公務員試験

公務員試験 準備の基本手順!情報収集のやり方を懇切丁寧に教えます

「公務員になりたいんだけど、何から準備していいかわからない」とお悩みのあなたに向けて、この記事をおくります。

この記事を読めば、

  • 必要最低限の勉強で、いろいろな自治体を受験できる
  • 公務員試験に必要な情報を、集められるようになる
  • 公務員試験の情報をまとめたサイトがわかる

といったメリットがあります。

準備をすれば、その後がずっと楽になります。効率的に公務員試験の勉強をすすめましょう

合わせて読みたい

わずが3ヶ月で公務員試験に合格!底辺大学生が試した全手法

公務員試験はいつから勉強すればいいんじゃい!って質問に答える

公務員試験は情報収集がキモ

公務員試験の準備について

公務員試験は各自治体で、科目、受験日などが違います。

「どの科目を勉強したかわからないよ!」とならないように、まずはしっかり情報収集するのがオススメ

主にリサーチするのは下の4点。もちろんこれ以外にも調べることはありますが、まず最初のスタートはこれくらいでも大丈夫です。

自分が受験できるかどうか、あたりをミニマムなコストで調べていきます。

  1. 受ける自治体を決める
  2. 試験の日程(1次試験から、面接まで)
  3. 採用人数と倍率
  4. 1次試験の試験科目

公務員試験の準備① 受ける自治体を決める

受けておきたい自治体を選んでおきます(自分の地元の県庁、市役所、または国家公務員etc…)

区役所、市役所まで視野に入れれば、かなりの数の自治体を受けれます。僕は、3つの自治体(本命1つ+滑り止め2つ)で勝負しました。

公務員試験は狭き門ですから、滑り止めは欲しいですね。まったく興味のない自治体でも、模試にはなります。

公務員試験の準備② 試験の日程を調べる

公務員試験の準備 日程

公務員試験は、複数の試験を同時進行で受験するため、スケジュール管理が大切

「自治体Aの1次試験と、自治体Bの2次試験の日程が近すぎて、行程が組めない!」
「5つの自治体で受験するつもりだったのに、1次試験日同じじゃん!」

なんてならないように、日程のリサーチは重要です。1次試験だけでなく、2次試験(面接)から先の日程も調べておくと良いと思います。

日程を公開していなかったら、去年の日程を調べてみましょう。ほぼ同日で実施されます。確実な日程は分かりませんが、イメージは掴めます。もし心配なら、その自治体に電話して聞いてみるのも手段の一つです。

日程を調べるときは、このサイトが便利です(外部リンク)>>>参考サイト公務員試験日程一覧

ポイント:自分が受ける自治体の試験の日程に、被りがないか確認しよう

公務員試験の準備③ 採用人数と倍率を調べる

公務員試験の準備 人数を把握

今年の採用人数が0人って市役所もたくさんあります。そういったところは勉強しても仕方ないですね。

採用人数は、過去の採用情報を辿っていけば、ある程度は規模感が掴めます。

稀に、例年20人採用のところ、今年は50人採用って自治体もあります。こういった募集人数が増えた自治体は、滑り止めにしやすいです。

合格できる人数を知ったうえで勉強に打ち込めば、やる気も上がります。ぜひ調べてみてください。

採用人数の確認方法:公式HPで確認するのがオススメ。去年の採用人数と勘違いしないように

倍率も調べておきたい数字ですね。年度によって増減することもありますが、合格の難易度をざっくりと把握できます。

「倍率が100倍だから受けない」ってわけじゃないです。ライバルの数、合格難易度を知るという意味で、倍率はおさえておかないと、滑り止めなどの戦略が作りにくくなります。

倍率を調べるときは、このサイトがおすすめです(外部リンク)>>>参考サイト公務員試験倍率一覧

公務員試験の準備④ 【重要】受ける自治体の試験科目を調べる

試験科目を調べて、必要最低限の勉強で、複数の自治体を受験するように動きます。どの科目を勉強するか? は公務員試験ではかなり重要なファクターです。

(このあたりは、捨て科目の考え方と近いものがありますね)

話を戻しまして、公務員試験は、各自治体で、試験科目がバラバラです。

たとえば、

  • 自治体Ⅰ(本命)  の試験科目は《A、B、C、D、E、F》
  • 自治体Ⅱ(滑り止め)の試験科目は《A、B、C、D、E、F、G、H》
  • 自治体Ⅲ(滑り止め)の試験科目は《A、B、C》

なんて感じでバラバラです。

ですが、各自治体の試験科目を調べておけば、

  • 「試験科目A、B、Cはどの自治体でも必要」→優先的に勉強する
  • 「試験科目GとHは、滑り止めの自治体Ⅱでしか使わないから、優先度は低い」→捨て科目にする
  • 「自治体Ⅲは、本命の自治体Ⅰの勉強でカバーできる」→滑り止めにちょうどいい

という戦略を立てれるようになります。最低限の勉強で、複数の自治体を受けれるようになりました。こうでもしないと、試験科目の量に押しつぶされてしまいます。

試験科目は「公務員試験に合格するために」重要な要素なので、ぜひ調べてみてください。サボる人も多いので、こういう情報収集、準備をやるだけでもリードできます。

公務員試験の必修科目「一般教養試験」については、次の記事で解説しています>>>一般教養試験の大特集!一般教養試験をわかりやすく解説&勉強のアドバイス!

まとめ:公務員試験の準備はリサーチから!

リサーチポイントは次の4つ

  1. 受ける自治体を決める
  2. 試験の日程(1次試験から、面接まで)
  3. 採用人数と倍率
  4. 重要1次試験の試験科目

公務員試験は、学校のサポートが少ない孤独な戦いです。自分で情報収集しなければ、誰も教えてくだません。

めんどくさいところですが、ここを工夫するとライバルよりもリードできたりもします。

しっかりと情報収集することで、効率的に、いろいろな自治体を受験できます。ぜひ実践してみてください。

合わせて読みたい

わずが3ヶ月で公務員試験に合格!底辺大学生が試した全手法

公務員試験はいつから勉強すればいいんじゃい!って質問に答える

ABOUT ME
アバター
井上 岳
1994年生まれ。月商1億円規模のECサイト運営しているWEBマーケター。複業ではSNSマーケで130万円の利益をあげたり、実店舗のWEB集客コンサルしたり。前職は市役所と北海道庁の併任勤務をしたキャリア公務員でした。公務員として培った税金の知識・マネーリテラシーを活かしたFPもやるなんでも屋です。 »経歴・実績の詳細はこちら
あわせて読みたい