読むと、お金に強くなる

読むだけで、お金に強くなるブログ

カテゴリー(人気順)

ブログ運営

Notionとブログの相性を本気出して考えてみた

こんにちは。ガクマーケティングの井上です。 今日は『Notion』と『ブログ執筆』の相性について考えてみました。Notionはまだまだ始まったばかりのソフト。ブログに使っている人もあまり多くないと思います。 以前にも似たような記事(Notionとブログ(WordPress)は相性抜群。今後のスタンダードになるかもしれない)を書いたのですが、Notionが面白くて、ついつい書いちゃいます。 私の使い方が最適解とは思いませんが、実際の私の使い方もご紹介いたします。こんな使い方もあるよと、比較の一例にしてもらえれば嬉しいです。 前提として。使っているパソコンは、MacBook Air m1チップ搭載のやつ。シングルディスプレイで、外付けのマウスやキーボードを使っていません。スマホはAndroidで、特に親和性のないものを使っています(oppo 2020) ネタ帳をDBにして、シームレス化 Notionとブログを組み合わせて1番便利なのはこれ。データベースから記事をシームレスに書けます。さらに、ネタごとにカテゴリーや記事の公開状況を記録でき、ソートできます。 詳しくは「Notionとブログ(WordPress)は相性抜群。今後のスタンダードになるかもしれない」でも解説しています。Notionをブログに活用するときの、醍醐味の部分です。データベースの概念は最初は難しいかもしれませんが、慣れたらとっても面白いのでぜひご覧ください。 https://item-for-you.com/notion-wordpress/ あまりにも同じことを言うので「もう散々聞いたよ!」 という声が聞こえてきそうです。ですが、何度でも言いたくなるほど素晴らしいのです。 ブロックエディタなのが嬉しい Notionはブロックエディタ。WordPressと近い感覚で表示されます。 なので、画面を拡大しまくるとスマホのような画面幅で表示できます。小技というか、無理やりな方法ではありますが。あまりにも長い段落だと改行したり〜なんてことができます。 それと、Notionで書いた文章を、WordPressに貼り付けするときに、ずれることがあまりないです。 わかる人にはわかると思うんですが、Evernoteなんかで文章書いて、コピーしてWordPressに貼り付けすると文章がズレるんです。これを直すのが本当に面倒臭いんです! 正直言うと、ブロックエディタなんてものが使われているのは、WordPress位だと思います。 だからブロックエディタに対応しているテキストエディタがなかなかないんです。 そのへん、同じブロックエディタのNotionだとずれない(ずれにくい)のです。改行がずれたら、修正に結構な時間がかかりますから、予防できるのは嬉しいですね。 音声入力しやすいmacだと、なお便利 ブログをやるなら音声入力はぜひ活用したい機能。3つほど見出しを用意して、それぞれのテーマについて話せば、あっと言う間に、そこそこの文字量のコンテンツが完成します。 しかし、Notionには音声入力の機能はありません。Macであれば標準で搭載されている音声入力機能が優秀で、様々なテキスト入力に使えます。もちろん、Notionにも。 Googleドキュメントと比べると多少精度は落ちますが、Mac標準搭載の音声入力もなかなかやります。ブログくらいなら、ぜんぜん問題なく使えると思いますよ。 別にmac信者ではありません! win歴のほうがずっと長いです。ただ、macの音声入力がここまで優秀とは思っていませんでした。いや、windowsの音声入力が貧弱すぎるのか…? (windowsの標準搭載 音声入力が使い物にならなかったので、Googleドキュメントで音声入力してコピペしてなんて作業していたの思い出します。音声入力の進化に驚いていた、いい思い出です。 Googleドキュメントは自動保存中は音声入力が止まらないようになれば完璧なんだけど…) 話を戻しまして。 Notionは、TyporaやUlysessのような『書くためのエディタ』じゃありません。なのでフォントや行間の設定には弱いです。 『書くことの気持ちよさ』を追い求めるなら、Notionはミスマッチだと思います。これは『一元管理の気持ちよさ』を追う人の性癖にささるのです。 だからテキストエディタとして比較すると、Notionは貧弱です。その辺を気にしないで、音声入力でざくっと書いちゃうのが良いかと思っています。 CotEditorで表記揺れを修正 音声入力で書いているので、表記揺れが出ます。1つ1つ修正するのは手間なので、一括置換で修正します。 が、Notionには置換機能がありません。仕方ないので、CotEditorにコピペして一括置換。CotEditorでの表記揺れ修正が終わったら、Notionにもう一度貼り付けます。 最後にNotionのデータをワードプレスに貼り付け。NotionもWordPressの両方がマークダウンに対応していて、どちらもブロックエディタなので、この貼り付けはズレずに、一発で終わります。 Typoraとかはエクスポートしていたのですが、その手間がなく、単なるコピペでいいのは楽です。(その代わりCotEditorへ一回コピペしてるけど) 今後アップデートでNotionに期待すること ブロガーとして今後のアップデートで追加して欲しい機能は、 行間と文字間の調節機能折り返し幅の設定機能一括置換機能 特に一括置換機能。早く実装してほしいですね。これがあるだけでも、かなり手間を省けます。 まだまだこれから盛り上がっていくNotionだと思います。アップデートにも期待しちゃいますね! まとめ:Notion×ブログは伸びしろたっぷり 今日は『Notion』とブログ執筆の相性について考えてみました。以前にも似たような記事を書いたのですが、Notionが面白くて、ついつい書いちゃいます。 Notionは執筆用に作られたソフトじゃありません。テキストエディタとしては、まだまだ足りない機能はあります。 しかし、WordPressと相性抜群なブロックエディタである事と、データベースからのシームレスな記事執筆。これはNotionの特権かと思います。(他にもあったら教えてください!) まだまだ駆け出しのソフト。アップデートで良くなっていく段階だと思います。ブログに便利な機能がもっとたくさん出てくるかもしれません。楽しみですね!

