公務員試験

わずが3ヶ月で公務員試験に合格!底辺大学生が試した全手法まとめ

公務員試験に3ヶ月で合格

こんにちは。ガクマーケの井上です!

この記事では、ガクマーケの井上が3ヶ月で公務員試験に合格するためにしたことを全てまとめました。

(このページはどんどん更新するので、ブックマークすると便利です)

※当記事は、私の実体験をもとに記載しております。今までにない新しい試験が出たら、それには対応できないので、ご自分で判断をお願いいたします。

目次

3ヶ月前でも諦めない。公務員試験に挑戦しよう

公務員試験は、3ヶ月まえから勉強しても、合格できます。ただし確率は満足するものではありませんし、辛い戦いにはなります。それでも、合格は可能だと思います。

偏差値45の底辺大学生だった僕ですが、たった3ヶ月の勉強で公務員試験(国家一般)に合格しました。

公務員試験に合格すると、人生のある程度は保証がされる大事なイベントです。コロナウイルスの出現で、公務員の安定さが、また注目されるようになりました。

今後も、コロナウイルスのような、誰も予想し得ないトラブルによって、民間企業が倒産する可能性はあります。そう思うと、公務員が魅力的に思えますね。

厳しい挑戦になるとはいえ、後悔しないよう、全力でなりたいものを目指してみる/安定する公務員を目指すのも大切です。

そもそも、3ヶ月で公務員試験に合格できるのか?

底辺大学生のガクマーケの井上でも合格できましたし、不可能ではないと思います。

もしあなたが、「あと3ヶ月しかないから、公務員はあきらめよう」と悩んでいるなら、まだ諦めるのは早いと思います。

自治体によっては、人口減少のため定員割れしていることも良くあります。3ヶ月で国家総合を狙うのは大変かもしれませんが、人口の少ない地方自治体は意外と簡単に合格できたりするのです。

もちろん、3ヶ月しかないので、勉強はハードになります。

公務員試験の辛さ/息苦しさについて、別記事で話しています>>>公務員試験ってやっぱり大変?勉強中の辛い・ハードな体験談を教えて

それでも、たった3ヶ月の地獄です。合格してしまえは、何十年も安定するのですがから、3ヶ月の地獄は乗り越えられるハードルでしょう。

はじめに:ガクマーケの井上の学力

まずは僕の学歴などを紹介します。

ガクマーケの井上の学力など

  • 最終学歴:大学(偏差値は45くらい。底辺大学)
  • 資格:なし
  • TOEIC:やったことない(英語は中学生レベル)
  • 毎日の勉強時間:なし(テスト前一夜漬けタイプ)
  • バイト:公務員試験の勉強中はやってない
  • 公務員試験を始めた時期:大学3年生の2月から
  • 総評:頭はよくない

大学なんて酷いもんで、授業中はパズ○ラやってました。

こんな頭脳でも、国家一般に合格できました。公務員試験は、パズルのような問題や、基礎的な日本史などが出題されます。学歴で大きくスタート地点は変わりません。

さて、次章からは、実際に3ヶ月で合格するためにしてきたことをまとめました。ぜひご覧ください。

3ヶ月で公務員試験に合格するためにした8つのこと

僕が3ヶ月で公務員試験に合格するために、最初にしたのが次の8つです。

  1. リサーチ
  2. 全体の勉強範囲を知る
  3. 捨て科目を決める
  4. 参考書を用意しよう
  5. 勝負科目の優先度を決めよう
  6. 合格までの勉強スケジュールをたてよう
  7. 1日の勉強時間をきめよう
  8. 効率よく勉強する方法を学ぼう

