読むと、お金に強くなる

読むだけで、お金に強くなるブログ

ホーム マーケティング

検索結果 - マーケティング

心をエグるクソリプ批判から精神を健全に守る理論武装

情報発信者としては、些細なクソリプ批判一言でも気にしてしまったり、ストレスになったりしますよね。そんなクソリプ批判に対して、どう向き合えばいいのか、考えてみました。

M1版MacBook Airのモバイルバッテリーを買ってみた【Anker PowerCore Essential 20000 PD】【Anker PowerPort Atom III 45W Slim】

M1版MacBookAirに使えるモバイルバッテリーがわかる 買い物に失敗しなくなる M1版MacBookAirユーザー Proでも大丈夫だよ! こんにちは、ガクマーケティングの井上です。 私のメインpcであるMacbook Air(M1チップ搭載)のモバイルバッテリーを購入しました。 その商品レビューと、MacBookAir用のモバイルバッテリー購入時の、注意点をご紹介いたします。 その辺に売ってるモバイルバッテリーだと、充電できないこともあるので、ご注意くださいませ〜 電池持ちがいいM1版MacBookAirに、わざわざモバイルバッテリー? M1チップ搭載のMacはバッテリー持ちが非常によく、丸1日使用しても持つくらい。しかしMac本体のバッテリーを消耗させたくなくて、『囮のバッテリー』として購入しました。 MacBook Airの充電回数には上限があります。確か、0から100までを1,000回充電したら寿命のはず。 交換もできるみたいなんですが、なかなかいい値段がするようです。もともと電池持ちがいいので、多少劣化したとしても十分問題ないとは思うんですが、ちょっと心配なところはありますよね。 本体は何十万円もするし、交換にも何万円かかるMacBook Airのバッテリーを使うよりも、屋外では5000円くらいで調達できるモバイルバッテリーを電源にして、そっちを劣化させた方がお得なんじゃないかなぁと思って、モバイルバッテリーを買ってみました。 M1版MacBookは、電源に繋がっている間は、本体バッテリーを使わずに動作します。外部電源に繋ぐことで、本体バッテリーの劣化を防げるはずです。 しかし、コンビニに売っているようなモバイルバッテリーだと動きません。 そのあたりの注意点や、絶対に買わなきゃいけないものなどをご紹介します。 M1版MacBookAirのモバイルバッテリーを買うときに、揃えなきゃいけないもの PD出力に対応したモバイルバッテリー本体PD出力に対応した『モバイルバッテリーの充電器』 MacBook Airに充電できるモバイルバッテリーは『PD出力』という特殊な出力に対応したモバイルバッテリーを買わないといけません。 PD出力ができないモバイルバッテリーだと、モバイルバッテリー→MacBookへの充電ができません。 PD出力に対応しているかどうかは、商品情報を見ればおそらくわかると思います。アマゾンで検索する時なんかも、『PD出力 モバイルバッテリー』なんて検索するとズラーッと出てくると思います。 そして、PD出力のバッテリーを充電するには、PD出力ができるコンセントを買わないといけないです。 このコンセントを買い忘れるのがよくある落とし穴みたいで。 PD出力対応モバイルバッテリーのAmazonレビューなんかを見ると、「充電ができなかった」とのレビューが多くあります。 恐らくこういったレビューは、通常のUSB電源から充電しているのだと思います。通常のUSB電源からでも充電はできるんですが、めちゃくちゃ時間がかかるらしいです。丸1日とか。 Mac純正の充電器でももしかしたら充電できるのかもです。(詳しくないので試していません。すみません!)もしMac純正の充電器で充電できるにしても、その間は本体バッテリーを使うことになるので本末転倒っちゃあそうです。 まとめると、M1版MacBook Airに対応したモバイルバッテリーを買うときは、モバイルバッテリー本体と専用の充電コンセントを一緒に買いましょう。 M1版MacBookAir対応モバイルバッテリー『Anker PowerPort Atom III 45W Slim』 さて、ここからは私が買ったモバイルバッテリーと、コンセントのレビューをしていこうと思います。 どちらもアンカー製のものを購入しました。少し高くつきましたが、長持ちさせたいこと、そして軽量化させたい思いがあったので、品質の良いアンカーを選びました。 あけてみる (画像きたないな・・・) ファーストインプレッションは、思っていたより小さくて薄くて軽い。 