ulyssesを使って後悔しませんよ。ぼくは全部あてはまります。 1. マークダウンで書く人 マークダウンで文章を書いているなら、Ulyssesは最適なテキストエディタです。 Ulyssesはマークダウンを強くサポートしています。ぼくはこれまでAtom、Simplenote、するぷろ、googleドキュメントなどを使ってきましたが、マークダウンの使いごごちはUlyssesが一番です。 マークダウンが使ったことがないなら、このタイミングで覚えみてはどうでしょう。ワードプレスで『見出し2』を選ぶ手間とはおさらばだ! 2. 複数端末で書く人 Marseditになくて、Ulyssesにあるもの。それは『クラウド』 ぼくは、Macbook pro・iPad・iPhoneの3つの端末を使いわけて執筆しています。(Macbookは家、iPadは外、iPhoneは移動中やちょっとした時間に) そんなとき、なくてはならないのがクラウド対応のテキストエディタ。いちいちコピペするのはめんどくさすぎますからね。 UlyssesはiCloudや、ドロップボックスも使えるので、”合格”でした。クラウド保存だとデータも消えにくい。ワードプレスお前のことだよ。 ちなみに、Simplenoteはクラウド対応で、同期も爆速でなかなかグッドでした。Ulyssesに浮気したのは、マークダウンサポートの手厚さと、画像のドラッグ&ドロップができることが決め手。 3. ワードプレスに直接投稿したい人 Ulyssesからワードプレスに投稿できます。これはまぁなくてもいいんですけどね。コピペできるし。 しかし、UlyssesはマークダウンをHTMLに変換してくれるので、1手間減っていい感じです。 Ulyssesがオススメなのは、下のような人たち マークダウンで書く人 複数端末で書く人 ワードプレスに直接投稿したい人 Ulyssesのオススメポイントを13個紹介!!! シンプルながらも、高機能なのがUlyssesのすごいところ。以下では、Ulyssesの Ulyssesのオススメポイント Ulyssesの微妙なところ を紹介します。 デメリットが少なくて、やらせっぽく見えるかもしれない・・・。けど、そこは名ソフトのなせる技ってことで、許していただきたい! Ulyssesのオススメポイント1『書きたい欲がまっすぐ文章になる』 「書く!」と思って、ワードプレスを立ち上げたのに、気づいたらサイトのカスタマイズしてた。 とかめっちゃ経験してきたんですよね。『書きたい欲が他にそれる』というんでしょうか。 書きたい欲がそれる原因は、ほとんどが、他の機能に目移りしちゃうからなんですよね〜。『カスタマイズ』ってボタンがあったら、押したくなっちゃうでしょう? Ulyssesの画面は超シンプル。書き始めると、ボタン1つないんですよ。書くことだけに集中できる、というか、書くしかできない環境なわけです。 『書きたい』と思ったなら、その欲がまっすぐ文章になるのが、とても心地よくて気に入ってます。 人によってはシンプルすぎるかもね Ulyssesはプレーンテキストエディタ。ゴリゴリかけるぞ! テキストエディタの基本は、プレーンテキストであること。Ulyssesもそうです。 ちなみにプレーンテキストとは文字ごとの色、フォントの種類、大きさ、画像などを含まないもの。まさにplain(装飾のない、模様のない)なtext(文章)。 文字色やフォントを選べると、そっちに浮気しちゃいので、プレーンテキストの方が集中できるわけ。 さらに、プレーンテキストでの入力は動作も軽い。データも小さいので、ドロップボックスなどの容量に制限があるストレージでも余裕で使えます。 『書くことしかできない』という幸せがUlyssesにある 装飾できない執筆環境によって、文章がはやく書けます。すくなくとも、カスタマイズに浮気をしていたときよりは、早くなっています(そう思いたい!) 自宅だとやる気でないけど、カフェとかファミレスなら気合入るでしょ? Ulyssesも、やる気がでるテキストエディタってわけです! Ulyssesのオススメポイント2『iCloudで自動同期。ドロップボックスも対応』 Ulyssesはクラウドに対応し、常時保存してくれます。上書き保存なんて概念はありません。データも飛ばない。 クラウドは本当に便利ですね。もはや、『下書きを保存』や『Ctl + S』古代の操作方法だと思わせます。 UlyssesはMac・iPad・iPhoneでアプリがあります。 クラウドを使えば、外出先ではiPad、自宅のMacで続きから書く、といったことも簡単。これぼくのパターン。 少し前まで、「Googleドキュメントがクラウドですごい!」と感動していましたが、Ulyssesはそれ以上に使いやすい。 Googleドキュメントと、Ulyssesのクラウドを比較すると、 同期はGoogleドキュメントの方が早い ファイル管理はUlyssesの方が簡単 同期中の動作はUlyssesのほうが軽い といった比較ができました。個人的には、動作が軽いことって大切だと思います。Googleドキュメントはプレーンテキストエディタじゃないから、浮気しちゃうし。 Ulyssesのオススメポイント3『書きたいところですぐかける』 情熱は冷める。 情熱(書きたい欲)ってすぐ消えちゃうんですよね。困ったもんです。 