【対策】アフィンガー5(WING)で503エラー!僕はこれで治りました

アフィンガー5(WING)で、503エラーが出て困っている?

公式で案内している テーマやプラグインが上手く動かないときのチェックポイント を全て試したのに、503エラー?

 

それなら、ワードプレスのプラグイン「WP Fastest Cache」でキャッシュを削除してみましょう!

僕はこれで、503エラーが解消しました。

実はキャッシュ削除は少し危険な作業。

しっかりと手順を解説してますから、よく読んで作業してくださいね!

アフィンガー5(WING)の503エラー対策には「WP Fastest Cache」

ワードプレスのプラグインを使って、キャッシュを削除します。

ブラウザのキャッシュ(履歴を削除)ではありません。

クロームで履歴を削除する、とは違いますよ

では、手順を説明しますね。

WP Fastest Cacheをインストールする

プラグインの新規追加から、「WP Fastest Cache」をインストールしてください。

その後有効化。

説明しなくてもできる・・・よね?

WP Fastest Cacheの設定をする

キャッシュを削除する前に、削除方法を設定します。

「なにを消すのか」を指定してあげます!

WP Fastest Cacheの設定画面へ

ワードプレス管理画面の左下のチーター(?)をクリック。

WP Fastest Cacheの言語を日本記に

するとこの様な画面が出ます。

日本語対応しているので、ますは日本語表記にしましょう

WP Fastest Cacheで削除するものにチェックする

上の画像でチェックしている箇所は、僕がやってみて、アフィンガー5が動くようになったときと同じチェックです。

難しいことを考えたくないなら、同じようにチェック!

チェックしたら、変更を保存。

WP Fastest Cacheでキャッシュを削除!

ボタンが2つありますが、上の「キャッシュの削除」をクリック!

これで、キャッシュが削除されます。

作業はまだあります!最後まで見てね!

パーマリンクを設定する

管理画面 > 設定 > パーマリンク設定 > 変更を保存

テーマを変えた際は、必ずパーマリンクを更新してください。

アフィンガー5(WING)のオリジナルカスタマイザーを確認する

アフィンガー5管理 > デザイン > オリジナルカスタマイザーを使用する にチェック。

チェックがついていることを確認して、Saveしてください。

ブラウザのキャッシュを削除する

使用しているブラウザのキャッシュを削除します。

Chromeなら、履歴 > 閲覧履歴データを削除する でOKです。

503エラーでワードプレスの管理画面に行けない場合

サーバーからアフィンガー5(WING)を削除してしまいましょう。

選んだテーマがサーバーから削除されると、テーマは自動で「Twenty Seventeen」に変更されます。

ご安心を!

サーバーからテーマを削除する方法(Xサーバーの場合)

ファイルマネージャー > ブログのドメイン名 >  public_html > wordpress >  wp-content >  themes

そこある affinger5 と affinger5_child を削除!

これでテーマが「Twenty Seventeen」に自動で変更されます。

ブログにアクセスして、「WP Fastest Cache」でキャッシュを削除しましょう。

まとめ

WP Fastest Cache でキャッシュを削除すると、アフィンガー5の503エラーは解消されました!

 

実は、プラグインを使って、ワードプレスのキャッシュを削除するのは少しだけ危険です。

「WP Super Cache」を使ったら、ブログが真っ白なんだけど!って怖い話もあります・・・

しかし、WP Fastest Cache なら、僕のブログは問題なし。

お試しあれ!

ABOUT ME
まっわす
3ヶ月で公務員試験に合格したので、そのノウハウを発信中! 質問コーナーもあるので、どんどんコメントしてね。 ただいまメルマガ準備中!
忘れない記憶をつくる勉強ノウハウをつめこんた1冊の資料をつくりました

3ヶ月で公務員試験に合格できた、

私の勉強方法をまとめた ebook ができました。

 

無料でダウンロードできますので、

是非あなたの勉強のお役立てください。

コウムノートのEBOOK

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。