5年ほど前に買った2万mAhのモバイルバッテリーは、ごつい長財布ぐらいのサイズ感があったんです。しかも重たくて持ち歩くのが大変だったんですが。 こちらは1000円札よりも小さいくらいでしょうか、横にTポイントカードを置いてみましたが、かなり小さい。 あと、軽いです。毎日持ち運ぶため軽いものを、と思っていたんですが、これだったら鞄に入れても苦じゃないですね。 側面と裏面はただのプラスチックなので、まぁそこまでこだわったものでもないです。 モバイルバッテリーと、MacBookAirを接続すると、自動で充電がはじまります。 中央のボタンを長押しするとランプが緑色に光ります。これは、低電力モードといって、高出力を必要としない場合に使うそうです。イヤホンの充電とか。 ちなみに、PD出力対応のモバイルバッテリーの中にはコンセントと一体化しているやつもあります。私、最初はコンセントと一体化しているモバイルバッテリーを買おうとしたんですが、どうも重たいみたいなんですよね。 たまに持ち運ぶぐらいなら、コンセント一体型の方が物も増えなくていいと思います。私みたいに毎日持ち歩くのであれば、別にコンセントを買って、軽量化させた方がいいんじゃないでしょうか。 使ってみた感想 マック本体に接続してバッテリー情報を見ると、『電源:電源アダプタ』と表示されています。うん、これでオッケーですね スタバで2時間ほど使いましたが、青いランプはひとつも減りませんでした。 20,000mAhで足りるかなぁと心配でしたが、これなら問題なさそうですね。 これ以上になると、もっと高価になります。かといって、10,000mAhだと心許ない。仮にモバイルバッテリーが切れたとしても、MacBook Air本体のバッテリーもある訳ですし、20,000mAhが妥当かなぁと思っています。 それと一緒についていたモバイルバッテリーをしまうケース。これがいい感じ。柔らかくてクッション性のある、巾着のようなメッシュ素材。モバイルバッテリー本体とケーブルを一緒にしまっておくと良さそうです。 ネックは値段。約6,000円。モバイルバッテリーとしてみると高いんですけど 10万円を超えるMacBookAirの本体バッテリーを、たった6,000円で守れる発火事件の相次ぐ、下手なノンブランドよりも安心(MacBook燃えたら泣ける)小さくて持ち運びやすい。ケース・ケーブル付きだから、追加の出費もない などの理由で、たしかに値段は高いけど、トータルで見ればAnker PowerCore Essential 20000 PDがベストなのかなぁと思います。 3000円くらいの安いモバイルバッテリーかって、失敗して3000円無駄にするのが一番いやですからね。。。 良い買い物をしたなと思います。安物買うよりも、ちょっといいやつ買うのって大切ですね。 モバイルバッテリーの充電器『Anker PowerPort Atom III 45W Slim』 PD出力対応のモバイルバッテリーと一緒に必ず揃えなきゃいけないのが、PD出力に対応した、充電器コンセント。これもモバイルバッテリーと同じアンカーで揃えました。 他のメーカーにするのが怖かったというのが正直なところ。 では開封してみましょう。 これ、ひとつでなんと2000円もするんですが、まあ要するにただのコンセントです。あけたらコンセントしか入ってないです。 質感はさっきのモバイルバッテリーと同じような加工です。 ケーブルは入っていません。ここ、注意ですね 構造は単純。折り畳み式のプラグを開いて、コンセントにさす。出力はUSBタイプCのみ。 接続したらこんな感じです。コンセント本体の横幅が結構広いので、場所によっては干渉するかもしれません。 先程の20,000mAhのモバイルバッテリーだと、一晩放っておいたら満充電になってました。充電がいっぱいになったら自動で止まるよう。朝になったら充電ランプ付いていなかったので。 まぁ、ただのコンセントですね。PD出力対応ってのが違うだけ。 まとめ:M1版MacBook Airのモバイルバッテリーを買ってみた M1版MacBookAirで使える(実際に使っている)モバイルバッテリーをご紹介しました。 注意点としては PD出力に対応したモバイルバッテリーが必要PD出力に対応した充電器(コンセント)が必要 ってところです。 モバイルバッテリーとコンセントの2つを揃えないといけないので、ちょっとお高くとまります。 でも、何十万円もするMacBook本体のバッテリーを劣化させるよりは、6,000円のモバイルバッテリーに囮になってもらった方が気が楽です。 日頃から持ち運びたい方には、Anker PowerCore Essential...

