読むと、お金に強くなる

読むだけで、お金に強くなるブログ

【2021年版】Pandocのインストール方法と使い方【Markdown to Word】

黒い画面に、白い文字でプログラムを入力する。そのハードルさえ乗り越えれば、誰でも使える便利なソフトがある。それがPandocだ。

Wordをhtmlに自動変換したり、MarkdownをPDFに変換できる。一度文章を作っておけば、それを変換して、あらゆる拡張子でアウトプットができる。

メモ書きしたMarkdownを、Wordに変換して議事録として提出できる、と聞いたら熱くなってしまう人もいるのではないだろうか。わたしは熱くなる!

しかも無料。ただし、コマンドプロンプトやターミナルでの操作が必要になる。あの「黒い画面に白い文字」に抵抗を感じる人は多いはずだ。そこで今回は、Pandocをインストールする方法をなるべく簡潔にご紹介する。Windows環境でのインストール解説になるので、ご了承願いたい。Macでも解説したいのだが、わたしが使っているm1MacBookは、Pandocサポート外。インストールができなかった。無念。

こんな人向け

  • 「フォルダのパス」と聞かれて理解できる
  • 隠しフォルダを表示する方法は、ググれば理解できる

Pandocとは

無料ソフト。テキストに関するファイルを、違う形式に変換する。Wordで作ったファイルをHTMLにしたり、テキストをPDFにしたりできる。2021年の今でも、定期的にアップデートされている。

多くの拡張子に対応しているのが特徴だ。テキストに関するファイルなら、なんでもサポートしているのでは、と思えるほど。Word互換ソフトのOpenOfficeやLibreOfficeの独自拡張子にも対応していたりする。オープンソース開発らしい対応の幅広さだ。

以下に、2021年4月時点での対応拡張子をまとめた。インストール前に、対応しているか確認いただきたい。

<変換元としても、変換先としても対応>

  • Markdown
  • reStructuredText
  • Emacs Org-Mode
  • Emacs Muse
  • Textile
  • (X)HTML 4
  • HTML5
  • EPUB version 2 or 3
  • FictionBook2
  • Haddock markup
  • roff man
  • LaTeX
  • DocBook version 4 or 5
  • JATS
  • OPML
  • BibTeX
  • BibLaTeX
  • CSL JSON
  • CSL YAML
  • Microsoft Word docx
  • OpenOffice/LibreOffice ODT
  • Jupyter notebook (ipynb)
  • MediaWiki markup
  • DokuWiki markup
  • Jira wiki markup

<変換先のみ対応>

  • AsciiDoc
  • GNU TexInfo
  • roff ms
  • ConTeXt
  • TEI Simple
  • OpenDocument XML
  • Microsoft PowerPoint
  • InDesign ICML
  • XWiki markup
  • ZimWiki markup
  • LaTeX Beamer
  • Slidy
  • reveal.js
  • Slideous
  • S5
  • DZSlides
  • Custom formats
  • PDF

<変換元のみ対応>

  • txt2tags
  • TikiWiki markup
  • TWiki markup
  • Vimwiki markup
  • CSV tables

Pandocのインストール方法(windowsメインで解説)

まず、公式ホームページからPandocをダウンロードする。Win64bitをお使いなら、64.msiを。Macをお使いならmacOS.pkgをダウンロードする。

ダウンロードが完了したら、ファイルを起動する。インストール画面が開いたら、利用規約に同意(I accept the terms in the License Agreement にチェックして Installボタンをクリック)。細かい設定は変更せずにインストールしよう。この辺りのインストール操作については、こちらのサイトも参考になる。

インストーラーが終了した後も、まだやることがある。windows版では、インストールが完了した後も、コマンドプロンプトを使って設定が必要です。もうちょっとなので、頑張って!

ここから先の内容は、こちらの動画を参考にしながら進めていただきたい。英語の解説動画だが、画面をみて同じように操作するだけでも十分いける。

まずは、Pandocをインストールしたフォルダの場所を特定する。デフォルトでは「Cドライブ>ユーザー>ユーザー名>AppData(隠しフォルダになっている)>Local>Pandoc」にあるはず。パスを控えて、次に進む。

コマンドプロンプトを起動する。windowsボタンを押して「コマンドプロンプト」と入力すれば見つかる。コマンドプロンプトに「cd (半角スペース)+(先ほど控えたパス)」を入力して、操作するフォルダを移動する。コマンドプロンプトの優しい解説はこちら

C:/Users/ユーザー名/AppData/Local/Pandoc のフォルダに移動できたら、「pandoc –help」と入力してみよう。インストールが正常に出来ていれば、Pandocに関するヘルプ記述がズラーっと表示される。

次にパスを通す作業を行う。(参考動画の3分5秒くらいから)「set PATH=%PATH%;C:/Users/ユーザー名/AppData/Local/Pandoc」と入力する。C;から先は、Pandocがあるフォルダパスだ。次に「cd ..」と入力する。うまくいけば、操作するフォルダが、C:/Users/ユーザー名/AppData/Local になっているはず。もう一度「pandoc –help」と入力して、動作するか確認してみよう。ここまでいけば、インストールは完了。お疲れ様でした。

テストをしてみよう。参考動画の3分50秒からを参考に、テスト用のテキストファイルを、HTMLに変換する。ここまで出来た読者は、あとは動画のとおり進めていけば無事に完了するはすだ。

テストがうまくいけば、あとは簡単。Pandocのデモページを参考に、プログラムを入力する。たとえば、MarkdownをWordに変換したいなら。例の29のプログラムをちょこっと変換する。「pandoc -s MANUAL.md -o example29.docx」と入力すれば動く。

こんな時に便利。Pandoc。

わたしが愛用しているのが、MarkdownからWordへの変換。メモとしてのMarkdownは、当人だけがみるメモ書きとしては非常に便利なのだが、印刷には適さない。「**(アスタリスク)で囲まれたら太字です」などと注記を書くわけにもいかない。

Markdownのメモを、印刷用に清書しなくては! そんなときに、Pandocが大活躍する。見出しはもちろん、太字まで反映されてWordに変換できる。Wordは見出しの大きさやフォントを一括で変更できるため、体裁を整える時間を短縮できる。オススメだ。

Pandocのメリットとは。1つファイルがあれば、どんなアウトプットにも対応できることだ。求められる提出方式が、Wordだろうと、なんだろうと、好きなように変換できる。テキストだろうが、Markdownだろうが、とにかく文字にしていれば良い。毎日使うようなソフトではないが、インストールしておくと、いざという時に頼りになる。Pandocとは、そんなソフトだと思う。

まとめ:Pandocを使いこなそう!

Wordをhtmlに自動変換したり、MarkdownをPDFに変換できる。一度文章を作っておけば、それを変換して、あらゆる拡張子でアウトプットできてしまう。事務仕事だけでなく、作家業でも活躍するだろう。誰でも、無料で使える。

「黒い画面に、白い文字」にハードルを感じる人は多いと思うが、その面倒臭さを乗り越えてでも使ってみたい、便利なソフトである。ぜひ、チャレンジしてみていただきたい。

»Pandoc公式ホームページはこちら
»Pandocのダウンロードはこちら

アバター
ガクマーケティングhttps://item-for-you.com/
作家。1994年生まれ。北海道育ち。ライターと、ウェブマーケターの2足のわらじをはいた、おじさんのような顔をした若造。

あわせて読みたい

ランキング

最新記事

ライター紹介

アバター
作家。1994年生まれ。北海道育ち。ライターと、ウェブマーケターの2足のわらじをはいた、おじさんのような顔をした若造。

最新記事

カテゴリー

公務員試験メニュー