公務員試験 準備の基本手順!情報収集のやり方を懇切丁寧に教えます

「公務員になりたいんだけど、何から準備していいかわからない」とお悩みのあなたに向けて、この記事をおくります。

この記事を読めば、

  • 必要最低限の勉強で、いろいろな自治体を受験できる
  • 公務員試験に必要な情報を、集められるようになる
  • 公務員試験の情報をまとめたサイトがわかる

といったメリットがあります。

 

ぜひ読んでいただいて、効率的に公務員試験の勉強をすすめましょう!

公務員試験は情報収集がキモ!

公務員試験の準備について

公務員試験は各自治体で、科目、受験日などが違います。

「どの科目を勉強したかわからないよ!」とならないように、まずはしっかり情報収集をしまししょう。

リサーチするのは下の4点。

  1. 受ける自治体を決める
  2. 試験の日程(1次試験から、面接まで)
  3. 採用人数と倍率
  4. 1次試験の試験科目

公務員試験の準備① 受ける自治体を決める

受けておきたい自治体を選んでおきます(自分の地元の県庁、市役所、または国家公務員etc…)

区役所、市役所まで視野に入れれば、かなりの数の自治体を受けれます。僕は、3つの自治体(本命1つ+滑り止め2つ)で勝負しました。

公務員試験は狭き門ですから、滑り止めは欲しいですね。まったく興味のない自治体でも、模試にはなります。

公務員試験の準備② 試験の日程を調べる

公務員試験の準備 日程

公務員試験は、複数の試験を同時進行で受験するため、スケジュール管理が大切

 

「自治体Aの1次試験と、自治体Bの2次試験の日程が近すぎて、行程が組めない!」
「5つの自治体で受験するつもりだったのに、1次試験日同じじゃん!」

なんてならないように、日程のリサーチは重要です。1次試験だけでなく、2次試験(面接)から先の日程も調べておくとGOOD。

日程を公開していなかったら、去年の日程を調べてみましょう。ほぼ同日で実施されます。

 

日程を調べるときは、このサイトが便利です(外部リンク)>>>参考サイト公務員試験日程一覧

ポイント:自分が受ける自治体の試験の日程に、被りがないか確認しよう!

公務員試験の準備③ 採用人数と倍率を調べる

公務員試験の準備 人数を把握

今年の採用人数が0人って市役所もたくさんあります。採用0人の自治体の勉強をしても無駄ですよね。

例年20人採用のところ、今年は50人採用ってこともあります。こういった募集人数が増えた自治体は、滑り止めにしやすいです。

合格できる人数を知ったうえで勉強に打ち込めば、やる気も上がります。ぜひ調べてください。

採用人数の確認方法:公式HPで確認するのがオススメ。去年の採用人数と勘違いしないように!

 

倍率も調べておきましょう。

「倍率が100倍だから受けない」ってわけじゃないです。ライバルの数、合格難易度を知るという意味で、倍率はおさえておくべし。

倍率を調べるときは、このサイトがおすすめです(外部リンク)>>>参考サイト公務員試験倍率一覧

公務員試験の準備④ 【重要】受ける自治体の試験科目を調べる

試験科目を調べると、必要最低限の勉強で、複数の自治体を受験できるようになります。

その理由を解説します↓↓↓

 

公務員試験は、各自治体で、試験科目がバラバラです。

たとえば、

  • 自治体Ⅰ(本命)  の試験科目は《A、B、C、D、E、F》
  • 自治体Ⅱ(滑り止め)の試験科目は《A、B、C、D、E、F、G、H》
  • 自治体Ⅲ(滑り止め)の試験科目は《A、B、C》

なんて感じでバラバラです。

ですが、各自治体の試験科目を調べておけば、

  • 「試験科目A、B、Cはどの自治体でも必要」→優先的に勉強する
  • 「試験科目GとHは、滑り止めの自治体Ⅱでしか使わないから、優先度は低い」→捨て科目にする
  • 「自治体Ⅲは、本命の自治体Ⅰの勉強でカバーできる」→滑り止めにちょうどいい

という戦略を立てれるようになります。最低限の勉強で、複数の自治体を受けれるようになりますよね!

試験科目は「公務員試験に合格するために」重要な要素なので、ぜひ調べてください。

 

公務員試験の必修科目「一般教養試験」については、次の記事で解説しています>>>一般教養試験の大特集!一般教養試験をわかりやすく解説&勉強のアドバイス!

まとめ:公務員試験の準備はリサーチから!

リサーチポイントは次の4つ

  1. 受ける自治体を決める
  2. 試験の日程(1次試験から、面接まで)
  3. 採用人数と倍率
  4. 重要1次試験の試験科目

 

公務員試験は、学校のサポートが少ない孤独な戦いです。自分で情報収集しなければ、誰も教えてくだません。

しっかりと情報収集することで、効率的に、いろいろな自治体を受験できます。ぜひ実践してみてください。

ABOUT ME
まっわす
3ヶ月で公務員試験に合格したので、そのノウハウを発信中! 質問コーナーもあるので、どんどんコメントしてね。 ただいまメルマガ準備中!
忘れない記憶をつくる勉強ノウハウをつめこんた1冊の資料をつくりました

3ヶ月で公務員試験に合格できた、

私の勉強方法をまとめた ebook ができました。

 

無料でダウンロードできますので、

是非あなたの勉強のお役立てください。

コウムノートのEBOOK

 

POSTED COMMENT

  1. さくら より:

    こんにちは。初めまして。
    突然のコメント失礼いたします。。

    市役所を受けたいと思っているのですが、
    第一希望の市の募集人数がゼロ、という可能性があるということですよね。

    第一希望 S市 (A日程)
    第二希望 D市 (B日程)
    第三希望 F市 (C日程)

    というように全部市役所ではなく、

    第一希望 S市
    第二希望 特別区
    第三希望 政令指定都市

    のように部署?を変えて受けた方が良いのでしょうか?
    まだ、仕組みがわかっていないのもあると思います。
    申し訳ありませんが、教えて下さい!!!!!!

    • まっわす より:

      さくらさん へ

      こんにちわ!まっわすです。
      コメントありがとうございます!!!!!!うれしい∠( ‘ω’)/

      さくらさんが気にしているのは、

      『市役所』は募集が0人かもしれないから、『市役所じゃない組織』も受けることにしよう。

      ってことですかね??(文章よみとるの下手ですみません!!!!!!!)

      さくらさんが言う通り、市役所だと、募集人数が0人がチラホラいます。

      人口の少ない、地方の市役所で多く見られます。過疎地とか!

      僕が受験したときも、滑り止めで受けるつもりだった市役所(人口3万人)の募集が0人で、あせった経験があります……

      そんなときは、過去の募集を確認するのがオススメです!

      過去数年の募集人数を確認すると、今年の募集人数の予想ができます。

      去年まで毎年30人募集なのに、今年は0人ってのは考えにくいですからね!

      逆に、去年まで0人とか1人で募集しているなら、今年の募集人数もそれくらいの可能性があります。

      去年までの募集人数を確認して、もし、

      * S市
      * D市
      * F市

      のうち、D市とF市で、今年の募集人数が0人かもなら、

      * S市
      * 特別区
      * 政令指定都市

      に変更するのも、いい作戦だと思います!

      ついでにいうと、

      * S市
      * 特別区
      * 政令指定都市
      * A市
      * B市
      * C市
      * などなど……

      って感じで、どんどん受験した方が、滑り止め&練習になってオススメです。。。

      疑問が解決しなかったら、またコメントしてください!

      解決するまで、いっしょに頑張りますので!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。