読むと、お金に強くなる

読むだけで、お金に強くなるブログ

公務員試験で10万溶けた…|受験料はタダだけど高額な理由と時期

公務員試験には、かなりお金がかかります!

受験料金は0円ですが、受験する自治体1つあたり10万円以上もかかりました。

この記事を読めば、公務員試験で、いつまでに・どれくらいお金が必要なのか?

お金のスケール感を把握できます。

試験を受ける学生さんだけでなく、お父さんお母さんにも拡散すると、安心ですよ!

3組織に合格&2つの役所で勤務したライターが、ホントの情報を厳選しています

公務員試験の受験料はタダでも、交通・宿泊料金は超かかる!

僕が受験したときは、1自治体で10万円もかかりました。

受験料金は0円なのに、10万円もかかるのは交通費・宿泊費が高いからなんです。

よくある「高額パターン」が次のとおり。

  • 交通費が往復 1万円
  • 宿泊費が1日 1万5千円(受験日はホテル代がすごく高くなる)

で、1回受験するのに2万5千円!

なぜそんなにお金が必要なのか、以下で原因を説明しますね。

受験料はタダだけど、試験の回数が多い→お金がかかる

公務員試験は2次試験だったり、3次試験まであるのが普通です。

さらに、3次試験に合格した後も、採用面接官庁訪問があったりします。

  • 採用面接

全試験に合格したあとの、合格には影響しない面接。

本当にうちで働く意志があるんですか?と確認する面接です。

滑り止めの自治体で、最後まで合格しちゃっても、この採用試験で断ればOK!

  • 官庁訪問

国家公務員の試験合格後、実際の職場にいって、挨拶をします。

また、採用面接も兼ねています。

採用の意志、希望する赴任先の聞き取りも、官庁訪問で行います。

1つの自治体あたり、

  1. 1次試験(筆記)
  2. 2次試験(面接)
  3. 3次試験(面接)
  4. 採用面接(官庁訪問)

で、合計4回(=10万円)も受験があります。(25,000円×4=100,000円)

滑り止めで受けた自治体が、最後の試験まで合格して、10万円もお金がかかってしまった。

滑り止めなので、最後は断って、10万円はさようなら・・・

なんてことがありました (´;ω;`)ウッ

このように、公務員試験では、交通量・宿泊費が高い!

また、1つの自治体で数回試験があるため、その分受験料も増える。

公務員試験シーズンは、ホテル料金が高額!

1ヶ月前の予約でも、ホテル代は、普段の2倍かかると覚悟してください。

かなり前からじゃないと、予約は取れないわ、予約できてもホテル代高いわで、痛い出費になりますよ・・・

滑り止めを受けるほど、お金がかかる

1つの自治体で10万円なら、3つの自治体で受験すると、単純計算で30万かかります。

出来るだけ多く、滑り止めとして試験を受けるのが、常套手段です。

公務員試験は狭き門ですから、滑り止めは受けておくのをオススメします

最近は受験者を増やすため、試験日も被らないようになっています。

「受けれるだけ試験を受けたら、実は30万もかかってしまった」というのが僕のパターンでした。

本命に受かるまで、全ての自治体で試験を受けざるを得ない

「3次試験まで行かなきゃいいじゃん」と思いますか?

もちろん、そうできれば、安くすみます。

ですが、本命の最終試験に合格するまでは、滑り止めは受けなきゃならんのです。

ポイントは、公務員試験では、滑り止めで受ける自治体が多くなる。

本命に受かるまでは、滑り止めでも2次試験・3次試験まで受ける。

その分、費用が高くなりがち。

お金がかかるのは4月~10月にかけて

公務員試験は、4月~10月にかけて、まんべんなく行われます。

2次試験・3次試験・採用面接が、1ヶ月おきにあるってイメージです。

滑り止めが多くなるほど、毎月の出費は増えます。

受験する自治体の数にあわせて、貯金しておくと安心ですね!

まとめ:公務員試験の受験料は、交通費・宿泊費で高額に。

公務員試験はタダですが、交通費・宿泊費で高額になりがち。

試験シーズンはホテル代が高いだけでなく、1つの自治体で3~4回も試験があります。

僕の場合は1つの自治体で10万円(合計30万円)もかかってしまいました。

バイト代で受験しようとするなら、貯金しておくことをオススメします。

両親に話しておくものいいですね。

公務員試験メニュー

参考になったよ!
他に似た記事はないの?

公務員試験のカテゴリー」にたくさんあります。
本気で合格するなら必見です!

アバター
ガクマーケティングhttps://item-for-you.com/
作家。1994年生まれ。北海道育ち。ライターと、ウェブマーケターの2足のわらじをはいた、おじさんのような顔をした若造。

あわせて読みたい

ランキング

最新記事

ライター紹介

アバター
作家。1994年生まれ。北海道育ち。ライターと、ウェブマーケターの2足のわらじをはいた、おじさんのような顔をした若造。

最新記事

カテゴリー

公務員試験メニュー