Notionとブログ(WordPress)は相性抜群。今後のスタンダードになるかもしれない

話題のNotionがブログ・WordPressでも大活躍。データベースを使ったネタの管理と、シームレスな記事執筆。マークダウン対応で、次のスタンダードになりそうだ。

【WordPressテーマ】Newspaper10導入!日本語での使用感は?感想とメリットをまとめてみた

海外製wordpressマガジンテーマ「Newspaper10」を日本語ブログに導入!果たして綺麗に使えるのか、感想をまとめてみました

「人気絶頂のnoteをやめます」プラットフォーム廃止リスクを改めて見つめてみよう

こんにちは。ガクマーケティングの井上です。 noteで書いてきた記事を、当サイトに移行しています。SEOにも強く、シンプルなデザインで運用しやすいnoteを抜け出す、脱noteです。 今が絶頂のnoteをやめるのは、人によっては「バカいってんじゃないよ」なレベルです。 しかし、プラットフォームである限りリスクは伴います。この記事を読んでいる貴方も、note廃止のリスクが気になっているのではないでしょうか。 そんな方へ、私が今回"脱note"を決意した理由を書いておきます。検討材料にでもなれば幸いです。 許容できないリスク 先日、nocodeツールの"STUDIO"に大きなトラブルが発生した記事を書きました。 プラットフォーム全体にアクセスできなくなり、最終的にはプラットフォームのドメインを変更する大きなトラブルです。 https://item-for-you.com/studio-bug/ どんなサービスであれ、リスクはあるのだと痛感しました。これが今回の決断に繋がります。 ブログは、信頼構築が主な目的と先にお話しましたが、もう一つ目的があります。それが自分の知識や生き様の見える化です。 覚えたこと、出来るようになったこと、感じたことを書いて形にすること。私にとって、これもブログの大きな目的です。このブログを見れば、井上岳という人物がどうやって生きたのかわかる、そんな媒体にしたいのです。 となると、膨大な時間をブログに捧げることになります。何十年も書くわけですから。ですので億が一のリスクですら、許容しない判断を下しました。 そもそもnoteが廃止する可能性は、まずまず現実的ではない問題です。しっかりした運営ですので、この先も存続していくと思います。 ところが人生を捧げるブログだと、億が一のリスクを許容できないと思ってしまったのです。万が一情報商材が問題化した場合のトラブルや、記事のエクスポート機能がないこともあって移設することにしました。 今後は、一部の有料記事は残して、その他の記事を当サイトに移行します。 他の理由は? 億が一存在する、note廃止のリスクを許容できない自サイト&noteの同時並行を統一したいワードプレスのような拡張性がほしい このような理由があって、脱noteを決意しました。もし、noteに定期バックアップ機能がついたら1つ目の理由はクリアできます。 それでも、WordPressで運用していくような気がします。知識を吐き出す先は1つにしないと、知識に見える化が出来ないような気がするのです。 ここ数年でいくつものツイッターアカウントやnoteアカウント、WordPressサイトで情報発信をしてきました。頭の中の知識は、ほとんど見える化したと思ったのです。 しかし、実際は複数アカウントでログインして、いちいち検索して探す作業が発生して大変なのです。これを脱したい思いもあります。 あとは久しぶりにWordPressを触って思う、拡張性の高さですね。noteでは301リダイレクトとか出来ないので、WordPressありがたいなぁって思います。 noteの横のつながりは魅力的 ブログを書く理由は、広告収入ではなく、信頼構築が主な目的です。なのでnoteの"フォロー"システムは非常に魅力的でした。 facebookよりも気軽にフォローできる。かつ、フォローすることによって記事を定期的に見てもらえる=信頼構築にアドバンテージがあると思います。 これは、はてなブログや、Amebaブログでも似たようなシステムがあります。あちらではフレンドという名前ですね。 noteでは"フォロー"という言葉になって、どちらかというと一方的で気軽な好意を前提にしている気がします。それも後押ししてか、たくさんの人と繋がりやすくなりました。 そんなメリットを見つつも、やはり脱noteを決断しました。万が一・億が一のリスクを考えると、どうしても、、、といった結果です。 まとめ:脱note こういったリスクマネジメントの話を考えるときは「その万が一のリスクがもし起こったとして、ほんとに許容できないの?」と自問自答します。 (この辺はマネーリテラシー・資産運用の知識があってよかったと思います) 大したことのないリスクなら、そのまま続行します。1週間落ち込む、なんてリスクなら余裕で続行です。資産運用も同じで、自分のリスク許容度との相談をなんどもします。 たとえば、会社のスタッフブログ運営とかならnoteでも全然問題ないと思うのです。バックアップを手動でとっておけばいいし、noteそのものが消えても致命的ではありません。 ところが人生のライフログにするなら話は別。定期バックアップとれる保守力の高いサービスを選びました。 同じく悩んでいる人の検討材料になれば嬉しいです。

【WordPress】Newspaper10日本語導入での躓きポイントと解説

WordPressの海外産テーマNewspaper10。頻発するトラブルや、躓きがちなポイントと解説をまとめてみました。

うまく はやく 書ける文章術の《文章の見取り図》でプロ級の文章を!

