公務員試験

公務員試験のオススメ勉強法【鬼速復習勉強法】で忘れない記憶を作れ!

こんにちは!ガクマーケの井上です。

一度勉強した範囲なのに、復習のときにはサッパリ忘れてしまっている…なんてこと、ありませんか。

公務員試験は勉強範囲がひろくて、勉強が大変ですよね。なるべく覚えやすい方法で、勉強したいところです。

そこで今回は、ひろい範囲をかんたんに暗記できる勉強法を紹介します。

エビングハウスの忘却曲線を、公務員試験風にアレンジした勉強法です。

公務員試験には『鬼速復習勉強法』がオススメ

実家の電話番号とか、昔よく遊んだ公園って、ふしぎと覚えていませんか?
それは『忘れては思い出す』をくりかえした記憶は、思い出しやすくなっているからだそうです。

これから紹介する勉強法も、鬼速で忘れては思い出すを繰り返して、『思い出しやすい記憶を作る勉強法』です。

僕がたった3ヶ月で、公務員試験に合格できたのは、間違いなく鬼速復習勉強法のおかげ。

3ヶ月で公務員試験に合格した話は、わずが3ヶ月で公務員試験に合格!底辺大学生が試した全手法まとめに書いています。

では、鬼速反復勉強のやり方を説明しますね。

『鬼速復習勉強法』のやり方

大まかにいうと……

最初は細かく復習して、参考書を読み終わったら、おおざっぱに広く復習します

くわしく解説します。

小さい復習

勉強を始めたら、まずは復習から始めます。

昨日と、おとといに勉強したことを、もう一度じっくり、時間をかけて復習していきます。

このとき、全然覚えてなくても大丈夫。1日で覚えられる人なんていません。「あー思い出した」ってなれば十分効果があります。

暗記することばかりを意識しがちですが、科学的には、思い出すことが重要なんだそうです。知識を引っ張り出す、思い出す訓練が、暗記の本質です。

この方法をとると、復習にはすごく時間がかかると思います。ですが、一度勉強しただけの知識は、ほうっておくと必ず忘れてしまうのも事実です。

復習時間も、必要経費です。めんどくさいかもしれませんが、じっくり復習するのをオススメします。

ここで努力しておけば、後々(1ヶ月後くらい)の成果が目に見えて違ってくると思います。

ポイント:勉強は復習からスタート。昨日とおとといに勉強したことを、じっくり復習すると、知識が定着するのでオススメ。

大きい復習

小さく復習をしつつ、参考書1冊を読みおえたら、次は大きい復習です。

1週間に1回、読み終えた参考書を『パラパラとページをめくって、今まで勉強した部分をサラッと確認』してみてください。本当にサラッとでいいです。サラサラと。

小さい復習を何度もしたおかげて、ある程度は覚えていると思います。

「全然覚えてなかった!」という方も、安心してください。

重要なのは『思い出しやすい記憶を作る』こと。思い出せたらOKです。「あ~思い出した」の連続が、記憶の定着に繋がります。

でも、忘れていた部分は、しっかり復習してくださいね。

ポイント:参考書を読みおわったら、次は大きい復習。参考書まるまる一冊を、ザックリ読み返すと、忘れていた知識を見つけ出せます

週に1回、定期的に思い出すことで、さらに思い出しやすく記憶できます。

さて、ここまで読んだあなたは、きっとこう思っているでしょう……

「復習って大変だ」

そうなんです…

公務員試験は範囲がひろいです。捨て科目をつくったとしても、バカみたいに勉強しないといけません……。

しかし、フラットな、客観的な視点で考えてみましょう。公務員試験の範囲は、ものすごい量です。一夜漬けで詰め込める知識ではありません。

ここまで範囲が広いと、しばらく記憶に定着するように覚えないと、次から次へと忘れてしまいそうではありませんか?

なんども復習すると、本当に忘れなくなります。実家の電話番号を、ふしぎと思い出せるような感覚で、思い出せる力できています。

復習の効果については、たくさんの研究で『有効である』と発表されています。

無意識な記憶の保存期間は1カ月程度といわれています。最低でも1カ月以内に復習するようにしましょう。脳科学的に最も効率的なのは、以下のような復習スケジュールだと私は考えています。

学習した翌日に1回目(の復習)。その1週間後に2回目。さらに2週間後に3回目。さらに1カ月後に4回目。

全部で4回です。

(引用:「復習4回」で脳をダマすことができる 東京農業大学薬学部 池谷祐二氏著)

科学的にも、効果のある勉強法……なんだかイケそうな気がしてきませんか?

まとめ︰公務員試験にオススメの勉強法『鬼速復習勉強法』

公務員試験は試験範囲が広く、うまく勉強しないと苦労します。そこでオススメなのが、新しい知識を覚えつつも、同時に復習すること。

鬼速復習勉強法は、定期的に復習して、忘れる・思い出すをくりかえす勉強法です。

ひろい範囲を勉強するのにもぴったりなので、ぜひ試してみてください。

ABOUT ME
アバター
井上 岳
1994年生まれ。月商1億円規模のECサイト運営しているWEBマーケター。複業ではSNSマーケで130万円の利益をあげたり、実店舗のWEB集客コンサルしたり。前職は市役所と北海道庁の併任勤務をしたキャリア公務員でした。公務員として培った税金の知識・マネーリテラシーを活かしたFPもやるなんでも屋です。 »経歴・実績の詳細はこちら
あわせて読みたい