公務員試験

公務員試験のグループワーク対策講座④誰でも出来るヤツに見せるトーク術・裏技7個を紹介!

グループワーク対策講座④

こんにちは。ガクマーケの井上です。

前回、【司会だからと安心するな!【役割分担】について解説|公務員試験グループワーク対策講座③】では、グループワークでの役割分担と、アピールの方法についてお話しました。

まだ読んでない人は、司会だからと安心するな!【役割分担】について解説|公務員試験グループワーク対策講座③ も合わせて読んでみてください。

グループワーク対策講座、第3回を終えた方、おつかれさまです。

グループワーク対策講座 第4回では、『誰でも簡単に、できるやつに見せる裏技』 を紹介します。

今回は簡単だから、サクッと読み終わると思います。

  • 誰でもできる
  • 練習いらず
  • 簡単

なのに、出来るヤツに見せられる、効果バツグンの裏技です。面接官にいい印象つけて、グループワークに合格しましょう。ぜひ、試してみてください。

グループワーク対策講座まとめ

そもそも、グループワークで『できる人』とは、どんな人か

公務員試験のグループワークって、役割分担が必要なの?

「これができると、できる社会人」と思われるのが、次の7点。

  1. 客観視ができる
  2. 気配りができる
  3. 全体から見始める
  4. 会話がわかりやすい
  5. 人の話をよく聞く
  6. 理由をよく考える
  7. 人脈をつくる

この7つは、ぼくの個人的な考えです。だけど、他のサラリーマンに「できる人の特徴は?」って聞いたら、だいたい同じ答えになると思います。

公務員試験のグループワークは印象も大切

面接では、印象もポイントの一つ。グループワークでも同じだと思います。

怖いと思ってた人でも、話してみると、優しかったとか経験ありませんか。

ほんのちょっとの工夫で、印象は変えられます。小さい工夫で大きな効果が得られるのが印象だと思います。

たとえば、清潔感。

面接で「わかりません」っていっていいし、大事なところで噛んじゃってもいい。けど、清潔感=印象だけは、気をつけろ、というのが、面接のポイント。

それくらい、印象って大切なんです。

裏技を使って、いい印象をつければ、合格はグッと近づくはずです

公務員試験のグループワークの裏技1『軌道修正する』

話がそれたら、修正する。これだけです。

客観性をもって、仕事を進められるとアピールできます。

たとえば、「社員のやる気を上げる方法」を発表するグループワークで……

あなた「社員のやる気がでない理由ってなんだろうか?」

B「眠いとか?」

C「睡眠不足だと、作業効率ガタ落ちするみたいですよ」

D「みんなは何時くらいに寝てるの?」

B「12時くらい」

C「1時くらいかな?」

D「私は2時なんだけど、全然眠くないんだよねー」

あなた「話の方向それちゃってるので、ちょっと軌道修正しましょうか」

という感じ。

できる人って感じしますね。グループの進む方向を、客観視できているのがよくわかります。

先程の『できる人の特徴7つ』にあわせると…‥

  1. 客観視ができる←軌道修正すえう
  2. 気配りができる
  3. 全体から見始める
  4. 会話がわかりやすい
  5. 人の話をよく聞く
  6. 理由をよく考える
  7. 人脈をつくる

まとめ:話を軌道修正して、客観視ができることをアピール。

公務員試験のグループワークの裏技2『メンバー全員にしゃべらせる』

あんまり話さない人に、話を振ります。

ちょっと気を配るだけ。

なんだけど、すっごく気配り上手に見せられます。

たとえば、「市の人口を増やす方法」を発表するグループワークで……

あなた「インターネットを使って、住みやすさをアピールしよう」

B「なにをアピールする?」

C「自然が多いのもアピールポイントかな」

B「子育て支援があるとか」

あなた「移住支援もいいね」

あなた(Dさん、発言が少ないから、助けてあげよう)

あなた「Dさんの地元は、なにかやっていたんですか?」

メンバー全員に気をくばり、発言の少ないDさんに、話を振りました。

このままずっと、Dさんをほっておくと、仲間はずれがいるのに、手助けしない人に見えちゃいます。

あまり話さない人には、話を振って助けてあげる。そうすれば、気配りできる人アピールになります。

『できる人の特徴7つ』にあわせると…

  1. 客観視ができる←軌道修正する
  2. 気配りができる←メンバー全員にしゃべらせ
  3. 全体から見始める
  4. 会話がわかりやすい
  5. 人の話をよく聞く
  6. 理由をよく考える
  7. 人脈をつくる

