読むと、お金に強くなる

読むだけで、お金に強くなるブログ

ホーム タグ セミナー
タグ

セミナー

【連載】成果の上がる無料セミナーはこうやってる。集客からCVまで【第3回】

無料セミナーから、1回10万円程度のコンサルティングへ繋げるには? 実際にそういうセミナーに参加・体験してきたので、一般化してまとめました。 今回は「3 知らないと損をすると伝える」です。このセクションがないと、成約率が大きく低下すると思います。セミナーの本題よりも大切かも知れません。 前回(第2回)はこちら»【連載】成果の上がる無料セミナーはこうやってる。集客からCVまで【第2回】 全体像 見込み客を集客するセミナーの内容が貴重なものであると伝える(今日はここ)知らないと損をすると伝える知ると幸せになると伝えるセミナー主催者の活動内容を説明する(大義名分)セミナーの本題(前半)休憩タイムセミナーの本題(後半)質問タイムまとめ(2と3と4を繰り返し)「興味のある方へ、もっと深く知りたい方は…コンサルティングへ」今日から●日までなら申し込むと安いよ!フォローメール(セミナーの動画を期間限定で配信)フォローメール(コンサルティングの割引は今日まで!) 3 知らないと損をすると伝える 前回の「2 セミナーの内容が貴重なものであると伝える」で、自己紹介を通じて、話にしっかり興味を持ってもらうように進めました。 そこから、さらにダメ押しをしていきます。わずかな興味から、さらに強い関心へと押上げます。 無料セミナーでなくても、多くの講師がこのセクションを取り入れていますね。そうでもしないと、参加者は話を聞いてくれません… 参加者は「申込みした瞬間は」セミナーに興味津々。もしこのときに、セミナーをできたら、しっかり興味を持って聞いてくれるのでしょう。 しかし。実際は、申込みから開催まで、ちょっと忘れるくらいの期間があきます。たった数日あいただけでも、ずいぶんと興味は薄れて… 私もそんな経験があります。「あ、忘れてた!今日セミナーか。他にやりたいことがあるけど、せっかくだし受けとくか」なんてイメージです。あるあるだと思います。 そういった、興味を失った参加者には、時間と手間をかけてでも、興味をとりもどしてもらう。そうしないと、本当に売りたいものの成約数に大きく影響します! だからこそ、ほとんどのセミナーで「知らないと損をすると伝える」のでしょう。 セミナー冒頭はホラーストーリーで 「知ると成功すると伝える」ではなく、「知らないと損をすると伝える」主催者が圧倒的に多いです。嫌なことを引き合いに出す、ホラーストーリーですね。 「このノウハウを知ると100万円稼げます。ぜひ聞いてください。」よりも 「このノウハウを知ると知らないとでは、5年後に、収益に100万円分の差が出ます。ぜひ聞いてください。」 って言われる方が、よっぽど人間は行動しちゃうのです。得よりも、損に注目する人間の法則ですね。プロスペクト理論とも。 続きは次回【無料セミナーのやり方】 第3回も読んでいただき、ありがとうございました。 無料セミナーは導入のボリュームが多いですね。無料なので本題が少ないのは当然。ですが、こうやってまとめてみると、参加したくなくなってしまいます💃 でもでも、面白いこともありまして! 無料セミナーは、「タダで、主催者の客になれる」利点もあります。 著名な方、有名な方の話を聞くには、その人のお客になるのが一番です。無料セミナーならそれができます。 「この著名人は、お客相手にどんな言葉を選ぶんだろう?」なんてことを知れたりもします。そう思うと、無料セミナーもワクワクしてきますね! 続きはこちら▶(Coming soon)