「文章の見取り図」で簡単にプロ級の文章力 いきなりですが、伝わる文章を書くのって難しいですよね。 僕は学生の時からずっと国語が苦手で、誰かに伝わる文章が書けません。 最近は有名ブロガーさんの記事と自分の記事を比べて「やっぱり自分の文章ってわかりづらいなぁ・・・」と悩んでます。 文章を書くのはすごく楽しいのに、誰にも伝わらない文章を生産してるんです。 これじゃつまらんので、「文章 うまく 書く 本」で検索して一番上に出てきた、「うまく はやく 書ける文章術」って本をポチりました。 これがホントいい本で、文章のプロがやっていることを初心者でも出来るように教えてくれます。 特に「文章の見取り図」が、文章下手に足りないものを全て補完して、ほんっっっとに分かりやすい。 文章のノウハウってたくさん転がってるんですけど、たくさんありすぎて忘れちゃいますよね。 今まで色々なノウハウを検索して仕入れてましたが、「文章の見取り図」はそのすべてをカバーしています。 「文章の見取り図」ってなに? 誰でもかける文章術! 上の画像のように、 ターゲットを明確にする ニーズを把握する 文章の目的を明確にする 読者の反応を決める メッセージを1つに絞る 文章の切り口を工夫する 文章のレベルを決める 文章のテイストを決める を1枚の紙にまとめて書き込んだもの。どれも考えないといけないことで、どれか1つ書けててもダメ。そして全部をリンクさせる。 思えば、僕は表現する楽しさに飲み込まれ、表現することだけを考えて書いてきました。 その表現は一方通行で、誰にも伝える気がなかったのかも知れません。 「愚痴をかっこよく書ければ立派な記事なんだ」そんなバカな考えで記事を書いていたんだと思います。 表現することが楽しいと思ったのは、自分の思いが伝わるからこそ楽しいと思ったんです。いつの間にか、伝えることを忘れていました。 だからこの「文章の見取り図」は本当に手放せないものになりました。 誰に伝えたいのか?なにを伝えたいのか?と考えることで、伝える楽しさを噛みしめることができるから。 どうでもいいんですけど、最近は検索で「部分的なノウハウ」を仕入れるのはやめました。「ひとまとまりのノウハウ」がわかる本を買うようにしています。やっぱ本って良い( ・∀・)イイ!! 実際に「見取り図」やってみたら、うまくなった。さすが書ける文章術 こんな感じです(字がきたない!) 適当に書いてみたら、各項目がリンクしないです。というか今までリンクしてなかった。そんな今までズレっズレ記事を書いてた僕が、メモ1枚でズレない文章が書ける。 伝えたい人に、伝わる文章。これってうまい文章への第一歩です。 ちなみに、書くスピードも早くなりました。筋が通って、書きやすくなります。しかも自然に文字数もあがります。 それと、電子よりも紙でやったほうが良いのでは、と僕は思う。 必要な情報が1枚にまとまって、ひと目で確認できるし、書いてないところは空白でわかりやすい。 いちいち枠線を引くのがめんどくさいから、様式作って印刷しとくと効率的ですね 書ける文章術の「見取り図」 ありなし 比較 理系っぽく、「見取り図」の効果を比較検討してみます。 比較対象は「見取り図」なしのこの記事と、 比較記事»ブログサロンに入会しようか迷っているサラリーマンブロガーへ、本当のメリットを伝えます。 「見取り図」あり 今読んでいるこの記事。 比較項目は、8つの項目がちゃんと設定されているかです。 では比較結果をドーン! すみません。なんにも考えずに書いてました。 まずおかしいのが 「ブログサロンに入会しようか迷っているサラリーマンブロガー」の 「ブログサロンのメリットを知りたい」というニーズに、 「ブログサロン入ってみて!」とメッセージを送ってる。 これじゃニーズは満たされないし、誰にも伝わらない。 対して、この記事はちょっとは成長したと自己満足。ちゃんと言葉のキャッチボールが出来てる。 見取り図書くだけでこの効果。というか今までの文章が自分勝手すぎるんです。 自分の考えを伝えるだけじゃなくて、とある誰かがどう思っているかも考えないと伝わらない。 文章とは見えないキャッチボールなんだ!と思う素人なのでした・・・ まとめ:うまく はやく 書ける文章術 感想 文章が簡単にうまく書ける「文章の見取り図」。ぜひお試しあれ。 ここでのあなたの反応は「次の記事を書くときにやってみよう」ですかね 関連記事»《新しい文章力の教室》プラモデルのように作文する構造シートがすごい!

