論文ヘタでも大丈夫!公務員試験の論文の書き方|テンプレート構成紹介

公務員試験の論文対策

「公務員試験の論文対策が不安・・・」

「文章を書くのが苦手なんだよね」

「理系だから、今まで論文なんで勉強してこなかった・・・」

そんな人向けの、公務員試験の論文対策の記事です。

 

論文を書くのが苦手な人でも、この記事を読むだけで、論文がかなりレベルアップすると思います。

まっわす
まっわす
というのも、
わたし理系でして、国語・作文がとても苦手。
論文は本当に苦労しました・・・

そんな私でも、これから紹介する書き方を覚えるだけで、かっこいい論文をかけるようになりました。

論文には、うまい論文を書くテンプレート・構成があります。

そのテンプレートを覚えて、「論文の型」を習得できれば、だれでも論文をかけるようになるんです。

実際に「少子化」のテーマで論文を書いたので、それを使って解説していきます。

論文は、公務員試験の中でも目立ちません。しかし、論文も評価されているので、しっかり対策しないと不合格の原因になってしまいます。

それでは、早速、「少子化」に関する論文をもとに、説明していきます。

公務員試験の論文の例文と解答例「少子化について」

公務員試験の論文対策

今回は、「少子化」をテーマに論文を書いてみました。

ーーーーー以下、論文ーーーーー

日本は特に少子化が顕著に進行しており、総務省によると、2019年4月1日時点における14歳以下の人口は1533万人となり、1950年以降過去最少を更新している。

世界の中でも先進国は、医療技術の発達により新生児の致死率が劇的に現象したことや、核家族化の進行により家庭で世話できる子供の数が限られてしまうことにより、少子化が進んでいる。

日本では男女共働きが世の中に浸透しつつあり、働く意欲の高い女性が多くなっている。
そのため出産を望まない女性が増加しているほか、保育園不足を懸念して産みたくても子供を産めない女性がいることなどにより、なかなか出産しにくい世の中となっていることが少子化進行の要因と考えられる。

日本経済の更なる発展、将来の日本の担い手を増やすためにも、子供の出産を希望している人が不安なく生み育てられる環境を構築していくことが、日本にとって重要な課題となっている。

第一に、子供を預けられる施設を増やすことである。現在、待機児童が多くなっていることが問題となっており、預け先を探すことが大変な事実が出産の足かせとなっている。
具体的な対策としては、認可保育園等を新しく設立する事業者に対して、助成金等を支給することでその母数を増やすことを促進することが挙げられる。
認可保育園等を新規に設立するのは膨大な資金が必要となり、採算性が取れない街には新しい認可保育園等を増やすことは難しい。保育園等は小中学校などと同じ公共施設としての性質が強いことから、行政が積極的に資金面での補助をしていく必要がある。
次に、地域のコミュニティ施設や小中学校などの教育機関と連携を取り、子供を預けられる場所を確保し、柔軟に子供を預けられる体制を整えることである。
認可保育園等は預けられる時間や期間が一定であり、一時的な預かりをするサービスは普及していない。緊急時に子供を預けられるところがなく、近隣に親戚がいない家庭にとっては子育てに対する不安材料となりかねない。
細やかな潜在ニーズに応えられるように、遊休状態にある公共施設をうまく活用し、少しでも子供を預けられるところを確保することは、安心して子供を産める環境整備に繋がることと想定される。

第二に、保育サービスの人材を確保することである。現在、保育士不足や保育士の劣悪な職場環境が問題となっているため、働きやすい職場環境を構築することで、保育士の数を増やしていくことが重要である。
具体的な対策としては、保育士の給料水準を高めるため、保育士に対して一定額の賃金を補助することが挙げられる。
保育士は体力勝負の仕事であるのにも関わらず、女性が多く活躍している業種である。
長期的に保育士として勤めていくには、給与を世の中の一般水準に合わせ、割安感を抱かないような業界にしていかなければならない。
次に、一度出産や介護などを機に保育士を辞めてしまった人に対して、再雇用のための支援をしていくことである。保育士として再び働きたいと考えている人が、復活できる体制を確保しなければ、担い手は減少していく一方である。
具体的には、ハローワーク等で職場復帰のための訓練を実施するほか、短時間勤務制度の導入を各保育園に促すことにより、復帰のサポートや継続して働ける制度の確立を目指す。
日本では今後働き手が減少していくことが目に見えており、保育サービスの担い手も必然的に減少するとされている。
こうした中で、どんな有資格者でも柔軟に働ける体制を整えることが重要である。

少子化に対応していくためには、ハード面において施設の数を増やしていくことのみならず、保育人材を確保していくことが求められている。
施設を増やすための資金的な提供をする他、保育士が働きやすい環境を構築するための支援策なども行政が介入すべき課題と言える。

ーーーーー以上、論文ーーーーー

この論文をもとに解説していきます。

【論文の書き方】公務員試験の論文はこの構成で書こう!