順番に説明していきます。

3ヶ月で公務員試験に合格するためにしたこと① リサーチ

公務員試験の基本ステップは、情報収集です。なにはともあれ、試験の日程・試験科目・採用人数などを調べましょう。

しっかりと情報収集すると、

  • 必要最低限の勉強で、いろいろな自治体を受験できる
  • 公務員試験の情報をまとめたサイトがわかる

といったメリットがあります。

情報収集のやり方については、次の記事で解説しています>>>公務員試験の基本ステップ!情報収集のやり方を丁寧に教えます

3ヶ月で公務員試験に合格するためにしたこと② 試験範囲のボリューム感を体感する

全体でどれくらい勉強をしないといけないのか、そのボリューム感を味わいましょう。

試験範囲を見てみると、公務員試験がどれだけ特殊な試験なのか分かると思います。あまりに範囲が広すぎるため、まずもって全範囲の勉強はできません。

そうやって”焦り”を出して、モチベーションを出すのも、1つのテクニックです。

公務員試験は「一般教養科目」と「専門科目」の2種類で作られる

高校受験や大学受験でも、「科目」がありましたよね。公務員試験でも同じように、約30の科目があります。

その30科目は大きく分けて、

  • 一般教養試験
  • 専門試験

の2つに分類されます。

公務員試験の「一般教養試験」って、どんな試験?

一般教養試験とは「一般常識」と「論理的な思考能力」をはかる試験です。

国・県・市町村、どの自治体でも、一般教養試験は出題されます。勉強必須なわけです。

暗記慣れが重要な試験で、勉強の成果がでるのが遅いので、勉強は苦労すると思います。

一般教養試験については、別記事でもっと詳しく解説しています>>>関連記事一般教養試験の大特集!一般教養試験をわかりやすく解説&勉強のアドバイス!

公務員試験の「専門試験」って、どんな試験?

専門試験とは、受験する職種にかかわる「専門的な知識」をはかる試験。

専門試験は、出題されない自治体もあります。専門試験を勉強する余裕がないときは、専門試験がない自治体を探すのもありかもしれません。

基礎的な知識だけでなく、応用力も求められる難しい試験です。

本屋で、各科目の過去問を見てみよう

公務員試験の勉強は、過去問(スー過去)に取り組むのが基本です。

スー過去ってなに?

「新スーパー過去問ゼミ」という、公務員試験の過去問をまとめた本のこと。

「新スーパー問ゼミ」略して「スー過去

出版社公式HP>>>「新スーパー過去問ゼミ5」シリーズ 【教養分野】【専門分野】 が順次発売!

スー過去のボリューム≒勉強量と思っていいです。本屋に行ってみて、各科目のスー過去の分厚さを見てみましょう。

「3ヶ月でできる量なのかよ」ってくらい分厚いです。焦りを感じてパワーを出していきましょう。

3ヶ月で公務員試験に合格するためにしたこと③ 捨て科目を決める

捨て科目を作りましょう。全部を勉強していては、公務員試験には合格するのが難しくなります。

配点の少ない科目は捨てて、配点が多い科目を勉強する。これが捨て科目の基礎的な考え方です。配点の多い科目を勉強するので、当然得点はあがります。

捨て科目を上手に使えば、あなたが公務員試験に合格するのは、ずっと簡単になります。

僕が公務員試験に合格するときも、かなりの科目を捨ててました。そのおかげで、点数配分の大きい科目の得点を伸ばせました。

捨て科目を作ることで、最低限の勉強で、得点を伸ばせます。絶対やりましょう。

捨て科目を作って、効率よく点数を伸ばしたい人は、こちらの記事がオススメ。>>>捨てれば勝てる!公務員試験の捨て科目の選び方・捨てるメリットを解説

3ヶ月で公務員試験に合格するためにしたこと④ 参考書を準備しよう

入門書1冊+過去問(スー過去)1冊でOKです。普段の授業で勉強している科目なら、入門書はなくても大丈夫。

公務員試験は過去問が必須。過去問に始まり、過去問に終わります。

それほど、過去問と同じ問題がでます。信じられないと思いますが、過去10年分の過去問を見れば、本当に問題に変化がないことがわかります。

僕が試験を受けたときは、「過去問とほぼ同じ(数値が違うだけ)」もありましたし。

オススメの参考書については、こちらで解説しています。»【2019年】公務員試験に受かるオススメ参考書26冊紹介【合格者愛用】

ポイントは次の2つ。

  1. 参考書は、入門書1冊+過去問1冊でOK。
  2. 過去問にとりくむのがオススメ

3ヶ月で公務員試験に合格するためにしたこと⑤ 勝負科目の優先度を決めよう

捨てない科目(勝負科目)の中でも、優先度は決めておきましょう。

闇雲に勉強すると、「これ勉強するの忘れてた~」なんてことになります。(なりました)