日中忙しい社会人ブロガーでも、毎日1記事書ける方法【帰宅後編】

注意:この記事は前回【スキマ時間編】の続きです。前回を見ていない人はこちらへどうぞ 前編»残業地獄の社会人ブロガーでも毎日1記事書ける技⑥【スキマ時間編】 忙しくても毎日1記事【帰宅時間編】 皆さんこんにちは。今日は早く帰れて嬉しいマッワスです。 まずは前回【スキマ時間編】のおさらい。 50%のクオリティを目指す。 朝にネタを決めて、通勤時間はアイデア出し。アイデアはすべてメモ トイレでもネタについて考える 昼休みはキーワード取得ツールで、アイデアの補足 午後はタイトルを考える 帰り日で全体を補足 スキマ時間だけでも帰ってきた頃には、それなりにアイデアメモが充実してます。 【帰宅後編】では、日中作ったアイデアメモをフル活用して、帰宅後に一気に記事を書き上げます。 僕はアイデアメモが未完成でも【帰宅後編】に進んでいます。とりあえず書いちゃおう精神。 まずはアイデアメモを使って見出しを作る まずは見出しから。 見出しができれば、本文を書きやすくなり、布団に入るのも早くなります。 スマホのアイデアメモをパソコンへ スマホのアイデアメモをパソコンに同期。同期が簡単なのもevernoteのいいところー。 僕はオフライン環境で記事を書きたい(クラウド管理に慣れてないだけ)ので、パソコンのevernoteのアイデアメモ → ワードにコピペ。 ワードにコピーするときは、アイデアメモ全部コピーしてます。 ちなみに僕のパソコン(windows)はタスクバーを左に設置しています。 これには理由があって 文章を書くときには、画面が長いほうが作業しやすいから 会社のパソコンと同じ環境で違和感なく=フリーソフトなしで、作業効率をあげるため タスクバーが見やすい&使いやすいから といったわけで左。おすすめですよ! アイデアメモの箇条書きを並べ替える。 箇条書きで書いたものを、すべて見出しと考えて、並べ替えます。 多いときは20個くらい見出しができちゃいますが、後で減らすのでご安心を。 並べ替え方はテーマにもよりますが、自分はPREP法をよく使います。自分が他のブログを読んでで、一番わかり易いと思う書き方なので。 軽く説明しますと、 P=Point(結論) 前回【スキマ時間編で】、誰向けの記事で、読むとどうなるを考えてます。それを元にすると考えやすいです。 この記事なら、 ・誰向け:【スキマ時間編】を読んで、アイデアメモを作った人向け ・読むとどうなる:日中作ったアイデアメモをフル活用して、帰宅後に一気に記事を書き上げられる。 って感じ! R=Reason(理由) E=Example(事例、具体例) 本文に当たる部分で、アイデアメモの大半はR(理由)かE(事例、具体例)です。 僕が記事を書く時、R(理由)とE(事例、具体例)はよく入れ替わります。 「理由を1個書いて、具体例を上げる。また理由を1個書いて、誰かの引用をする」な感じ。 