【連載】成果の上がる無料セミナーはこうやってる。集客からCVまで【第1回】

こんにちは Web マーケターの井上です。 先日、とある無料WEBセミナーに参加して「無料セミナーから、どうやって、本当に売りたいものコンバージョンをつなげていくのか」を実際に体験してみました。 そのセミナーでは 無料で集客して内容の薄い話をして最後に10万円以上のコンサルへ誘導 というルートで、CtoCです。 コンバージョンする寸前まで、実際に体験してきました。全体の流れをメモしてきたので、こんな流れを作りたい方は、参考になると思います。 どんなセミナーにも使えるように、一般化してまとめています。 zoom開催だったのですが、ビデオをオンにしている参加者の多くが、熱心に頷いていました。10万円と高額のコンサルティングですが、かなりの成約がとれていたと予想します。 他にも 無料セミナーを開催したい方変なセミナーに騙されたくない方 といった方々の役に立つと幸いです。 長くなりますので、数回に分けて連載してまいります。どうぞお付き合いくださいませ。 無料セミナーの構成(全体像) 見込み客を集客するセミナーの内容が貴重なものであると伝える知らないと損をすると伝える知ると幸せになると伝えるセミナー主催者の活動内容を説明する(大義名分)セミナーの本題(前半)休憩タイムセミナーの本題(後半)質問タイムまとめ(2と3と4を繰り返し)「興味のある方へ、もっと深く知りたい方は…コンサルティングへ」今日から●日までなら申し込むと安いよ!フォローメール(セミナーの動画を期間限定で配信)フォローメール(コンサルティングの割引は今日まで!) といった流れです。各種要素は、前後する可能性もあります。 それでは、上から順番に詳しくお話していきますね。 1 無料セミナーの見込み客を集客する メールマガジン・SNS・広告で参加者を募集します。無料セミナーは開催するだけでも赤字ですから、やはり広告をかけたくはありません。 顧客のリストを持っていれば、そのリストに対してアプローチできて広告費節約ですね。私も参加したセミナーでは、そのセミナーの主催者のメルマガからアプローチが来ました。 その方は、ホームページに無料のホワイトペーパーをおいておき、日頃から顧客のメールマガジンを収集しています。 ※ホワイトペーパーとはホワイトペーパーとは、Webサイトのなかで「お役立ち資料」などの項目で掲載され、個人情報の入力と引き換えにダウンロードを促すコンテンツをいいます。引用元:https://mtame.jp/content_marketing/White_paper/ メールアドレスでなくても同じことはできると思います。SNSなどですね。お客さんのメールアドレスを持っていなくても、SNSがあるならば、広告費をかけずに集客できます。 顧客のリストがない方は、広告を出すことになるでしょうか。使った広告費と、成約数で費用対効果を出せますね。最初のうちは小さめのセミナーを数回繰り返して、成約率の平均を出せれば、強気に広告をだしていけます。 面白いことに、私が参加したWEBセミナーでは、やる気のある参加者から、私のような冷やかしまで、かなり門戸が広かったと感じます。これはWEBセミナーならではの戦略かもしれません。 本来、セミナーは参加者が多くなればなるほど費用がかかります。会場代や配布資料の印刷代などですね。 だからこそ、まったく見込みのない客は集めたくありません。無駄にお金がかかってしまいます。(それでも集まってしまうのが無料セミナーの宿命) ところが、WEBセミナーだと、人数が増えようが費用はさほどかわりません。会場の人数制限なども、細かく気にしなくていいのです。 私が参加したWEBセミナーは800人以上参加していました。実際ならば相当巨大な会場が必要です。当日の運営スタッフや、資料の用意などなど……。考えるとゾッとしますね。 それが数台のPCで実現するのですから、WEBセミナーが流行るのかもしれません。 注意点として、あまりに門戸を広げすぎると、セミナー後の対応が面倒になりそうではあります。無料だとマナーのない参加者も多く集まります。 「あんたのセミナー、全然参考にならないじゃない!時間を無駄にした!」というクレームなど……。 ただし、それでも、実際よりも、強気で集客はできると思います。 続きは次回【無料セミナーのやり方】 今回はここまで。続きの2番からは、また明日に書いていきますね。 なるべくコンパクトなシリーズになるように急がねば…! 見込み客を集客する(今日はここ)セミナーの内容が貴重なものであると伝える知らないと損をすると伝える知ると幸せになると伝えるセミナー主催者の活動内容を説明する(大義名分)セミナーの本題(前半)休憩タイムセミナーの本題(後半)質問タイムまとめ(2と3と4を繰り返し)「興味のある方へ、もっと深く知りたい方は…コンサルティングへ」今日から●日までなら申し込むと安いよ!フォローメール(セミナーの動画を期間限定で配信)フォローメール(コンサルティングの割引は今日まで!) 連載まとめはこちら↓

ライター紹介

アバター
作家。1994年生まれ。北海道育ち。ライターと、ウェブマーケターの2足のわらじをはいた、おじさんのような顔をした若造。

最新記事