マーケティング

【連載】成果の上がる無料セミナーはこうやってる。集客からCVまで【第1回】

こんにちは Web マーケターの井上です。

先日、とある無料WEBセミナーに参加して「無料セミナーから、どうやって、本当に売りたいものコンバージョンをつなげていくのか」を実際に体験してみました。

そのセミナーでは

  • 無料で集客して
  • 内容の薄い話をして
  • 最後に10万円以上のコンサルへ誘導

というルートで、CtoCです。

コンバージョンする寸前まで、実際に体験してきました。全体の流れをメモしてきたので、こんな流れを作りたい方は、参考になると思います。

どんなセミナーにも使えるように、一般化してまとめています。

zoom開催だったのですが、ビデオをオンにしている参加者の多くが、熱心に頷いていました。10万円と高額のコンサルティングですが、かなりの成約がとれていたと予想します。

他にも

  • 無料セミナーを開催したい方
  • 変なセミナーに騙されたくない方

といった方々の役に立つと幸いです。

長くなりますので、数回に分けて連載してまいります。どうぞお付き合いくださいませ。

無料セミナーの構成(全体像)

  1. 見込み客を集客する
  2. セミナーの内容が貴重なものであると伝える
  3. 知らないと損をすると伝える
  4. 知ると幸せになると伝える
  5. セミナー主催者の活動内容を説明する(大義名分)
  6. セミナーの本題(前半)
  7. 休憩タイム
  8. セミナーの本題(後半)
  9. 質問タイム
  10. まとめ(2と3と4を繰り返し)
  11. 「興味のある方へ、もっと深く知りたい方は…コンサルティングへ」
  12. 今日から●日までなら申し込むと安いよ!
  13. フォローメール(セミナーの動画を期間限定で配信)
  14. フォローメール(コンサルティングの割引は今日まで!)

といった流れです。各種要素は、前後する可能性もあります。

それでは、上から順番に詳しくお話していきますね。

1 無料セミナーの見込み客を集客する

メールマガジン・SNS・広告で参加者を募集します。無料セミナーは開催するだけでも赤字ですから、やはり広告をかけたくはありません。

顧客のリストを持っていれば、そのリストに対してアプローチできて広告費節約ですね。私も参加したセミナーでは、そのセミナーの主催者のメルマガからアプローチが来ました。

その方は、ホームページに無料のホワイトペーパーをおいておき、日頃から顧客のメールマガジンを収集しています。

※ホワイトペーパーとは
ホワイトペーパーとは、Webサイトのなかで「お役立ち資料」などの項目で掲載され、個人情報の入力と引き換えにダウンロードを促すコンテンツをいいます。
引用元:https://mtame.jp/content_marketing/White_paper/

メールアドレスでなくても同じことはできると思います。SNSなどですね。お客さんのメールアドレスを持っていなくても、SNSがあるならば、広告費をかけずに集客できます。

顧客のリストがない方は、広告を出すことになるでしょうか。使った広告費と、成約数で費用対効果を出せますね。最初のうちは小さめのセミナーを数回繰り返して、成約率の平均を出せれば、強気に広告をだしていけます。

面白いことに、私が参加したWEBセミナーでは、やる気のある参加者から、私のような冷やかしまで、かなり門戸が広かったと感じます。これはWEBセミナーならではの戦略かもしれません。

本来、セミナーは参加者が多くなればなるほど費用がかかります。会場代や配布資料の印刷代などですね。

だからこそ、まったく見込みのない客は集めたくありません。無駄にお金がかかってしまいます。(それでも集まってしまうのが無料セミナーの宿命)

ところが、WEBセミナーだと、人数が増えようが費用はさほどかわりません。会場の人数制限なども、細かく気にしなくていいのです。

私が参加したWEBセミナーは800人以上参加していました。実際ならば相当巨大な会場が必要です。当日の運営スタッフや、資料の用意などなど……。考えるとゾッとしますね。

それが数台のPCで実現するのですから、WEBセミナーが流行るのかもしれません。

注意点として、あまりに門戸を広げすぎると、セミナー後の対応が面倒になりそうではあります。無料だとマナーのない参加者も多く集まります。

「あんたのセミナー、全然参考にならないじゃない!時間を無駄にした!」というクレームなど……。

ただし、それでも、実際よりも、強気で集客はできると思います。

続きは次回【無料セミナーのやり方】

今回はここまで。続きの2番からは、また明日に書いていきますね。

なるべくコンパクトなシリーズになるように急がねば…!

  1. 見込み客を集客する(今日はここ)
  2. セミナーの内容が貴重なものであると伝える
  3. 知らないと損をすると伝える
  4. 知ると幸せになると伝える
  5. セミナー主催者の活動内容を説明する(大義名分)
  6. セミナーの本題(前半)
  7. 休憩タイム
  8. セミナーの本題(後半)
  9. 質問タイム
  10. まとめ(2と3と4を繰り返し)
  11. 「興味のある方へ、もっと深く知りたい方は…コンサルティングへ」
  12. 今日から●日までなら申し込むと安いよ!
  13. フォローメール(セミナーの動画を期間限定で配信)
  14. フォローメール(コンサルティングの割引は今日まで!)

連載まとめはこちら↓

無料セミナー特集、連載まとめを見る
ABOUT ME
アバター
井上 岳
1994年生まれ。月商1億円規模のECサイト運営しているWEBマーケター。複業ではSNSマーケで130万円の利益をあげたり、実店舗のWEB集客コンサルしたり。前職は市役所と北海道庁の併任勤務をしたキャリア公務員でした。公務員として培った税金の知識・マネーリテラシーを活かしたFPもやるなんでも屋です。 »経歴・実績の詳細はこちら