わかりやすく伝わるなら、良いんじゃないでしょうか!(超低レベル文章力) P=Point(結論を繰り返す) まとめです。詳細は後述してます! その見出し、接続できる? 「並べ替えたぞー!」と思って本文を書こうとしたら、「アレ、この見出し、俺の文章力じゃ事前に接続できねぇ」ってならないように、見出し同士の接続を確認します。 「だから」 「そこで」 「なぜかというと」 「しかし」 などといった接続詞で繋がるようなら、並べ替えは完了です。 いらない見出しは本文へ落とす アイデアメモが充実していると、見出しが20個くらいになっちゃいます。見づらい。 内容が被っているものとか、実体験などは本文へ落とします。後から本文を書くときに、書きやすくなって一石二鳥です。 見出しの体裁を整える メモ書きのため、見出しに適した言葉ではないです。 さっき見出しから本文へ落としたものも含めて、その章で何を話すのか、ひと目でわかるように見出し修正。 また、【スキマ時間編】で作ったタイトルには、キーワードが2つ入ってます。その2つのキーワードが見出しに出てくると、SEO的に良いらしいですよ。 関連記事《新しい文章力の教室》プラモデルのように作文する構造シートがすごい! タイトルをコピペ 日中にGOODなタイトルを考えた人はコピペ。 まだ考えてないときは、 タイトルにキーワードを2つ入れる 数字を入れる 修飾語を1つ入れる を意識して考えます。 2つのキーワードを見出しに入れるのを忘れずに! 今なら「まとめ」を簡単に作れる! PREP法の P=Point(結論を繰り返す) の部分ですね。 読むとどうなるをもう一回伝えて、まとめだけ読んでもわかる様に意識しつつ、記事を要約。 また見出ししか書いてないので、要約するのが簡単な今、短時間でまとめられます。 本文を書く 見出しの内容から逸脱しないように、本文を書いていきます。 見出しから本文に落とした部分(内容が同じのものや実体験を)が本文にあるので、結構書きやすいと思います。 また、太字や赤文字などの装飾は、後にしてます。書くときは書くことに集中。 装飾 本文を書き終えてから、一気に装飾することで、時短を狙います。 記事の修飾は太字、太字の赤文字の2種類だけ。 たくさん色があると見づらいし、色分けめんどくさいし。 修飾するのは、見出しの内容の重要な部分とか、強調したいところ。 見出しと太字だけ読めば、内容がわかるように心がけてます。 赤字は、太字の中でも強調したいときに。差し色? アイキャッチ、記事中の画像をつくる アイキャッチや記事中の画像作りで、僕がめっちゃ参考にするのがこのサイト。 【サルワカ】おしゃれなアイキャッチ画像の作り方&デザインのコツ8つ なんだこの美的センスは・・・同じ人間なのか・・・と震えながら、お世話になってます。 僕なりの工夫点をあげると、 とりあえず記事に関連する画像をあさる。多めに集めると後が楽。 アイキャッチ画像は、サムネサイズでも見やすいように、文字を大きくする ...

