公務員試験

ピアスつけたままで合格したい!公務員試験にピアスは関係あるの?

こんにちは。ガクマーケの井上です!

「公務員試験にピアスつけていったら不合格になるかな?」
「男/女だけど、試験官に”ピアス”はどう見られるんだろう?」

そんな風に悩んでいる、あなたに向けて、この記事を書いています。

結論から言いますと、ピアスは、外していくのが無難です。

なぜなら、面接試験にピアスをつけてくる合理的な理由がないから。

今回は、ピアスをつけて試験を受けようか迷っている方へ、下の3つを説明しますね。

  1. ピアスは試験でどうみられるのか?
  2. 職員がつけてるけど、だめなのか?
  3. 世代によって異なる、ピアスの価値観

公務員試験には、ピアスを外していくのが基本

「ピアスをつけてくる理由はあるのか?」

もしあなたが面接官なら、こう思いませんか。ピアスはあくまで、ファッションの一部。

「公務員試験の面接に、”ファッションとしてのピアス”は必須じゃない」って面接官に思われちゃったら、言い訳しずらいのではないでしょうか。

ピアスをつけて公務員試験を受験する人はどれくらいいる?

僕は、3つの会場(国、県、市)で公務員試験を受けた経験があります。それぞれの会場で、ピアスをつけている人がどれくらいいたのか、体感ですがまとめました。よければ参考にしてください。

男性で公務員試験にピアスを付けている人は?

男性でピアスをつけていた人は見ませんでした。

ただ、ピアスの穴が空いていた人は見かけましたね(チャラい系の人たち)

男性で、ピアスをつけて公務員試験を受験する人は、まずいないってレベルでした。

もしピアスありなら、周りから浮いてしまうかも。

女性で公務員試験にピアスを付けている人は?

小さくて目立たないピアスをつけている人は、そこそこいました。大きなリングをつけている人は、流石にいませんでした。

ピアスをつけていた女性が、3次試験まで残っていましたね。目立たない、小さいピアスでした。

その人の話し方から「かなりの優秀さ」を感じたことを覚えています。でも、ピアスが嫌いな試験官もいるかもしれないので、あてにはしないでくださいね。

最後にポイントをまとめました。

男性のピアス:めったに見なかった。ピアスの穴が見える人は、ほんのちょっと。

女性のピアス:小さいピアスならそこそこいる。リング状のピアスはいない。

公務員でピアスつけている人いるじゃん

(入所後にアソビでつけているのがほとんどでしょうね)

試験くらいはピアス外して、体裁だけでもマジメになれない人は、公務員にはならないほうが良いです。というのが私の答えです。

それでも「職員ピアスOKなら、試験でもOKじゃないの?」と疑問が湧くかもしれません。

個人的な思いですが、公務員のピアスは小さいワンポイント程度なら、公務には影響しない、と思います。大切なのは市民からの見た目と、誠実さ・清潔さと、業務効率への影響。

たかがピアス1個つけているからって、わざわざクビにする手続きを踏むほど、公務員は暇ではないですし、TPOにあわせて隠すなりすれば問題ないでしょう。

職員は派手目のピアスをしていても、受験者側はお硬い見た目でいきましょう。

世代によって異なる”公務員とピアス”の価値観

試験官のおじさんたちにとって、ピアスがどう見えるのでしょうか。ただのファッション? それとも遊んでいる人の目印?

どちらにしろ、

  • 若者にとってのピアスの価値観
  • 試験官にとってのピアスの価値観

別物と思っておくのがベターです。

ピアスをつけてくるとは何事だ!って試験官もいます。不合格になるリスクをへらすためにも、無駄なリスクになりえるピアスは外したいところですね。

まとめ:公務員試験とピアス

ピアスをつけて公務員試験を受けるのは、個人的にはおすすめしません。個人的な話ですけどね。

「面接官の世代が、ピアスをどう感じるか」が運要素が強いため。女性の試験官にあたるか、男性の試験官か。若年の試験官か、老齢か、そういった運要素。

ファッションに関しては硬い規定がないため、その分個人の考え方に大きく影響を受けます。

つけていくリスクをとるよりも、外してしまったほうが確実。と思うところでした。

合わせて読みたい

公務員試験の面接|バイトの経験あり/なし はどう評価される?

ABOUT ME
アバター
井上 岳
1994年生まれ。月商1億円規模のECサイト運営しているWEBマーケター。複業ではSNSマーケで130万円の利益をあげたり、実店舗のWEB集客コンサルしたり。前職は市役所と北海道庁の併任勤務をしたキャリア公務員でした。公務員として培った税金の知識・マネーリテラシーを活かしたFPもやるなんでも屋です。 »経歴・実績の詳細はこちら
あわせて読みたい