読むと、お金に強くなる

読むだけで、お金に強くなるブログ

Notionとブログ(WordPress)は相性抜群。今後のスタンダードになるかもしれない

こんにちはウェブマーケターの井上です。

最近Notionと言うサービスにハマっています。皆さんはご存知でしょうか。

Evernoteの代替品として元は認知され始めましたが、Notionの「データベース」という便利な概念が浸透し始めると、「Evernoteを超えるのでは?」と噂されるほど。メモアプリ情報統合アプリとして急速に流行しています。

そんなNotionがブログでも大活躍。私のブログもNotionを使って執筆しています。もともとはEvernoteで執筆していたのですが、Evernoteはリッチテキストのため、ブログで使うにはちょっとオーバースペックなところがありました。

今まさに、NotionはEvernoteを超える存在として活躍中です。今日は、私がNotionをどうブログに活用しているか、ご紹介いたします。

Notionはブログ(WordPress)でも便利。ネタ帳〜執筆までがシームレス

Notionをブログに活用して1番面白いと思うのが、ネタ帳をデータベース化するところです。ブログのネタ帳と言うのは無限に溜まっていくものですが、公開しているのかいないのか、カテゴリは何なのか、などを管理するのは非常に難しいです。

Notionのデータベース機能を使うと、ネタ帳をわかりやすく管理できるのです。

Notionのデータベース機能で、ネタと記事を管理する

例えばこれが私がテスト段階で作ったデータベースの画像なのですが、ネタの1つひとつに、カテゴリーと、執筆状況(チェックボックス)が付属されています。

このネタ帳に入力されているタイトルの部分をクリックすると、専用のページに自動的にリンクされ、そこで執筆できます。

ブログのネタを一言管理でき、ネタ帳からシームレスに執筆を開始できる。ブロガーがNotionを使うことで、最もメリットがあるのはここだと思います。

さらに、Notionはマークダウン記法をサポートしています。加えて、文章はブロック式での記入なので、ワードプレスのグーテンベルクに近い操作で文章を作っていくことができます。

Evernoteがリッチテキストドキュメントで、ワードプレスのグーテンベルクとは少し違う文章構造(改行の回数とか)にしなければならなかったんですが、Notionでは気にすることはありません。Notion to WordPress のシームレス加減も、Notionとブログの相性の良さにつながっていると思います。

Notionをブログ執筆で使う上での注意点

とは言え、Notionもまだ完璧なサービスではありません。注意点がいくつかあります。

1つ目。Notionにはエクスポート機能がありません。NotionからEvernoteに、Notionから他のメモ帳アプリへ、いざと言うときの逃げ道がNotionにはありません。これはNotionの無限に階層化できる構造と、データベース概念が、他のメモ帳アプリでは代替できないことが原因と思われます。

5段階に階層分けされ、それぞれがデータベース化されている。なんてのを実現できるのはNotionだけであり、それがまたデメリットにもなるわけです。以前ブログに書きましたが、私はnoteと言うブログサービスをやめ、独自ドメインでのブログに戻ってきました。これはnoteにエクスポート機能がないことと、いざと言うときのバックアップがないことが大きな原因でした。

もちろん、Notionを使う時もその辺は非常に重たく考えました。Notionを長く使えば長く使うほど、依存度が上がり、リスクも上がっていくわけです。もしNotionが異常な改悪をして、さらには「今後使うにはサブスクリプションが必要だ」なんてことになったらお葬式です。

現状、これの対抗策はありません。リスキーではあります。それでも、それでも… データベースを使ったブログのネタ&記事管理は、もう戻れないほど快適なのです。

2つ目。Notionはテキストの書式を変更するのが苦手です。フォントの選択や文字間の距離、行間などを設定できません。

行間がかなり狭く感じる

例えば、このスクリーンショットを見て欲しいのですが(これはこのブログを書いているときのスクリーンショットです)これを見るとブロックごとの行間が狭いのがわかると思います。