一般教養科目と専門科目で、わけて解説しますね(詳しくは別記事で解説)

一般教養科目

一般教養科目の中でも、数的推理と判断推理は、とくに配点が多いです。

暗記+慣れが必要で、一朝一夕では習得できません。しかし、暗記して慣れてしまえば、簡単なことも特徴です。

もちろん、周りのライバルもあなたと同じように考えて、数的推理と判断推理は正解を狙ってきます。ライバルと差をつけられないように、優先的に勉強しましょう。

一般教養科目について、ちゃんと勉強しておくと、効率よく勉強できますよ。
どれが優先科目なのか、戦略をたてれるからです。

一般教養試験については、もっと詳しく知りたいなら、一般教養試験の大特集!一般教養試験をわかりやすく解説&勉強のアドバイス!を読んでみてください。

専門科目

専門科目は、一般教養科目の合間に勉強。

大学で勉強していたこともあり、過去問を数週して終わりでした。入門書は勉強済みの内容であれば必要ありません。

科目のポイントまとめ。

  1. 優先して勉強するのは一般教養科目の、数的推理・判断推理。
  2. 数的推理・判断推理は配点が多いけど、暗記と慣れが必要で勉強に時間がかかる。
  3. 専門科目は、大学で勉強していることの応用。

3ヶ月で公務員試験に合格するためにしたこと⑥ 合格までの勉強スケジュールを立てよう

各科目ごと、1ヶ月ごとに、なにを勉強するか決めました。

時期に関係なく、常に勉強するもの

一般教養科目:数的推理、判断推理、空間把握、資料解釈、時事

専門科目:配点の多いもの

試験1ヶ月まえから勉強したもの

一般教養科目:思想、地理、地学

専門科目:配点が少ないけど、捨てるほどでもないもの

面接・論文

面接・論文は試験1ヶ月前から対策してましたね。無事に最終試験まで合格できたので、問題ないでしょう。

面接・論文対策は、公務員試験の面接・論文対策はいつから?で解説しています。僕の経験談から来る情報も発信していますので、ぜひ読んでみてください。

3ヶ月で公務員試験に合格するためにしたこと⑦ 1日の勉強時間を決めよう

公務員試験は1000時間勉強すれば、合格ラインといわれています。

3ヶ月で1000時間勉強するなら、1日12時間必要です。

1日の勉強時間

  • 3ヶ月(90日)前から:1日約12時間
  • 半年(180日)前から  :1日約6時間
  • 9ヶ月(270日)前から:1日約4時間
  • 1年(365日)前から  :1日約3時間

「公務員試験の勉強時間」については、別記事でも解説してます。>>>公務員試験はいつから勉強すればいいんじゃい!って質問に答える

何時間勉強すればいいかわかったら、勉強時間を確保することを最優先にして、生活習慣を作り直します。

勉強時間を確保するのが、なによりも大切です。ただでさえ、スタートが遅かったので、時間はできる限り確保するようにしていました。

3ヶ月で公務員試験に合格するためにしたこと⑧ 効率よく勉強するテクニックを学ぼう

公務員試験は勉強時間の勝負です。ですが、もし同じ時間を確保したとしたら、次は勉強効率の勝負になります。

勉強効率アップの工夫を取り入れて、効果的に知識を吸収していきたいですよね。

3ヶ月で合格を目指すのであれば、ライバルに比べて、大きく遅れが出ているのは確かです。なので勉強方法にもこだわっていきたいところです。

泥臭くても、なんでもいいから、できる工夫は全部やる。そんな気持ちで戦っていました。

そんなわけで、勉強効率を上げるテクニックを紹介します。全て僕が実践した方法です。随時更新していきますので、更新をお待ち下さい。

参考書は合格した人が使っているものを買おう

公務員試験は参考書が命

公務員試験の知識はおもに参考書から勉強します。共通の教科書はありません。つまり参考書が公務員試験の合否を決めるわけです。

絶対合格する参考書はありませんが、合格した人が共通して使っている参考書はあります。そんな『神参考書』を紹介します。

【2019年】公務員試験に受かるオススメ参考書26冊紹介【合格者愛用】

【2019年】公務員試験に受かるオススメ参考書26冊紹介【合格者愛用】

大量の知識を、一気に頭に叩き込む勉強法

「この勉強法のおかげで、3ヶ月で合格した」といっても過言ではありません。自分の限界をこえて、知識を頭に叩き込めます>>>公務員試験のオススメ勉強法【鬼速復習勉強法】で忘れない記憶を作れ!

