読むと、お金に強くなる

読むだけで、お金に強くなるブログ

ホーム タグ 無料セミナー
タグ

無料セミナー

【連載】成果の上がる無料セミナーはこうやってる。集客からCVまで【第2回】

こんにちは。WEBマーケターの井上です。 前回に引き続き、成果の上がる無料セミナーの公式をご紹介していきます。 前回(第1回)はこちら»【連載】成果の上がる無料セミナーはこうやってる。集客からCVまで【第1回】 (この連載について)1回10万円程度のコンサルティングへ繋げるセミナーを、私が実際に無料セミナーに参加して、コンバージョン寸前まで調査・体験して一般化したものです。どんなセミナーでも活用できるような、公式にまとめています。 ■全体像 見込み客を集客するセミナーの内容が貴重なものであると伝える(今日はここ)知らないと損をすると伝える知ると幸せになると伝えるセミナー主催者の活動内容を説明する(大義名分)セミナーの本題(前半)休憩タイムセミナーの本題(後半)質問タイムまとめ(2と3と4を繰り返し)「興味のある方へ、もっと深く知りたい方は…コンサルティングへ」今日から●日までなら申し込むと安いよ!フォローメール(セミナーの動画を期間限定で配信)フォローメール(コンサルティングの割引は今日まで!) 2 セミナーの内容が貴重なものであると伝える ここでは、自己紹介を通じて「セミナーの内容が貴重なものである」と伝えます。ようするに自己紹介なのですが、単なる自己紹介ではないのです。 自己紹介の本当に言いたいことは「このセミナーはあなたの役にたつ、貴重なものだよ。だから、ちゃんと、聞いてね!」です。これからセミナーを始める上で、相手に「聞く態度」を整えさせます。 程度はあれ、「役立ちそうだ!」と思ってもらわないと、集中して聞いてもらえません。セミナーの最終目標はセールスですから、しっかり興味を持ってもらいます。 少し長めに自己紹介してもいいと思います。無料なので、多少の宣伝要素があっても文句を言う人は少ないです。 私が参加してきた無料セミナーでは、1時間のうち20分が自己紹介だったことも良くありました。 有料だったらクレームものですが、無料なので強気なのでしょう。前回も言いましたが、集客の門戸を大きく広げているにも関わらず、自己紹介で20分とるんですから強気です。 さて、その自己紹介の内容ですが、上手な人は、自己紹介をストーリー仕立てで進めます。 よくあるのは、ストーリーフォーミュラーを使ったものですね。 セミナーでも使える「ストーリーフォーミュラ」 スタート地点を合わせる変わろうとしたきっかけ、チャレンジ失敗努力するも、それでも失敗(地獄)メンター、師匠との出会い(変化のきっかけ)小さな成功成功の連続パターン化、体系化(ここがセミナーの本題なので、ネタバレしすぎると後のネタがなくなりますw)次はあなたの番ですこれから先のビジョン(天国) 安いっぽい詐欺メルマガは大抵これですね……。 あんまりドギツいストーリーにすると嫌悪感を示す人がいます。私のように、聞き飽きた構成と感じる人も多いかもしれません。 しかしながら、クドくないテイストであれば、親近感・共感を生む、有効なメソッドであるのは確かです。 とくに、出発点を同じにするのは、ほぼ必須だと思います。「セミナーの主催者は、天才だから成功したんだろうな」と思われるとマズイのです。そう思われると、話に説得力がなくなってしまいます。 出発点を同じにして「セミナーの主催者も自分と同じスタート地点だったんだ。それなら自分でもできそうだ!」と思ってもらうわけですね。 法人には馴染まないストーリーですが、ちょっと柔らかくしたら十分使えるのではないでしょうか。 自己紹介が終わった時点での目標は、参加者に「このセミナーは自分の役に立つ、貴重な話が聞けそうだ」と思わせることです。どうでしょうか。いい感じの自己紹介ができましたか? ちなみに、自己紹介がないセミナーは、ここ数年でも見たことがありません。セミナー参加者が、主催者側のプロフィールを詳しく知らないことだって多くありますから、自己紹介は大事ですね。 続きは次回【無料セミナーのやり方】 第2回も読んでいただき、ありがとうございました。 ストーリーフォーミュラーは、どこかで深堀りしてみたいと思っています。多くの詐欺商材が使うテンプレートですが、それだけ効果があるものと思います。 連載まとめはこちら↓

ライター紹介

アバター
作家。1994年生まれ。北海道育ち。ライターと、ウェブマーケターの2足のわらじをはいた、おじさんのような顔をした若造。

最新記事