2000文字程度のブログを書いているときはさほど問題ないのですが、長文になってくると、書いている側も目が疲れてきます。見出しを拾うアウトライン機能もないので、長文になればなるほどページを分けて執筆するなど工夫が求められるでしょう。

文章を書くことに特化したソフトではないので、その辺は致し方ありません。

3つ目。これは人よっては最大のデメリットかもしれません。Notionにはオフライン編集の機能が全くありません。すべてオンライン環境での動作が前提となります。

現実的なところを言ってしまうと、スマホのテザリングが浸透した今では、よっぽど電波が悪い環境でなければオフラインでブログを書かなきゃいけないなんて状況にはなりません。

とはいえ、これは私が田舎に住んでいるからで、東京などの電波の悪い地下鉄で執筆したいなんて言うユーザーには大きな問題かもしれません。スマホの通信制限があったり、諸事情でどうしてもオフラインで書かなきゃいけない状況になった場合、Notionでは執筆できません。

そういった場合は、オフラインで動作する別のメモ帳アプリに下書きをして、オンライン環境に戻ったとき、Notionへ転記する作業が生まれます。

ちなみに、Googleドキュメントと同じく、Notionは自動保存するシステムです。「文書の保存ボタン」はありません。今まで約3ヶ月ほどNotionを使ってきましたが、自動同期がミスって文章が保存されなかった! なんて事は1度もありません。

スマホから添付した画像が、通信制限によって途中でタイムアウトした、なんて事はありましたが、文字を打つことに関しては通信制限だろうと、ストレスは感じません。

4つ目。Notionには置換機能がありません。コピーして別のテキストエディタに貼り付け、そっちで置換などすれば良いのですが、一手間増えます。ブロック形式のため、貼り付け先のテキストエディタとの相性で、貼り付け方が若干変わる可能性があります。今後の機能改善があるといいですね。

私は音声入力でよくブログを書きます。音声入力だと、ひらがなカタカナがうまく統一されないので、置換機能はそこそこ必要です。今のところ、MacのCotEditorに貼り付けて置換する場合には大きな問題はなさそうです。 致命傷ではありませんが一手間増えるのは間違いないでしょう。

まとめ:Notionはブログ(WordPress)執筆のスタンダードになりそうだ。

本日はNotionとブログの相性の良さについて紹介いたしました。

  • データベースを使ったネタ&記事の一元管理
  • ネタ帳から執筆環境へのシームレスな移行
  • マークダウンに対応していたり、グーテンベルクに近いブロック形式のシステム

などが非常にブログ(ワードプレス)と相性が良く、私も愛用しています。

Evernoteと比べれば、Notionはずいぶん執筆しやすく感じます。基本的にプレーンテキストなので、余計なことを気にしなくていいのが性に合っているのかもしれません。

書き終わった記事はそのままデータベースに保存されます。Dropboxに大量にたまったマークダウンファイルを整理する必要はもうなくなりました。Evernoteに無限に蓄積されていく、書いたのか書いていないのかわからないネタ帳とは、もうさよならです。

この使いやすいサービスがいつまでも、改悪されないまま続きますように。そして、がんばれEvernote。君のOCRはまだ僕にとって手放せない存在だよ。

(このブログは、99%を音声入力で書いております。一部書き言葉としては馴染まないものがあるかもしれませんが、何卒ご了承下さいませ。)

アバター
井上 岳https://item-for-you.com/
1994年生まれ。月商1億円規模のECサイト運営しているWEBマーケター。複業ではSNSマーケで130万円の利益をあげたり、実店舗のWEB集客コンサルしたり。前職は市役所と北海道庁の併任勤務をしたキャリア公務員でした。公務員として培った税金の知識・マネーリテラシーを活かしたFPもやるなんでも屋です。

あわせて読みたい

ランキング

最新記事

メニュー

最新記事