MacBookAirでのブログ執筆を楽しくする環境つくり。

Ulysses? Bear? iAwriter? マック対応のテキストエディタで、楽しくブログ執筆する環境を整えてみました。

残業地獄の社会人ブロガーでも毎日1記事書ける技⑥【スキマ時間編】

残業まみれブロガーのマッワスです。こんばんわ。 社会人で、就職しているとどうしても疲れてブログを更新しなくってしまいますよね。 僕もその1人で、帰った途端に疲れがドッとでて「今日は休もう、そうしよう」と寝てしまいます。でもやっぱり毎日書きたいんです。 そんな社会人ブロガーが、毎日1記事書くにはどうしたらいいだろう?と悩みに悩んで編み出した工夫を紹介します。 試行錯誤している最中ですが、一応、今のところ効果は出ていますよ。 こちらもどうぞ 【徹底比較!】サラリーマンブロガーに最適なブログサロンはどれ? 音声入力でブログを書こう!|話し方のコツ・おすすめアプリも紹介 【朝活】サラリーマンならブログは朝書け!ブログ×朝活のメリット⑤ はじめに:50%のクオリティが目標です。 これから紹介する方法は、仕事の忙しい社会人でも、50%のクオリティの記事を毎日作ること目標にしています。 なぜかって? 仕事終わりに気合い入れて書く気力ないんだもん。 日中ずっと仕事して、毎日遅くまで残業して、ヘロヘロになって終電で帰ってるんです!高いクオリティは求めずに、ちゃっちゃか書いて、さっさと寝る。 記事の修正は、早めに帰れる日とか、土日にやったらええんや。いい記事を書くには睡眠時間だって大切ですし。 また、今回【スキマ時間編】で紹介する方法は、日中のスキマ時間を活用して記事の大枠を作り、帰宅後に一気に仕上げる形を取っています。 仕事中は常にドタバタで、昼休みもない方には不向きです・・・ごめんぬ・・・(∵・ω・) 朝に今日書くネタ(テーマ)を決めて、通勤時間を有効活用 朝ご飯を食べながらこれにしよ~ってネタ(テーマ)を選んでます。 ついでに、誰向けの記事で、読むとどうなるのかもざっくり考えてます。後から導入に使います。 ちなみに、この記事だったら、社会人ブロガー向けの記事で、読むと働いてても毎日記事がかけるようになるよ!です。 そしたら、通勤時間中は今日のネタについて、アイデアを出す時間。 僕は30分歩いて通勤しているので、考える時間はたっぷり。歩いたほうが健康にもいいし、アイデアも出てくる気がします。満員電車疲れるし。 アイデアは箇条書きで、出てきた順番にメモしちゃってOK。これが見出しの元です。 ネタに関係する自分の実体験や反論意見なども考えると、後で書きやすいよ。 「待って、ネタのストックないよ!」って人は、日頃からネタをメモする習慣をつけるのがおすすめ。メモを取る習慣が付けば、ネタはどんどん増えていきますよ。 僕が使っているメモアプリは、定番のevernote。オフラインでも書けるし、メモを管理しやすくて重宝してます。 使っている人が多いので、Q&Aサイトや「evernoteの効果的な使い方!」