勉強に最適な時間帯を把握する

勉強をする時間帯で、集中力=効率もかなり変わってきます。

「1日12時間も勉強するのに、時間帯なんて関係あるの?」と思うかもしれませんね。

しかし、勉強の時間帯と効率には関係があります。正しい時間帯にやれば、過去問をこなすスピードが1.5倍くらいになります(体感)たくさん試行錯誤した方法です。

〜coming soon〜

勉強効率を2倍にする参考書の使い方

参考書を正しく使えば、勉強効率は2倍になります。

独学が基本の公務員試験は、参考書にはじまり、参考書におわります。それなら、参考書の使い方は、すごく重要なポイントになるわけです。

どうすれば、もっと使いやすい/もっと覚えやすい参考書になるのか?

ノートを作るなんて非効率な方法はいらない、効率を追求した方法を紹介します。

〜coming soon〜

公務員試験の面接・論文対策は

個人面接

公務員試験の面接対策は、個人的には1ヶ月前から十分だと思います。準備すべき想定質問は、そんなにたくさんありません。

志望動機、民間との違いなど、よくある質問に対して、矛盾なく回答できるようにしておけば十分かと思います。

その辺の、準備が必要な考えておくべき想定質問・マナーあたりも別記事で紹介しますね。

また、僕が受けたときは、ちょっと変わった質問もありました。

個人的には「想定質問やマナーの準備」より「ちょっと変わった質問に、どう対応するか?」のほうが重要だと思います。

面接対策記事はこちら

グループワーク対策

グループワークは、特殊な面接なので、事前知識が必要だと思います。

グループワークについての事前知識がないと、グループのメンバーに置いてかれて、不安になって・・・と負のスパイラルに。

実際、何にも知らないと、ボッコボッコになるはずです。

対策はこちら>>>公務員試験のグループワーク対策講座のまとめページ【全4回】

論文対策

論文対策は、ネットで情報収集して書き方を勉強しました。

一般教養科目にある「時事」で日本の主要ニュースを把握しておくと、ネタに困らないと思います。

論文の書き方も記事にしているので、ぜひチェックしてみてください。

理系の国語ヘタでも大丈夫!公務員試験の論文テンプレート構成と書き方まとめ
●●だけで公務員試験の論文が上達した人にインタビューしてきた!

論文ヘタでも大丈夫!公務員試験の論文の書き方|テンプレート構成紹介

●●だけで公務員試験の論文が上達した人にインタビューしてきた!

よくある質問「1ヶ月で公務員試験に合格できる?」

できます。たぶん。ただし、定員割れしている自治体を狙うのが現実的です。

ライバルは、1年かけて、1000時間勉強してきてます。そんなライバルたちに、流石に1ヶ月で対抗するには、1日24時間勉強しても足りないと思います。

近くの自治体で、倍率が低いところを探してみてください。意外と近場にそういった自治体があったりするのです。

倍率を調べるときは、ここが便利です(外部リンク)>>>参考サイト公務員試験倍率一覧

よくある質問「専門試験勉強したくないんですけど?」

たしかに、専門試験を勉強するのは大変ですからね。僕も嫌々やってました。

一般教養だけで受験できる、地方の市役所を受けてみてはどうでしょうか? それなら専門試験は勉強しなくても大丈夫です。

専門試験があるかどうかは、各自治体のホームページを確認するのが確実です。「今年から試験科目変わります」という自治体もありますので、しっかりチェックしてくださいね。

ABOUT ME
アバター
井上 岳
1994年生まれ。月商1億円規模のECサイト運営しているWEBマーケター。複業ではSNSマーケで130万円の利益をあげたり、実店舗のWEB集客コンサルしたり。前職は市役所と北海道庁の併任勤務をしたキャリア公務員でした。公務員として培った税金の知識・マネーリテラシーを活かしたFPもやるなんでも屋です。 »経歴・実績の詳細はこちら