マーケティング

クラウドソーシングで流行る副業は、稼げない法則(ただし発注者は別)

こんにちは。WEBマーケターの井上です。

副業の新しい形としてスタンダードになりつつある、クラウドソーシングでの副業。

  • 自宅にいながらも、ホームページ制作などの仕事を受注できる!
  • 全国どこにいても、ジブンのスキルに需要がある

それを知った沢山の人たちがチャレンジしていますね。

最近は動画編集に関する仕事が「稼ぎやすい!」と流行っているようですが、これは危ない兆候です。

供給が増えると、単価がぐぐっと減ります。要するに稼げなくなっていきます。

逆に、発注者の立場で考えると、こんなに嬉しいことはない! 人件費が安く確保できるので、これを使わない手はありません。

「この副業が稼げる!」と流行ると、発注者が得をします。

笑顔になる受注者は一握りでしょう。そんな、クラウドソーシングの単価にまつわる雑談です。

クラウドソージングはあまりに安い。発注者としては使いやすいが…

私も3年前くらいはワーカーとしてチャレンジしていて、忙しくなった近頃はめっきり使っていませんでした。

つい最近、ホームページ制作を外注する用事ができまして、クラウド●ークスで、ホームページ制作の単価を見ていたところ、案の定、超低単価なのはそのまま。

以前と違い、発注者の立場になると、
・低単価で良いなぁ
・スキルあるのに、こんな安いんだ
・利益も確保できるし、ありがたい
と思っちゃいます。

とあるクラウドソーシングのサービスで、ホームページ作成の単価を見てみると、静的サイト4、5ページで1万円といった受注実績がたくさんあります。

1件一万円。1時間1000円の時給だとしたら「10時間」。どんなに効率化したとしても、10時間で静的サイト5ページは難しいと思います。

この低単価っぷりは、ずいぶん前から問題視されていたはずです。なぜ今でも変化がないのか?と考えてみると…

一応 win-win になる低単価クラウドソーシング

受注している側は、完全在宅で1万円の副業収入が入って満足。そもそも自分の実力だと正規の時給で働けると思ってないから、低単価も当然と納得している。

発注している側は、非常に安い人件費で労働力を確保できる。低単価で募集をかけても、バシバシ申込みが集まる。しかも実力者もそこそこいる。

クラウドソーシングのプラットフォーム提供者は、手数料が入って大満足。

という精神的にwin-winの関係になっています。

プラットフォーム提供者が一番笑顔になり、その次に発注者が利益をとり、残った分が受注者に渡る構造です。

一番辛い思いをしているのは、最低賃金以下で働いている受注者のはずですが、精神的に満足しているのも確か。

クラウドソーシングを使われる側になるか、使う側になるか

プログラミングを覚えれば、クラウドソーシングで完全在宅の副業で月5万円の収入が手に入る! という視点だけだと、ちょっと損かもしれません。

逆に、ホームページ制作の仕事をもってきて、クラウドソーシングに外注すれば、人件費を抑えられて利益を取れます。(その営業が大変なんですが)

クラウドソーシングを使う側になるか、使われる側になるかは、大きく稼ぎ方を変えるな~と見ていて思いました。

こういう構造を見ると、プログラミングのスキルを勉強しても、よっぽどオンリーワンな実力がない限り、クラウドソーシングによる安い人件費に取って代わられる可能性は高いですね。

(外注で外から持ってこれるものも含めて)自分のスキルをサービスをパッケージ化して、付加価値をつけて利益分を増やして販売。クラウドソーシングなどを使って人件費を削減。そうして利益を取っていく方が賢いのかもしれません。

もし、クラウドソーシングの発注者が、私と同じ視点なら、クラウドソーシングでの単価向上は難しい道のりですね。(受注者が自ら単価向上するスキルは今後も広がらないでしょう)

なにより高いのは人件費。う~~~む経営とは難しいものだ・・・

まとめ:クラウドソーシングで流行る副業は、稼げない法則(ただし発注者は別)

  • 自宅にいながらも、ホームページ制作などの仕事を受注できる!
  • 全国どこにいても、ジブンのスキルに需要がある

そんな夢のあるクラウドソーシングですが、供給過多で単価が落ち込んでいるもの事実。

「流行りの副業」はいずれ飽和していって、稼げなくなっていきます。

クラウドソーシングを使う側になるか、使われる側になるか。このあたりで大きく年収が変わってくるのかもしれません。

P.S.

プログラミングを勉強しなくてもOK!とは思いません。出来る・出来ないを判断したり、大雑把な工数を把握できるようになるためにも、ある程度の知識はあっていいと思います。

でも、プログラミングや、動画編集スキル1本で生きていくのはキツイでしょう。人気の職業・ジャンルなら、もっと低単価になりますから……

P.S.2

IT人材が今よりも、もっと不足すると、どんな構造になるんでしょうか。単純に考えて、プログラマーが貴重になるなら単価は上がるはず。でも、それを良しとせず、nocodeツールによる人件費削減が普及し始めていますから、バランス感は変わらないのかも?

ABOUT ME
アバター
井上 岳
1994年生まれ。月商1億円規模のECサイト運営しているWEBマーケター。複業ではSNSマーケで130万円の利益をあげたり、実店舗のWEB集客コンサルしたり。前職は市役所と北海道庁の併任勤務をしたキャリア公務員でした。公務員として培った税金の知識・マネーリテラシーを活かしたFPもやるなんでも屋です。 »経歴・実績の詳細はこちら