まとめ:あんまり話さない人に話を振って、気配り上手をアピール

公務員試験のグループワークの裏技3『話の進め方を提案する』

グループワークのはじめに、大まかな話の進め方を提案します。

最初にアピールできるんで、第一印象がすごくよくなります。

たとえば、「お店の売上を上げる方法」を発表するグループワーク

B「じゃあみんな意見、アイデアはありますか?」

C「私は、SNSで宣伝するのがいいと思います」

あなた「新しいメニューはどうでしょう?」

D「仕入れルートを見直してもいいんじゃない?」

B「どれもいいね」

あなた「では最初の10分でSNSで宣伝、次の10分で新メニュー、その次の10分で仕入れルート、残りの30分で成果をまとめるのはどうでしょうか?」

グループワークの1時間を全体的に見て、時間を割り振りました。

全体から見始める、計画性のある人材って思ってもらえます。

『できる人の特徴7つ』にあわせると…‥

  1. 客観視ができる←軌道修正する
  2. 気配りができる←メンバー全員にしゃべらせる
  3. 全体から見始める←話の進め方を提案する
  4. 会話がわかりやすい
  5. 人の話をよく聞く
  6. 理由をよく考える
  7. 人脈をつくる

まとめ:話の進め方を提案して、全体から見始めることをアピール

公務員試験のグループワークの裏技4『ポイントまとめて、わかりやすく!』

会話のところどころで、ポイントをまとめます。話が進みますし、印象も良くなります。あまりやる人がいないので、ぜひ試してみてください。

たとえば、「インターネットからの問い合わせを増やす」を発表するグループワークで……

あなた「お問い合わせフォームは必要だよね」

B「お問い合わせフォームの場所がわからないサイトって多いですよね」

C「お問い合わせだと思ったら、Q&Aにつながったり……」

D「『お問い合わせはこちら』ってボタンがあるといいかも」

あなた「メリットデメリットがありそうですね。すこしまとめて俯瞰してみましょう。あ問い合わせフォームへが必要な目的も合わせて考えると・・・」

議論のポイント(結論)をまとめて、わかりやすくなりました。

『できる人の特徴7つ』にあわせると……

  1. 客観視ができる←軌道修正する
  2. 気配りができる←メンバー全員にしゃべらせる
  3. 全体から見始める←話の進め方を提案する
  4. 会話がわかりやすい←ポイントをまとめ
  5. 人の話をよく聞く
  6. 理由をよく考える
  7. 人脈をつくる

まとめ:ところどころでポイントをまとめるで、会話がわかりやすいことをアピール

公務員試験のグループワークの裏技5『人の意見を引用する』

メンバーの意見に、さらに自分の意見をつけたして発言します。0からアイデアを出すのが苦手な方は、この方法がおすすめです。

0→1が得意な人、1→100が得意な人、自分がどっちかを考えてみると、ポジションのとり方がはっきりするかもしれませんね。

たとえば、「SNSを活用した宣伝」を発表するグループワークで……

あなた「Twitter、Instagram、Facebook、Line@、いろいろありますよね」

B「利用人数が多いのはTwitterでは?」

C「メッセージを読む確率でいえば、Line@が1番だとおもう」

D「若い女性をターゲットにするなら、Instagramでしょ!」

あなた「たしかに、ターゲットは若い女性ですよね。私も若い女性の利用率が高いInstagramがマッチしていると思います。商品もインスタ映えしやすいので、拡散しやすいのでは?」

人の意見を引用し、さらにそこに意見をつけたすだけで、いい感じの発言になります。実際いい発言なのです。

しかも、人の話をちゃんと聞いているアピールにもなります。

第2回講座でも話した、面接官が気にする『聞く力』もアピールできますね。

『できる人の特徴7つ』にあわせると…‥

  1. 客観視ができる←軌道修正する
  2. 気配りができる←メンバー全員にしゃべらせる
  3. 全体から見始める←話の進め方を提案する
  4. 会話がわかりやすい←ポイントをまとめる
  5. 人の話をよく聞く←人の意見を引用する
  6. 理由をよく考える
  7. 人脈をつくる

まとめ:人の意見を利用して、話をよく聞くこと & 頭がいい人だとアピール!

公務員試験のグループワークの裏技6『「なんで」を5回となえる』

「なんで」を5回くりかえして、本当の理由を探します。

まず、「なんでを5回」の理由についてお話しますね。「なんで」を5回くりかえすと、ものごとの本当の理由がわかる、という法則があります。

『トヨタ式「5回のなぜ」』で知られる方法です。

どんな会社・部署でもトラブルは付きものだろう。
トヨタもまたしかりであるが、そこで働く社員には強力な武器がある。

「5回のなぜ」だ。

トラブルに直面したとき、トヨタ社員は「なぜそれが起きたのか」を繰り返し考える。
すぐに思いつく答えを安易に結論とせず、真の原因を探ることが目的だ。
引用:トヨタ式「5回のなぜ」でトラブル原因を因数分解 | プレジデントオンライン

