公務員試験の受験料金・費用はいくら?【無料】に隠された罠に要注意

公務員試験の受験料はいくらでしょうか?

 

答え:受験料は基本0円です。

ですが、油断は禁物!

僕の場合は、交通費・宿泊費超かかりました。
また、たま~に受験料を集める自治体もあるんです。

 

そこで、この記事では、

  • 公務員試験の受験料
  • 交通費・宿泊費について【僕の体験談】
  • 受験料を集める自治体について
  • 受験料がタダだから、倍率が高く見える

ことについてお話します。

 

公務員試験まで、どれくらいお金を用意しておけば良いのか?参考にしてください!

公務員試験の受験料(料金)は無料。0円!

公務員試験の受験料は0円です。

(民間企業でも、受験料はかかりません)

しかし、たま~に、受験料を集める自治体もあります。

これは「タダだから受けてみよう」を防止しているためです。

(下で解説しています)

受験料(1,000円前後)を集める自治体もある

自分が受験する自治体が、受験料を集めるか確認しておきましょう!

というのも、まれに受験料を集める自治体があるんです。

なぜ受験料を集めるのかというと、「タダだから受けてみよう」って人を減らすためです。
そんな人達にも、自治体はしっかり対応しなければいけません。

合格する気のない人に対して、試験の準備をするのも、職員の人件費の無駄。
ってわけで、受験料(1000円前後)を集める自治体もあります。

自分が受けようとしている自治体が、受験料を集めるか調べておきましょうね!

「受験料タダだから受けてみよう」って人たちが倍率をあげてる

自治体が公表している倍率は、実際はもう少し低いですこれは自治体が公表している倍率には「タダだから受けてみよう受験者」も含みの数字です。

僕の経験上、「タダだから受けてみよう受験者」はかなり多いです。まず、一次試験を受ける人が、応募人数の90%くらいでした。

試験会場には、ダメージジーンズで来ている人(!)、「毎年、頭の体操で受験する」と話している人もいました。

「タダだから受けてみよう受験者」はほとんど勉強していません。つまり、あなたの敵にはならないってわけです!

多少倍率が高くても、恐れず勉強ですよ!

受験料は0でも、交通・宿泊料金は超かかる!

【2018年5月6日 追記!】

受験料は0円ですが、交通費・宿泊費はものっすごい高額でした。

1自治体あたり、10万円かかったこともあって、両親にお金を借りて受験しました。

下の記事で、いつ・どれくらいお金がかかるのか解説しています。
たんなる失敗談ですが・・・、あなたの糧になるはず!(?)

まとめ:公務員試験の受験料は0円!でも・・・

公務員試験の受験料金は基本0円です。

ですが、交通・宿泊費は覚悟しておいたほうが良いと思います・・・

僕の場合は滑り止め1つで、交通・宿泊費が約10万円でした。

 

たま~にですが、受験料を集める自治体もあります。

自分の受ける自治体が、受験料を集めるかどうか、チェックしておきましょう!

公務員試験に合格する人が使っている参考書はこちらの記事で紹介しています。

あなたが持っている参考書、ほんとうに『合格しやすい参考書』ですか?

ABOUT ME
まっわす
3ヶ月で公務員試験に合格したので、そのノウハウを発信中! 質問コーナーもあるので、どんどんコメントしてね。 ただいまメルマガ準備中!
忘れない記憶をつくる勉強ノウハウをつめこんた1冊の資料をつくりました

3ヶ月で公務員試験に合格できた、

私の勉強方法をまとめた ebook ができました。

 

無料でダウンロードできますので、

是非あなたの勉強のお役立てください。

コウムノートのEBOOK

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。