今すぐマネたい!ブログのトップページ参考リンク集

最先端のブログトップページを特集!アクセスUPや、回遊率UP、ブランディングまで、参考なるトップページを集めました。

【悪用現金】本を買わずとも、無料で内容を見れちゃう方法|書評記事のあり方を考える

書評ブログによっては、内容のほとんどを公開してしまっているものも。そういった書評ブログを悪用することで、本を買わずとも、内容を大まかに理解してしまう方法があります。

Newspaper10にAMP導入するときの覚書

Newspaper10にAMPを導入するときのトラブった内容を、Q&A形式でまとめました。

【WordPress】Newspaper10日本語導入での躓きポイントと解説

WordPressの海外産テーマNewspaper10。頻発するトラブルや、躓きがちなポイントと解説をまとめてみました。

【WordPressテーマ】Newspaper10導入!日本語での使用感は?感想とメリットをまとめてみた

海外製wordpressマガジンテーマ「Newspaper10」を日本語ブログに導入!果たして綺麗に使えるのか、感想をまとめてみました

Notionとブログの相性を本気出して考えてみた

こんにちは。ガクマーケティングの井上です。 今日は『Notion』と『ブログ執筆』の相性について考えてみました。Notionはまだまだ始まったばかりのソフト。ブログに使っている人もあまり多くないと思います。 以前にも似たような記事(Notionとブログ(WordPress)は相性抜群。今後のスタンダードになるかもしれない)を書いたのですが、Notionが面白くて、ついつい書いちゃいます。 私の使い方が最適解とは思いませんが、実際の私の使い方もご紹介いたします。こんな使い方もあるよと、比較の一例にしてもらえれば嬉しいです。 前提として。使っているパソコンは、MacBook Air m1チップ搭載のやつ。シングルディスプレイで、外付けのマウスやキーボードを使っていません。スマホはAndroidで、特に親和性のないものを使っています(oppo 2020) ネタ帳をDBにして、シームレス化 Notionとブログを組み合わせて1番便利なのはこれ。データベースから記事をシームレスに書けます。さらに、ネタごとにカテゴリーや記事の公開状況を記録でき、ソートできます。 詳しくは「Notionとブログ(WordPress)は相性抜群。今後のスタンダードになるかもしれない」でも解説しています。Notionをブログに活用するときの、醍醐味の部分です。データベースの概念は最初は難しいかもしれませんが、慣れたらとっても面白いのでぜひご覧ください。 https://item-for-you.com/notion-wordpress/ あまりにも同じことを言うので「もう散々聞いたよ!」 という声が聞こえてきそうです。ですが、何度でも言いたくなるほど素晴らしいのです。 ブロックエディタなのが嬉しい Notionはブロックエディタ。WordPressと近い感覚で表示されます。 なので、画面を拡大しまくるとスマホのような画面幅で表示できます。小技というか、無理やりな方法ではありますが。あまりにも長い段落だと改行したり〜なんてことができます。 それと、Notionで書いた文章を、WordPressに貼り付けするときに、ずれることがあまりないです。 わかる人にはわかると思うんですが、Evernoteなんかで文章書いて、コピーしてWordPressに貼り付けすると文章がズレるんです。これを直すのが本当に面倒臭いんです! 正直言うと、ブロックエディタなんてものが使われているのは、WordPress位だと思います。 だからブロックエディタに対応しているテキストエディタがなかなかないんです。 