  1. 背景
  2. 原因
  3. 課題
  4. 今後の対策
  5. まとめ

 

この5つの構成で書けば、誰でも良い論文がかけるようになります。

まず、箇条書きでこの4つをざっくり書いて、書く内容を整理するといいと思います。

まっわす
まっわす
では、この4つの「まとめ方」を詳しく紹介しますね。

1. 背景【公務員試験の論文対策「受かる論文の書き方」】

  • 今、どのような状態にあって、どんな問題となっていて、どのような人たちが困っているのか?
  • これからさき、どのように問題が拡大する恐れがあるのか?

 

などを書きます。

背景は、短めでいいです。長々と書いても、あなたの意見や考察ではないので、あまり評価されません。

今回は「少子化」についてですね。

日本は特に少子化が顕著に進行しており、総務省によると、2019年4月1日時点における14歳以下の人口は1533万人となり、1950年以降過去最少を更新している。

 

少子化の背景なんて知らないよ! って人は、時事問題の参考書を読むのがオススメです。

時事問題の対策になるだけじゃなく、論文頻出テーマの基礎知識の勉強になります。

参考書は、この記事の下部で紹介しています。

2. 原因【公務員試験の論文対策「受かる論文の書き方」】

  • 何が原因で、その問題が発生しているのか

 

などを書きます。

原因についても、そこそこの長さでいいと思います。

背景と同様、原因はわかりきっているものであり、ながなが書いてもしょうがないからですね。

私が作った論文で言えば、原因はこんな感じで書いています。

 世界の中でも先進国は、医療技術の発達により新生児の致死率が劇的に現象したことや、核家族化の進行により家庭で世話できる子供の数が限られてしまうことにより、少子化が進んでいる。
日本では男女共働きが世の中に浸透しつつあり、働く意欲の高い女性が多くなっている。
そのため出産を望まない女性が増加しているほか、保育園不足を懸念して産みたくても子供を産めない女性がいることなどにより、なかなか出産しにくい世の中となっていることが少子化進行の要因と考えられる。

こちらも、時事問題の勉強をしていれば、書くネタには困らないと思います。

時事問題は範囲が狭い割に、問題が多く出るのでおいしい科目!

面接のネタにもなるので、ぜひ参考書を買って勉強しておくのをオススメします。

3. 課題【公務員試験の論文対策「受かる論文の書き方」】

  • その問題が、誰にとって、どれくらいの速さで解説するべき課題になっているのか?

を書きます。

日本経済の更なる発展、将来の日本の担い手を増やすためにも、子供の出産を希望している人が不安なく生み育てられる環境を構築していくことが、日本にとって重要な課題となっている。

これも短めで問題ありません

4. 今後の対策【公務員試験の論文対策「受かる論文の書き方」】

  • 対策方法を完結に1文
  • その対策方法が求められる理由、対策するとどのような変化がでる?
  • 具体的な対策の方法
  • 最後にもう一度、対策方法と見込まれる変化

 

こんなふうに書くと、わかりやすい文章になります。

この文章の書き方は、PREP法とも言われている方法で、ビジネスマンが使うわかりやすい文章術です。

もちろん、論文にも使えるし、簡単で覚えやすいのがいいところ。

第一に、子供を預けられる施設を増やすことである。現在、待機児童が多くなっていることが問題となっており、預け先を探すことが大変な事実が出産の足かせとなっている。
具体的な対策としては、認可保育園等を新しく設立する事業者に対して、助成金等を支給することでその母数を増やすことを促進することが挙げられる。
認可保育園等を新規に設立するのは膨大な資金が必要となり、採算性が取れない街には新しい認可保育園等を増やすことは難しい。保育園等は小中学校などと同じ公共施設としての性質が強いことから、行政が積極的に資金面での補助をしていく必要がある。
次に、地域のコミュニティ施設や小中学校などの教育機関と連携を取り、子供を預けられる場所を確保し、柔軟に子供を預けられる体制を整えることである。
認可保育園等は預けられる時間や期間が一定であり、一時的な預かりをするサービスは普及していない。緊急時に子供を預けられるところがなく、近隣に親戚がいない家庭にとっては子育てに対する不安材料となりかねない。
細やかな潜在ニーズに応えられるように、遊休状態にある公共施設をうまく活用し、少しでも子供を預けられるところを確保することは、安心して子供を産める環境整備に繋がることと想定される。

第二に、保育サービスの人材を確保することである。現在、保育士不足や保育士の劣悪な職場環境が問題となっているため、働きやすい職場環境を構築することで、保育士の数を増やしていくことが重要である。
具体的な対策としては、保育士の給料水準を高めるため、保育士に対して一定額の賃金を補助することが挙げられる。
保育士は体力勝負の仕事であるのにも関わらず、女性が多く活躍している業種である。
長期的に保育士として勤めていくには、給与を世の中の一般水準に合わせ、割安感を抱かないような業界にしていかなければならない。
次に、一度出産や介護などを機に保育士を辞めてしまった人に対して、再雇用のための支援をしていくことである。保育士として再び働きたいと考えている人が、復活できる体制を確保しなければ、担い手は減少していく一方である。
具体的には、ハローワーク等で職場復帰のための訓練を実施するほか、短時間勤務制度の導入を各保育園に促すことにより、復帰のサポートや継続して働ける制度の確立を目指す。
日本では今後働き手が減少していくことが目に見えており、保育サービスの担い手も必然的に減少するとされている。
こうした中で、どんな有資格者でも柔軟に働ける体制を整えることが重要である。