グループワークでも、『5回のなぜ』を使えば、なにを解決すればいいか、よくわかります。

たとえば、「売上が落ちたパン屋を復活させる方法」を発表するグループワークで……

あなた「そもそも売上が落ちた原因はなんだろうか?」(なぜ1回目)

B「お客さんが減ったからでは」

あなた「なぜお客さんが減ったんだろうか?」(なぜ2回目)

C「人気がなくなったから」

あなた「だよね。じゃあなんで、人気がなくなったんだろう?」(なぜ3回目)

D「パンが高くなった、もしくは、おいしくなくなったからかな」

あなた「パンの値段は、他のお店も上がっているはず。つまり、味が悪くなったからかな。」

あなた「じゃあ、なぜ味が悪くなったんだろうか?」(なぜ4回目)

B「作ってる人は同じだから、材料が変わったせいかな」

あなた「なら材料を改善すれば、味はよくなりそうだね。材料を変えた理由はなんだろう?」(なぜ5回目)

C「小麦が高くなったので、安い小麦に変えたからみたい」

あなた「てことは、材料を帰れば、少し高くなるかもしれないんだね。他のお店の値段を見つつ、材料を変えてみよう」

本質から考えるので、根本的な原因をはっきりさせたり、施策のねらいどころを決めたり、どんなところでも役立つ考え方です。

『できる人の特徴7つ』にあわせると……

  1. 客観視ができる←軌道修正する
  2. 気配りができる←メンバー全員にしゃべらせる
  3. 全体から見始める←話の進め方を提案する
  4. 会話がわかりやすい←ポイントをまとめる
  5. 人の話をよく聞く←人の意見を引用する
  6. 理由をよく考える←なぜを5回くりかえ
  7. 人脈をつくる

まとめ:なぜを5回くりかえして、物事の本質を見れる人材とアピール

公務員試験のグループワークの裏技7『事前にメンバーと仲良くなる』

グループが決まったら、速攻でメンバーと仲良くなりにいくと、本番で円滑に話が進みます。

グループワークでは、初めて合う人とコミュニケーションをとらないといけません。これか難しいこともあるんです。

そこで、グループワークのメンバーが決まったら、試験開始前に仲良くなっておくのです。

グループワークの組み合わせが決まったら、グループワークが始まる前にメンバーに突撃。

「グループワークよろしくね!」

といっておけば、普通に始めるより、ずっと仲良くグループワークがはじまります。

コミュニケーションもしやすくなり、笑いのあるグループワークにできそうですよね。

『できる人の特徴7つ』にあわせると……

  1. 客観視ができる←軌道修正する
  2. 気配りができる←メンバー全員にしゃべらせる
  3. 全体から見始める←話の進め方を提案する
  4. 会話がわかりやすい←ポイントをまとめる
  5. 人の話をよく聞く←人の意見を引用する
  6. 理由をよく考える←なぜを5回くりかえす
  7. 人脈をつくる←事前にメンバーと仲良くなる

まとめ:事前にメンバーと仲良くなっておいて、グループワークをやりやすくしよう。

まとめ︰公務員試験のグループワーク対策講座④ 7つの裏ワザ

グループワーク対策講座④

あなたを一瞬でできるヤツに見せる7つのトーク術・裏技を紹介しました。

グループワークの7つの裏ワザ

  1. 軌道修正
  2. メンバー全員にしゃべらせる
  3. 話の進め方を提案する
  4. ポイントをまとめる
  5. 人の意見を利用する
  6. なぜを5回くりかえす
  7. 事前にメンバーと仲良くなる

高速に流れる会話の中で、これらすべてを意識するのは難しいです。なので、普段の会話から意識しているといいと思います。

「できる人に見せる方法」と銘打って紹介しましたが、これができれば普通にできる人そのものです。

一生モノのスキルになると思いますので、ぜひ試してみてください。

そして……

グループワーク講座は第4回で終了です。ここまで読んでいただいて、ほんとうにお疲れ様でしたそしてありがとうございます

グループワークについて、僕が教えられることは全部書きました。

また何か思い出したら、追記していきます。

くりかえし復習することが、忘れない記憶作るコツです。忘れちゃったら、また戻ってきてくださいね。

ではまた、ガクマーケの井上でした。

グループワーク対策講座まとめ

ABOUT ME
アバター
井上 岳
1994年生まれ。月商1億円規模のECサイト運営しているWEBマーケター。複業ではSNSマーケで130万円の利益をあげたり、実店舗のWEB集客コンサルしたり。前職は市役所と北海道庁の併任勤務をしたキャリア公務員でした。公務員として培った税金の知識・マネーリテラシーを活かしたFPもやるなんでも屋です。 »経歴・実績の詳細はこちら