うまいものを食べたとき、綺麗なものをみたとき、素晴らしいアイデアがうかんだとき……情熱がわきあがったとき、その場で文章にできるのがベスト。 UlyssesはiPhoneに対応しているので、電車の中でもサラサラ書けます。 ぼくは昼休みに、スマホのフリック入力で書けるのが気に入ってます。パッとスマホだして、30分かいて、昼休みが終わったら画面を閉じる。 保存も必要ないし、帰って家のMacを開いたら、すぐに続きをかける。 クラウド最高じゃ! Ulyssesのオススメポイント4『マークダウン対応』 Ulyssesはマークダウン専用エディタといっていいくらい、マークダウンへのサポートが手厚い。 たとえば、 見出しの色が変わって、文字が大きくなる 引用の部分に着色してくれる で囲ったら、URLを入力するボックスを表示する リストをつくると、色をつけてわかりやすくする などのような、マークアップのサポートを自動でしてくれます。プレビュー見なくてもいいくらい、マークダウンを書きやすい! Ulyssesのすごいところは、『プレーンテキストのまま色をつけたり、文字を大きくしてくれるところ』です。 Ulyssesが自動で色つけした見出しを、ワードプレスにコピペすると、プレーンテキストなのがよくわかります。 マークダウンって? マークダウンとは、文書を構造化したり装飾したりするために使う HTMLなどのマークアップ言語を、簡単な記号や改行で使えるようにしたものです。 出典:<a href="https://ferret-plus.com/8839">HTMLよりはるかに簡単!マークダウンを活用して記事を読みやすくしよう|ferret </a> 一言で言えば、猿でもかける簡単なHTMLコード。 Ulyssesのオススメポイント5『リアルタイムプレビュー機能つき』 推敲に便利なプレビューもあります。リアルタイムで見る方法もあります。 Ulyssesは通常の画面だけで、マークダウンを色分けしてくれるので、あんまり使ってません。プレビューみなくても、たいだい想像できちゃうんですよね。 最後の確認でプレビューをみることはあります。しかし、ワードプレスで投稿した後にまた確認するので、2度手間感が否めない・・・ Ulyssesのオススメポイント6『ファイル管理がすっげー楽チン』 Ulyssesは、ファイル管理が楽。エクスプローラーやFinderを使わなくても、Ulyssesの中でメモを整理できるんです。Evernoteに似ていますね。 普通のテキストエディタで文章を保存すると、1つのファイルが作られます。これは自分でフォルダを作って管理しないと、グチャグチャになってしまいます。 でもぼく、データの整理だいっっっっっっっっっきらいなんですよね。めんどくさすぎる。やりたくない。フォルダがグチャグチャですよははは。 整理整頓できる人には関係ないんですが、ぼくにはありがたすぎるので紹介しました。 しかし、この機能には弊害があって、『テキストは独自の拡張子で保存される』んです。これについては後述します。 Ulyssessのオススメポイント7『テキストエディタの必須機能【ダークモード】完備ィィィィ!!!』 ダークモードあるよ!!!!!!!!やったぜ!!!!!!! ぼくがテキストエディタを使う理由の1つが、ダークモード。白地に黒文字だと、目がチカチカします・・・ それと、ダークモードはかっこよくみえる。かっこいいのは大事です。気分が乗るしね。 Ulyssesのオススメポイント8『出力が超多彩。ワードプレスも対応!』 Ulyssesの出力方法は超多彩。ほぼなんでも対応しちゃってます。以下が対応しているもの。 HTML ePub PDF DOCX wordpress Google chrome Adobe Dreamweaver CS6 Firefox Microsoft Excel Microsoft Word Safari メモ などなど。 自分の使うサービスに合わせて、使いたくないテキストエディタを使うのはイライラしますから、ありがたい! Ulyssesのオススメポイント9『あったら便利なタイプライターモード搭載』 タイプライターモードを使うと、改行してもカーソルの位置が変わらないのです。 タイプライタモードを使うメリットは次の2つ。 文章に合わせてスクロールする手間がなくなる 目線の高さが変わらない そこそこ便利です。なくてもいいけどな! Ulyssesのオススメポイント10『ドラッグ&ドロップで画像も追加できる』 プレーンテキストエディタなんですが、画像も貼り付けられます。Ulysses1つあれば、たいだいのことができるわけです。 個人的にはあんまり使ってない機能(このブログ画像少ないし・・・)ですが、一応紹介。 iOS版では、スライドオーバー・スプリットビューから、ドラッグ&ドロップができるようになったそうで。 これについては、ごりゅごさんのごりゅご.comで詳しく説明されているので、興味があったらどうぞ!>>>Ulyssesのアップデート 画像のインライン表示とiOSのドラッグ&ドロップ対応で天才エディタになった | ごりゅご.com Ulyssesのオススメポイント11『text...

ライター紹介

アバター
作家。1994年生まれ。北海道育ち。ライターと、ウェブマーケターの2足のわらじをはいた、おじさんのような顔をした若造。

最新記事