なんて記事が多いのも魅力。 トイレタイムはアイデアタイム トイレ中はボーっとしてる?もったいない!トイレは1人の空間になるため、アイデアが出やすいアイデアタイムです。 そんなときに、ふと今日のネタについて考えてみると、いいアイデアが浮かんだりします。 一日に4回いったとしたら、4つもアイデアが生まれる!かもしれない。 もちろん仕事中は仕事に集中。さっさと仕事を終わらせて、早く帰れるのが最善ですからね。 昼休みはキーワード取得ツールで、アイデアを補足 午前中で、アイデア出しは一旦終わりです。 昼休み中はキーワード取得ツールで、今日のネタの関連キーワードを調査してます。 使っているのは「goodkeywords」。スマホで検索できますよ。 自分のアイデアにないキーワードが出てきたら、そのキーワードは自分の記事に足りない補足要素です。 今日のネタ(テーマ)に沿っている関連キーワードなら、アイデアメモに追加。 「先にキーワード取得ツールで調べたほうが早くね?」と思うかもしれませんが、僕はおすすめしません。 僕は先に関連キーワードを見ると、自分らしい切り口のアイデアが出なくなります。枠が決まっちゃうと、その枠で考えるタイプなので。 多分そういう人が多いんじゃないかな?ってわけで、おすすめしません 午後はタイトルを考える 午後も午前中と同じように、休憩時間やトイレタイムを使ってタイトルを考えましょう。 僕が意識しているのは、 タイトルにキーワードを2つ入れる 数字を入れる 修飾語を1つ入れる くらいです。まだまだ下手くそです。頑張ろう。 タイトル案はすべてメモしています。出てきたものを組み合わせると、いいものが出来たりします。 帰り道では、今日足りなかったことに時間を使う アイデア出しが足りなかったな~と思ったらアイデア出し。関連キーワード調べられなかったら、関連キーワードを調べます。 タイトルが固まらなかったらタイトルを考えます。 もし全部足りているのなら、有名人の言葉を探したりするのもいいかもしれません。説得力が出ます。 通勤が電車なら、スマホでアイキャッチも作れますよ。 まとめ 50%のクオリティを目指す。後から修正。 朝にネタを決めて、通勤時間はアイデア出し トイレタイムも有効活用 昼休みはキーワード取得ツールで、アイデアの補足 午後はタイトルを考える 帰り日で全体を補足 以上6つでした! これだけやっておけば、記事の大枠は完成 しっかり準備をしたおかげで、帰宅後スルスル書けるようになってます。 【帰宅後編】へ続く さて、ここまでで【スキマ時間編】は終わりです。 【帰宅後編】では、アイデアメモをフル活用して、帰宅後一気に記事を書き上げる方法を紹介しています ぜひご覧ください 続き»日中忙しい社会人ブロガーでも、毎日1記事書ける方法【帰宅後編】 こちらもどうぞ 【徹底比較!】サラリーマンブロガーに最適なブログサロンはどれ? 音声入力でブログを書こう!|話し方のコツ・おすすめアプリも紹介 【朝活】サラリーマンならブログは朝書け!ブログ×朝活のメリット⑤

