ガジェット

【レシピ紹介】AutomatorでKindle電子書籍をコピーする方法

Kindleの本を、PDFで保存しよう。

Mac標準搭載のAutomatorと、無料公開されているXnConvertというアプリをつかって、誰でも簡単にコピーできる。

PDFにしてしまえば、さまざまなメリットがある。オフラインでも読めるし、iPadとApple Pencilで「本に手書きメモ」ができたりする。

なお、書籍の複製は、私的利用なら合法である。しかしもちろんのこと、複製したものを他人に渡したりたり、私的利用の範囲を超えると違法になるのでご注意いただきたい。

Kindleのような合法サイトで配信されている電子書籍のスクリーンショットを撮影するのは「問題ない」という。もちろん、違法にアップロードされたコンテンツをスクリーンショットするのは違法となる。
(中略)
法律上は、データそのものにコピーガードの仕組みがあった場合、それを解除してデータを複製したら違法になるという。

https://lovemac.jp/1051

AutomatorでKindle電子書籍をコピーするレシピ(Automator)

Automatorを起動して、以下と同じようなレシピを作ってください。

automatorでkindle電子書籍をコピーする方法
ループの回数は、ページ数にあわせて都度変更する必要がある。

このうち、「操作を記録」となっている部分は、マウスのクリック位置を記憶しているものだ。Kindleで次のページに進むようにクリックした操作を記録している。右上の赤いボタンから記録できるので、あなたのパソコンで記録してみて欲しい。

いろいろと動作するワークフローだが、ようするに「スクリーンショットをとって→次のページへ」を繰り返しているだけだ。

このように画面を配置して、準備ができたらワークフローを走らせる。

automatorでkindle電子書籍をコピーする方法
画面全体を撮影するため、こんな配置でOK

次の行程では、これを本1冊分にトリミングすることになる。ちょうど良い画像編集アプリがあるので、それを活用していく。

スクリーンショットを加工するアプリ

「XnConvert」というMacアプリを使用する。AppStoreから無料でDLできると思うので、探してみて欲しい。このアプリは、指定ピクセルで画像をトリミングする機能がある。複数画像に一括操作できるので、うってつけだ。

まずは入力タブに、画像を一括でインポートする。

automatorでkindle電子書籍をコピーする方法

次に動作タブで、画像の切り取り位置を指定する。イラストレーターなどの画像編集アプリがあれば、それを使ってピクセルを計測する。なければ、このあたりのWEBアプリを使ってみるのがオススメだ»画像ピクセル測定アプリ

automatorでkindle電子書籍をコピーする方法

変換がうまくいけば、ここで完成である。

複数のpng画像をPDFに結合するレシピ(Automator)

上記で完成はするのであるが、大量のpng画像を保存することになる。ページ管理をするのも面倒なので、PDFにまとめてしまった方が、何かと楽だろう。これまたAutomatorの力を借りて変換してみる。

以下のようなレシピで、複数のpng画像をPDFに結合できる。

automatorでkindle電子書籍をコピーする方法
指定されたFInder項目を取得するところに、トリミング済みのpng画像を放り込む

あとはHDに保存しておくだけだ。オフラインでも読めるし、iPadとApple Pencilで「本に手書きメモ」をしたり、存分にPDFらしさを活用しよう。

容量をかなり食うので、専用のSDDなどを持っておくのも良いかもしれない。

最近のオススメ本たち
»【要約・読書メモ】人に頼む技術 コロンビア大学の嫌な顔されずに人を動かす科学 – ガクマーケティング
»【読書メモ】人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている – ガクマーケティング

ABOUT ME
イノウエガク
イノウエガク
運営責任者/ライター: イノウエガク 北海道在住のライターです。 olbb(株)取締役、ガクマーケティング代表 市役所と北海道庁職員を併任した後、WEBマーケターに転職。2年後に独立し、現在はライター&経営者をしています。 「働き方をもっと自由に、だけど堅実に」がモットー。 ■もう少し詳しく ≫個人的なプロフィールはこちら ≫ライターとしての活動実績などはこちら(外部リンク) ≫ワタシのシュウカン ≫ワタシのサブスク