公務員試験はクールビズでいいのか?心配性でも安心な第3の選択肢!

「公務員試験に、クールビズで行っていいのか?」

「みんなと服装が同じじゃないと、会場で焦りそうだよ~!」

僕も、試験前、同じように心配していましたから、その気持すっげぇわかります。

 

そんな風に悩んでいる人に向けて、この記事を書いてます。

いろいろ悩んだ結果、僕がたどり着いた答えが、次の2パターン。

  • クールビズでOKと指示がある → クールビズで行きました。
  • クールビズについて、何も指示がない → ネクタイをつけて、上着はたたんで持っていった。

2パターン、それぞれで実際に試験を受ていますが、無事に合格できています。

 

今回は、僕の実体験をもとに、「クールビズで試験会場にいっていいのか?」お話しますね!

公務員試験の1次試験はクールビズでOK

1次試験はクールビズでOK!

一次試験は、人数めちゃ多いですから、服装は細かくチェックされません。

 

私服でいくと、多少”目をつけられる”かもしれません。

無難に、クールビズで行くのがベストだと思いますよ!

 

僕はクールビズでいってましたし、周りも90%がクールビズでした。

安心して、クールビズでいこうぜ!

公務員試験に合格する人が使っている参考書はこちらの記事で紹介しています。 あなたが持っている参考書、ほんとうに『合格しやすい参考書』ですか?

公務員試験の面接試験で「クールビズOK」のとき

クールビズで行って、問題なく受かりましたよ!

会場の約80%は、クールビズで来ていましたね。

 

注意点として、クールビズの服装ルールは守るべき。(社会人らしく!)

ルールは次の3点を押さえておけば大丈夫。

  1. ノーネクタイ・ノージャケットが基本。
  2. ポロシャツなどを着る職員もいますが、試験ではラフすぎかと!
  3. 面接ではノーネクタイ・ノージャケットが無難でっせ。

 

「クールビズでOK」と言っているのに、「クールビズで来やがったなあいつ」なーんて言う、時代遅れ試験官は滅亡しました!(たぶん)

公務員試験の面接試験で「クールビズでOKと言われてない」とき

クールビズで行くのは、少し危険かもしれません。

当日みんな上着を来てたら、焦りますし・・・

 

そんなとき、オススメなのが、ネクタイ着用 + 上着はたたんでカバンに入れる「どっちでもOKスタイル」

 

スーツにシワをつけずにたたむ方法は、下で紹介してます

なにがオススメかって、会場の多数のスタイルに合わせることができるんです。

「どっちでもOKスタイル」で行って、会場の多数派の服装に合わせれば、無難に早変わり!

  • クールビズが数派 → ネクタイを外せばOK!
  • クールビズが数派 → 上着を着ればOK!

面接官に「無難な服装だな」って思ってもらうには、みんなと同じ服装であることが大事。

会場の90%がクールビズなら、クールビズが正しい服装になります。

逆に、会場の90%が上着を着ていたら、上着ありが正しい服装なんです。

 

僕が試験を受けたときは、実際に「どっちでもOKスタイル」で会場までいってました。

移動で汗をかくこともなく、快適でしたよ~

スーツにシワをつけずに、たたむ方法

当時の僕が、参考にしたのはこのサイト >>> スーツのたたみ方を写真で解説~2分で簡単シワなしコンパクトの巻~

パンツを挟まなくても、キレイにシワ無くたためました!

公務員試験では、焦らないことが大切。クールビズなんて2の次。

「会場で焦らないようにするための工夫」は、必須のテクニックです。

当日、周りと服装が違うと、焦りますよね。

試験当日は緊張しているから、余計に焦りますよ・・・

僕が、「どっちでもOKスタイル」を押すのは、当日の焦りを予防することも考えているから。

 

正直いって、面接の結果に、クールビズは大きな問題にならないはずです。

ですが、面接で100%の力を出すために、メンタルダメージを予防する。

せっかく練習したんですから、当日焦って失敗したくないですよね!

公務員試験はクールビズ!暑さで、爽やかさを失わないように

面接では、清潔感が命。

汗まみれの顔は清潔感がなく見えてしまいます。

できるだけ涼しい格好で清潔に。さらに、当日の状況に対応できる。

これが「どっちでもOKスタイル」のいいところです。

 

「そんなに考えないで、上着来ていけば?」と思う人もいるでしょう。

もちろん、上着ありが無難と分かっています。

ですが、灼熱のなかでは、本来の力は出ません。

顔が汗だくになったら、面接で重要な「爽やかさ」もなくなります。

公務員試験当日は、汗拭きペーパーを忘れるな!

クールビズでも、暑いものは暑い!

 

僕はカバンに「汗拭きペーパー」をいれて試験を受けました。

休み時間に、トイレの個室でササッと体を拭けば、少しマシってレベルですがね。

ないより、ずーーーーーーっと快適だと思います!

まとめ:公務員試験は基本クールビス

  • クールビズでOKと指示がある → クールビズでOK
  • クールビズについて、何も指示がない → 「どっちでもOKスタイル」(ネクタイ着用 + 上着はカバンに入れて

 

会場の多数派に合わせられるから、小心者の僕でも安心でした。

会場で「みんな上着来てるじゃん!」なんて焦らないように、いろいろ考えたんです・・・

大切なのは、当日の会場で焦らないようにすること。

事前の準備は念入りに行きましょう!

 

そういえば、自分か受ける役所のHPは確認しましたか?

クールビズの期間、ルール、受験当日の服装について、公開しているかもしれません。

試験を受ける前に、役所のHPは目を通しておくべきですね。

ABOUT ME
まっわす
3ヶ月で公務員試験に合格したので、そのノウハウを発信中! 質問コーナーもあるので、どんどんコメントしてね。 ただいまメルマガ準備中!
忘れない記憶をつくる勉強ノウハウをつめこんた1冊の資料をつくりました

3ヶ月で公務員試験に合格できた、

私の勉強方法をまとめた ebook ができました。

 

無料でダウンロードできますので、

是非あなたの勉強のお役立てください。

コウムノートのEBOOK

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。