【アフィンガー4】スマホでメニューを固定する方法!|30分で完成

グローバルメニューを画面に固定すれば、どこからでもホームにアクセスできます。 回遊率が上がってアクセスアップにも繋がる便利な機能です。 ブログのアクセスの80%くらいが「スマホ」の時代です。 スマホ時代に合わせて、ブログもスマホ向けにカスタマイズしましょう。 当ブログもスマホで見ると、下にメニューが出てくるはずです。 こんな感じのメニューを作ってみましょう! 今回は「アフィンガー4」で「スマホで追尾するグローバルメニューの作り方」を紹介します。 30分で作って、アクセスアップ! アフィンガー4でスマホ用メニューを作ろう スマホ用のメニューは幅を小さくする必要があります。 そこで、パソコンで表示されるメニューと、スマホで表示されるメニューを別々に作りましょう。 まずはワードプレスの編集画面から「外観」→「メニュー」でメニューの編集画面へ。 「スマートフォンフッター用メニュー」を選ぶのを忘れずに! 最後に「メニューを保存」してスマホ用メニューの完成です。 スマホは画面が細いため、メニューの項目は多くても5つ程度にしましょう。 アフィンガー4のメニュー設定をしよう 先ほど作ったスマホ用のメニューが、ブログでどのように表示されるか設定します。 ワードプレスの管理画面から、「AFFINGER4管理」へ。 さあ、自分のスマホでブログを見てみましょう! 画面下にメニューが固定されているはずです。 ちなみに「スマホ用アコーディオンメニュー」は、ハンバーガー型のメニューのことなんですよ。 ハンバーガー型メニューの方がしっくりくるよね アフィンガー4のメニューにアイコンをつけよう! メニューは固定できたけど、なんか味気ない・・・ では、メニューのそれぞれの項目にアイコンをつけてみましょう! 各項目がわかりやすくなって、ポップな見た目になりますよ! まずは「外観」→「メニュー」と進み、さっき作ったスマホ用メニューの編集画面に入ります。 肝心のアイコンはFont AwesomeというサイトからHTMLタグをコピーして貼り付けるんです・・・ アフィンガー4では最新版のアイコンに対応していないみたいです。 少し古いアイコンが紹介されているサイトからお借りしましょう。 Webフォント「Font Awesome4」の使い方 使いたいアイコンが見つかったら、 アイコンのHTMLタグをコピーして、ナビゲーションラベルに貼り付けます。 貼り付けたHTMLタグの後ろに <br/> と追記。 <br/>の後ろにアイコンの名前を書きましょう。 要は、 アイコン 改行(<br/>) ガクマーケの井上って誰よ? と書くわけですね!   これで終わりです。お疲れ様でした!   さて、最後にスマホで自分のブログをチェックしてみましょう。 どうですか?ちゃんとアイコンが表示されていますか? 文字化けしている場合は、アフィンガーに対応していないアイコンを使った可能性が高いです。 別のアイコンで試してみてください。 まとめ スマホでグローバルメニューを固定する方法を紹介しました。 作り方をおさらいしますと、 スマホ用のメニューを作る ...

ライター紹介

アバター
作家。1994年生まれ。北海道育ち。ライターと、ウェブマーケターの2足のわらじをはいた、おじさんのような顔をした若造。

最新記事