公務員試験Tips

公務員試験の受験料金・費用はいくら?【無料】に隠された罠に要注意

公務員試験の受験料はいくらでしょうか?

答え:受験料は基本0円です。

ですが、油断は禁物。交通費・宿泊費もかかります。
また、たま~~~に受験料を集める自治体もあるんです。

そこで、この記事では、

  • 公務員試験の受験料
  • 交通費・宿泊費について【僕の体験談】
  • 受験料を集める自治体について
  • 受験料がタダだから、倍率が高く見える

ことについてお話します。

公務員試験まで、どれくらいお金を用意しておけば良いのかなどの、参考になれば嬉しいです。

公務員試験の受験料(料金)は無料。0円!

公務員試験の受験料は0円です。

(民間企業でも、受験料はかかりません)

しかし、たま~に、受験料を集める自治体もあります。

これは「タダだから受けてみよう」を防止しているためです。

(下で解説しています)

受験料(1,000円前後)を集める自治体もある

自分が受験する自治体が、受験料を集めるか確認しておきましょう。というのも、まれに受験料を集める自治体があるんです。

なぜ受験料を集めるのかというと、「タダだから受けてみよう」って人を減らすためです。

そんな人達にも、自治体はしっかり対応しなければいけません。合格する気のない人に対して、試験の準備をするのも、コストになりますからね。

ってわけで、受験料(1000円前後)を集める自治体もあります。

自分が受けようとしている自治体が、受験料を集めるか調べておきましょうね。

「受験料タダだから受けてみよう」って人たちが倍率をあげてる

自治体が公表している倍率は、実際はもう少し低いです。これは自治体が公表している倍率には「タダだから受けてみよう受験者」も含みの数字です。

僕の経験上、「タダだから受けてみよう受験者」はかなり多いです。まず、一次試験に会場に来る人が、応募人数の90%くらいでした(席の埋まり具合の体感)

試験会場には、ダメージジーンズで来ている人、「毎年、頭の体操で受験する」と話している人もいました。

「タダだから受けてみよう受験者」はほとんど勉強していません。つまり、敵にはならないレベルです。多少倍率が高くても、恐れず勉強するのが大切ですね。

受験料は0でも、交通・宿泊料金は超かかる

【2018年5月6日 追記】

受験料は0円ですが、交通費・宿泊費はものっすごい高額でした。

下の記事で、いつ・どれくらいお金がかかるのか解説しています。
たんなる失敗談ですが・・・

まとめ:公務員試験の受験料は0円!でも・・・

公務員試験の受験料金は基本0円です。ですが、交通・宿泊費は覚悟しておいたほうが良いと思います・・・

僕の場合は滑り止め1つで、交通・宿泊費がかなりしました

たま~にですが、受験料を集める自治体もあります。

自分の受ける自治体が、受験料を集めるかどうか、チェックしておきましょう。

あなたが持っている参考書、ほんとうに『合格しやすい参考書』ですか?

公務員試験に合格する人が使っている参考書はこちらの記事で紹介しています。

»【2021年】公務員試験に受かるオススメ参考書26冊紹介【合格者愛用】

公務員試験メニュー

参考になったよ!
他に似た記事はないの?

公務員試験のカテゴリー」にたくさんあります。
本気で合格するなら必見です!

ABOUT ME
イノウエガク
イノウエガク
運営責任者/ライター: イノウエガク 北海道在住のライターです。 olbb(株)取締役、ガクマーケティング代表 市役所と北海道庁職員を併任した後、WEBマーケターに転職。2年後に独立し、現在はライター&経営者をしています。 「働き方をもっと自由に、だけど堅実に」がモットー。 ■もう少し詳しく ≫個人的なプロフィールはこちら ≫ライターとしての活動実績などはこちら(外部リンク) ≫ワタシのシュウカン ≫ワタシのサブスク