今後の対策は、論文のメインとなるポイントですので、しっかり書いてアピールしてみてください。

熱い想いが伝わると思います。

今後の対策は、1つだけじゃなくて、複数書いてもOKです。

まっわす
まっわす
今後の対策を2つ書くなら、「1点目は」「2点目は」とか、「第一に」「第二に」とわかりやすく書いてあげましょう。

5. まとめ【公務員試験の論文対策「受かる論文の書き方」】

  • 問題の重要性と、これからどうしていくべきか

を短く要約してまとめます。

少子化に対応していくためには、ハード面において施設の数を増やしていくことのみならず、保育人材を確保していくことが求められている。
施設を増やすための資金的な提供をする他、保育士が働きやすい環境を構築するための支援策なども行政が介入すべき課題と言える。

 

以上が、公務員試験の論文のテンプレートです。

 

まっわす
まっわす

この書き方を覚えるだけで、論文を書くのが苦手な人でも、かなりレベルアップすると思います。

ぜひ試してみてください。

公務員試験の論文の頻出問題に対応するために、時事問題の勉強をしておくといい

公務員試験の論文対策には時事問題

公務員試験の論文には、頻出テーマがあります。

  • 少子化
  • 高齢化
  • 人口減少
  • 働き方改革
  • 防災対策
  • 観光
  • 温暖化
  • 地方の活性化
  • 循環型社会

 

などです。

これらの問題は、新聞なんかを読んでいれば情報収集できます。

・・・
・・・
・・・

 

まっわす
まっわす

わたし新聞なんて読んでいませんでしたよ!

そんな私は、時事問題の勉強をして、論文で使う知識を補っていました。

 

時事問題は、かなり美味しい問題。

ぜひ参考書をかって勉強しておくと良いと思います。

【独学の方へ】公務員試験の論文対策にオススメの参考書

公務員試験の論文の参考書

この記事で紹介した方法でも、公務員試験の論文が不安な人は、下の参考書をオススメします。

頻出問題や、減点されない論文の書き方もわかります。オススメ!

公務員試験の論文の配点比率は?

まっわす
まっわす
公務員試験の論文試験の配点比率は、1/9です。

比率がかなり低いので、がっつり対策して高得点をとっても、大きなアドバンテージにはなりませんね。

配点比率は公務員試験の合格に直結します。

ぜひ、詳しくチェックしてみてください!

【2019年】公務員試験のボーダー予想|合格者の決定方法

公務員試験のボーダーについて
【2019年】公務員試験のボーダー予想|合格者の決定方法公務員試験は何点で合格なのか?  気になって眠れない。そんなあなたへ、公務員試験のボーダーについて紹介します。 合格者の決定...

公務員試験の論文のボーダーライン・足切り点は?

公務員試験の論文のボーダー足切りは?

公務員試験の論文のボーダーラインは、だいたい6割の点数です。

足切りは5割の点数です。

詳しくは、下の記事で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください!

【2019年】公務員試験のボーダー予想|合格者の決定方法

公務員試験のボーダーについて
【2019年】公務員試験のボーダー予想|合格者の決定方法公務員試験は何点で合格なのか?  気になって眠れない。そんなあなたへ、公務員試験のボーダーについて紹介します。 合格者の決定...

公務員試験の論文の評価ポイントは?

  • 誤字・脱字
  • 主語・述語が結びついていること
  • 出題意図に対して、回答していること
  • 根拠や理由などを説明していること
  • 積極的なやる気ががみられる文章であること
  • 文字数は9割以上書くこと
  • 文末表現に統一感(です。ます。 もしくは、である。)

 

このあたりは評価されるポイントなので、しっかりチェックしてみてください!

まとめ:公務員試験の論文対策 受かる論文の書き方!

公務員試験の論文対策

公務員試験の論文は、対策していれば難しくありません。

ただ、配点比率は低いので、あんまりがんばって勉強する意味もない科目です。

 

今回紹介した公務員試験の論文のテンプレート構成で書けば、足切りの点数は余裕で超えると思います。

まっわす
まっわす
「足切りさえ超えればOK」って感じで、3回くらい論文書いてみれば完璧だと思いますよ!
ABOUT ME
まっわす
3ヶ月で公務員試験に合格したので、そのノウハウを発信中! 質問コーナーもあるので、どんどんコメントしてね。 ただいまメルマガ準備中!
忘れない記憶をつくる勉強ノウハウをつめこんた1冊の資料をつくりました

3ヶ月で公務員試験に合格できた、

私の勉強方法をまとめた ebook ができました。

 

無料でダウンロードできますので、

是非あなたの勉強のお役立てください。

コウムノートのEBOOK

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。