未分類

禁煙外来(チャンピックス)の費用はいくら?初診・通院代全部コミコミで計算してみた

禁煙外来(チャンピックス)の費用と、タバコ代、どっちが安いのか

バカ高い診察料・薬代を払ってまで、禁煙外来に行くのは経済的でしょうか?

結論ですが、禁煙外来にいった方が安く、経済的です。しかも、あなたが1日に何本吸うか関係なく、禁煙外来の方が安いです。

数ヶ月かかる禁煙外来の金額よりも、一生のしかかるタバコ代のほうが、まず間違いなく高額です。

今回は、禁煙外来の費用を

  • タバコ代と比較
  • 通院代

などの視点からお話しますね。

禁煙外来(チャンピックス)の費用は、約2万円!自分のタバコ代と比較してみよう

初診から通院分、コミコミ2万円です。

安いのか高いのか。1ヶ月分のタバコの箱数に置き換えてみましょう。

禁煙外来は約3ヶ月間続きますから、

1ヶ月で

20000 ÷ 3 = 6666.66・・・(円)

6667 ÷ 460(タバコ1箱)= 14.49(箱)!

つまり、2日で1箱以上吸っている人は、禁煙外来行った方が安いんです。

タバコ代>>>保険適用した禁煙外来(チャンピックス)の費用

たとえ、あなたが1日に吸う本数が何本であろうとも、禁煙外来に行く方が安いのです。どんなペースでも、一生吸い続けたら、2万円以上かかりますから。

この先、本数が増える可能性だって大アリですよね。

禁煙が遅れれば、遅れるほど

  • 経済的なダメージ
  • 健康的なダメージ

は積み重なっていきます。

禁煙外来(チャンピックス)の初診(初期費用)、通院の支払い金額はバラバラ

僕がいった診療所での、診察料は以下のとおりです。

  • 1回目:約3,000円
  • 2回目:約3,500円
  • 3回目:約5,500円
  • 4回目:約6,000円
  • 5回目:約1,000円

合計:約18,500円

それぞれの診察で、計測するものが違ったり、先生と話す内容が違ったりなどの変化はありました。そのへんのブレなのかもしれませんね。

もらう薬は一緒なので、診察の手間賃の変化だと思います。

禁煙外来(チャンピックス)が保険適用になるかチェック! 適用外だと、費用が・・・

禁煙外来が保険適用にならないと、約7万円にもなります。

せっかくですので、事前に確認しておきましょう。病院に行ってから「保険適用にならなかった」となったら悲しいです。

禁煙外来が保険適用になるには、5つの条件があります。詳しくは⇩の記事で確認できますよ!

まとめ:禁煙外来(チャンピックス)の費用は、タバコよりずっと安いぞ!

禁煙外来の費用は、初診から通院までコミコミで2万円です。

通院は3ヶ月続きますから、1ヶ月分は6,667円。これを1ヶ月のタバコに置き換えると、約15箱分

たとえ毎月に吸う本数がどれだけ少なくても、いつか禁煙外来に使う費用よりもタバコ代のほうが高くなります。今やめてしまうのが、一番安いという結論でした

普通に禁煙するのは大変ですが、禁煙外来でサポートを受けたら、ずっと楽ですよ。

ABOUT ME
アバター
井上 岳
1994年生まれ。月商1億円規模のECサイト運営しているWEBマーケター。複業ではSNSマーケで130万円の利益をあげたり、実店舗のWEB集客コンサルしたり。前職は市役所と北海道庁の併任勤務をしたキャリア公務員でした。公務員として培った税金の知識・マネーリテラシーを活かしたFPもやるなんでも屋です。 »経歴・実績の詳細はこちら