読むと、お金に強くなる

読むだけで、お金に強くなるブログ

【対策】アフィンガー5(WING)で503エラー!僕はこれで治りました

アフィンガー5(WING)で、503エラーが出て困っている?

公式で案内している テーマやプラグインが上手く動かないときのチェックポイント を全て試したのに、503エラー?

それなら、ワードプレスのプラグイン「WP Fastest Cache」でキャッシュを削除してみましょう。

僕はこれで、503エラーが解消しました。ところが、キャッシュ削除は少し危険な作業。そこで手順を残しておくことにしました。

アフィンガー5(WING)の503エラー対策には「WP Fastest Cache」

ワードプレスのプラグインを使って、キャッシュを削除します。

ブラウザのキャッシュ(履歴を削除)ではありません。

クロームで履歴を削除する、とは違いますよ

では、手順を説明しますね。

WP Fastest Cacheをインストールする

プラグインの新規追加から、「WP Fastest Cache」をインストールしてください。

その後有効化。

WP Fastest Cacheの設定をする

キャッシュを削除する前に、削除方法を設定します。「なにを消すのか」を指定してあげます。

WP Fastest Cacheの設定画面へ

ワードプレス管理画面の左下のチーター(?)をクリック。

WP Fastest Cacheの言語を日本記に

するとこの様な画面が出ます。

日本語対応しているので、ますは日本語表記にしましょう

WP Fastest Cacheで削除するものにチェックする

上の画像でチェックしている箇所は、僕がやってみて、アフィンガー5が動くようになったときと同じチェックです。

難しいことを考えたくないなら、同じようにチェックしていただいても問題ないと思います。チェックしたら、変更を保存。

WP Fastest Cacheでキャッシュを削除!

ボタンが2つありますが、上の「キャッシュの削除」をクリック。

これで、キャッシュが削除されますが、作業はもう少し続きます。

パーマリンクを設定する

管理画面 > 設定 > パーマリンク設定 > 変更を保存

テーマを変えた際は、必ずパーマリンクを更新してください。

アフィンガー5(WING)のオリジナルカスタマイザーを確認する

アフィンガー5管理 > デザイン > オリジナルカスタマイザーを使用する にチェック。

チェックがついていることを確認して、Saveしてください。

ブラウザのキャッシュを削除する

使用しているブラウザのキャッシュを削除します。

Chromeなら、履歴 > 閲覧履歴データを削除する でOKです。

503エラーでワードプレスの管理画面に行けない場合

サーバーからアフィンガー5(WING)を削除してしまいましょう。

選んだテーマがサーバーから削除されると、テーマは自動で「Twenty Seventeen」に変更されます。

ご安心を。

サーバーからテーマを削除する方法(Xサーバーの場合)

ファイルマネージャー > ブログのドメイン名 >  public_html > wordpress >  wp-content >  themes

そこある affinger5 と affinger5_child を削除。

これでテーマが「Twenty Seventeen」に自動で変更されます。

ブログにアクセスして、「WP Fastest Cache」でキャッシュを削除しましょう。

まとめ

WP Fastest Cache でキャッシュを削除すると、アフィンガー5の503エラーは解消されました。

実は、プラグインを使って、ワードプレスのキャッシュを削除するのは少しだけ危険です。

ブログが真っ白なんだけど!って怖い話もあります・・・今回ご紹介した方法なら、僕のブログは問題ありませんでした。

真っ白にならないように、バックアップがあると安心ですね。

アバター
ガクマーケティングhttps://item-for-you.com/
作家。1994年生まれ。北海道育ち。ライターと、ウェブマーケターの2足のわらじをはいた、おじさんのような顔をした若造。

あわせて読みたい

ランキング

最新記事

ライター紹介

アバター
作家。1994年生まれ。北海道育ち。ライターと、ウェブマーケターの2足のわらじをはいた、おじさんのような顔をした若造。

最新記事

カテゴリー

公務員試験メニュー