そのへん、同じブロックエディタのNotionだとずれない(ずれにくい)のです。改行がずれたら、修正に結構な時間がかかりますから、予防できるのは嬉しいですね。 音声入力しやすいmacだと、なお便利 ブログをやるなら音声入力はぜひ活用したい機能。3つほど見出しを用意して、それぞれのテーマについて話せば、あっと言う間に、そこそこの文字量のコンテンツが完成します。 しかし、Notionには音声入力の機能はありません。Macであれば標準で搭載されている音声入力機能が優秀で、様々なテキスト入力に使えます。もちろん、Notionにも。 Googleドキュメントと比べると多少精度は落ちますが、Mac標準搭載の音声入力もなかなかやります。ブログくらいなら、ぜんぜん問題なく使えると思いますよ。 別にmac信者ではありません! win歴のほうがずっと長いです。ただ、macの音声入力がここまで優秀とは思っていませんでした。いや、windowsの音声入力が貧弱すぎるのか…? (windowsの標準搭載 音声入力が使い物にならなかったので、Googleドキュメントで音声入力してコピペしてなんて作業していたの思い出します。音声入力の進化に驚いていた、いい思い出です。 Googleドキュメントは自動保存中は音声入力が止まらないようになれば完璧なんだけど…) 話を戻しまして。 Notionは、TyporaやUlysessのような『書くためのエディタ』じゃありません。なのでフォントや行間の設定には弱いです。 『書くことの気持ちよさ』を追い求めるなら、Notionはミスマッチだと思います。これは『一元管理の気持ちよさ』を追う人の性癖にささるのです。 だからテキストエディタとして比較すると、Notionは貧弱です。その辺を気にしないで、音声入力でざくっと書いちゃうのが良いかと思っています。 CotEditorで表記揺れを修正 音声入力で書いているので、表記揺れが出ます。1つ1つ修正するのは手間なので、一括置換で修正します。 が、Notionには置換機能がありません。仕方ないので、CotEditorにコピペして一括置換。CotEditorでの表記揺れ修正が終わったら、Notionにもう一度貼り付けます。 最後にNotionのデータをワードプレスに貼り付け。NotionもWordPressの両方がマークダウンに対応していて、どちらもブロックエディタなので、この貼り付けはズレずに、一発で終わります。 Typoraとかはエクスポートしていたのですが、その手間がなく、単なるコピペでいいのは楽です。(その代わりCotEditorへ一回コピペしてるけど) 今後アップデートでNotionに期待すること ブロガーとして今後のアップデートで追加して欲しい機能は、 行間と文字間の調節機能折り返し幅の設定機能一括置換機能 特に一括置換機能。早く実装してほしいですね。これがあるだけでも、かなり手間を省けます。 まだまだこれから盛り上がっていくNotionだと思います。アップデートにも期待しちゃいますね! まとめ:Notion×ブログは伸びしろたっぷり 今日は『Notion』とブログ執筆の相性について考えてみました。以前にも似たような記事を書いたのですが、Notionが面白くて、ついつい書いちゃいます。 Notionは執筆用に作られたソフトじゃありません。テキストエディタとしては、まだまだ足りない機能はあります。 しかし、WordPressと相性抜群なブロックエディタである事と、データベースからのシームレスな記事執筆。これはNotionの特権かと思います。(他にもあったら教えてください!) まだまだ駆け出しのソフト。アップデートで良くなっていく段階だと思います。ブログに便利な機能がもっとたくさん出てくるかもしれません。楽しみですね!

Notionとブログ(WordPress)は相性抜群。今後のスタンダードになるかもしれない

話題のNotionがブログ・WordPressでも大活躍。データベースを使ったネタの管理と、シームレスな記事執筆。マークダウン対応で、次のスタンダードになりそうだ。

自己投資としてのブログ。お金を求めないブログ。

こんにちは。ガクマーケティングの井上です。 2021年、自身の資産運用スタイルをどうしていくか考えていたら、パッと浮かんだ疑問がある。 「資産運用は今まで通りでいいけど、自己投資はどうしようか」 お金の投資っていうのは、個人投資家ならインデックス投資一択だということを再確認したから問題ない。だが、自己投資はどうあるべきだろうかと疑問に思ってしまったのだ。 ブログを自己投資として続けていく。という発想である。今日は、ブログに求める価値、ブログを続ける意味をもう一度考えてみる。 自己投資はどうあるべきだろうか 自己投資はお金の話ではない。たぶん、時間の話だと思う。月に1万円使おうが、10万円使おうが、結局は自己投資にかける時間で将来の"複利"につながるのだと思う。 お金に限って言えば、KindleUnlimitedや、Audibleなど、まぁまぁ使っているのだけど。でも結局読んでない意味がない。やはり自己投資はお金ではない。 ではブログはどうだろうか。やはり情報発信者として記事を公開するなら、それなりに裏はとる。分かりやすいように言葉を噛み砕く。もちろん読者の為であるが、それ以上に自分に返ってくるものがあると思う。 ブログを書いている時間は、知識をアウトプットすることと、正しい情報を仕入れるインプットが並行する。ひょっとすると、効率の良い自己投資になるかもしれない。 そう思ったから、2021年からブログをもっと頑張ってみようと思う。 ブログに何を求めるか ブログをはじめたのは2017年。お金を求めて初めた。ブログは続かなかった。当時は想定していなかったのだが、喉から手が出るほど欲しいお金は、諦めてしまうことができるのだ。今の生活に満足しようと、心を整形することで。 だけれども、お金ではない価値が、ブログにあるはずだ。 思い返すと、最近、ずっとお金について考えている。足が前に進まないのはそのせいだ。 ちょうどお金が飛び出ていく用事が連続し、すっからかんになったこともあり。喉から手が出るほど、お金がほしい。 しかし「1億円あればいい」ではない。困ったことに、井上岳という人物は、お金に対する強い欠乏感がある。仮に1億円貯金したって、この人は不安で夜も眠れないだろう。 安心するのは、どうあっても稼げる自信がついたときだ。 であれば、お金を求めてブログを書くのは間違っている。自分にもっと自信を持つために、実力をつけるために、自己投資のために、自分のためにブログを書くことは、非常に理にかなっている。将来のための自己投資である。 ここまで書いて、気晴らしの炭酸水を飲んだいま、気づいた。ぼくはお金が大好きで、お金のことなら四六時中かんがえていられるのだが、最後には「お金のことを考えないようになりたい」のだ。お金が大好きなのではない。お金のことが心配なだけだ。 安い賃貸を借りるのも、食費を削るのも、灯油代を抑えるのも。日々の支払いを少なくすることで、お金の心配を減らそうとしているのかもしれない。 言語化すると、こういう発見もあるんだ。ブログの良いところなのかもしれない。 メディア運営者として 自分のためのブログを書くことは決まった。では、SEOもせず、適当な文章を書き殴るのは最適か。最適ではない。 どうせ書くなら、最低限のSEOと、編集者目線をもって校正し、読者に優しい文章を書いたほうが効率が良いと思う。時間の。 個人的な経験で、SEOを意識するなら2,000文字を書きたいと思っている。それが大変なのだ…。かといって、1,000文字で書いて後日追加するのも、精神的に難しい。書きたい内容は毎日変わってしまう。昨日書いた記事の続きを書こうにも、昨日書いた内容にはもう興味がないのだ(SEOのために作業としてリライトするならいいんだけど) 毎日書きたいのは山々だけど、実際そうもいかない日がたくさんある。自分の体力の無さでは、無理をしようにも限度があるのは、26年生きてやっと理解してきた。自己投資としてのブログ・メディアとしてのブログ、この塩梅をどうするかが、大きな問題になりそうだ。
アバター
1994年生まれ。月商1億円規模のECサイト運営しているWEBマーケター。複業ではSNSマーケで130万円の利益をあげたり、実店舗のWEB集客コンサルしたり。前職は市役所と北海道庁の併任勤務をしたキャリア公務員でした。公務員として培った税金の知識・マネーリテラシーを活かしたFPもやるなんでも屋です。

最新記事