読むと、お金に強くなる

読むだけで、お金に強くなるブログ

マーケターのキャリアプラン、アフターコロナで「陳腐化」?

ラーメン屋がマーケターを雇う日も来るかもしれない。

コロナウイルスで、急激にネット通販や、ウェブマーケティングが加速し、マーケティング職の人手不足はさらに加速した。

これからはウェブの時代だ。マーケターは、一種の花形職業になる未来もある。転職が売手市場で、ホワイトで、稼ぎやすそうな「美味しい職業、マーケター」に、人が集まってくる。業界に詳しくない人だって、そこらにいる中学生だって「これからはWEBだ」と思うだろう。マーケターは、安易に「食っていける職業」と捉えられる。

マーケターが増える。同じようなスキルをもったマーケターが量産され、陳腐化する。マーケターという職種のなかで、どうやって生き残っていくかが課題だ。

そう遠くない、マーケターの陳腐化にそなえて、生き残りの戦略を考えていこう。

マーケターは足りない。たぶん、ずっと足りない。

コロナウイルスが流行してから、マーケター職の人手不足が、さらに進んでいる。アフターコロナ時代の経営において、マーケティング部門の役割が拡大していると回答した人は72.3%に上った。

引用:【プレスリリース】重要度が高まるアフターコロナのデジタルマーケティング。9割の組織がもつマーケター育成の課題とは?~マーケティング教育についてのアンケート結果まとめ~ | デジタルマーケティング支援の株式会社シンクロ|Thinqlo

コロナウイルスで多くの企業が、ネット通販や、リードジェネレーション、デリバリーなどのDXを進めた。しかし、DXしただけでは、売れないのがお決まりだ。

ネット通販に参入した企業は、ネット通販の土台だけあっても、商品が売れないことを痛感する。地域レベルで勝負していた商品は、インターネット上では全国と張り合わないといけなくなる。

ラーメン屋が面白い例だ。ラーメンは、地域限定のグルメだった。地域レベルで、ライバル店舗と差別化できた美味しいラーメンを作ればよかった。そんなラーメン屋が、コロナウイルスによって、ネット通販やデリバリーを始めると、どうなるか。今まで地域限定で勝負していたラーメンが、ネット通販になると全国を相手に勝負することになる。強いブランド・強い差別化をしないと、有象無象の1つになってしまう。良い商品が売れるのではなく、露出が、魅せ方がうまい商品が売れるようになる。近いうち、ラーメン屋にもマーケターが求められるかもしれない。

この流れは、ラーメン屋だけではない。あらゆる企業が、さらにマーケティングの知見を求めるようになるだろう。企業は、マーケターの採用をさらに進めていく。マーケターの転職市場では、売り手市場が続くと思う。

しかし、マーケターは安心できる状況ではない。

マーケターは陳腐化する。

マーケターは、うんと増えるだろう。以前のプログラミングブームのように、人気職業になるのではないか、とわたしは勘繰っている。

マーケターは一見”美味しい職業”に見える。ホワイトカラーで、給料が高そうで、需要が高そうな職業に、見える。こういう職には、人が集まる。マーケターは珍しい職業ではなくなってくる。同じようなスキルを持つ人材がモリモリと量産されて、陳腐化していく。

それでも、人口減少と、IT化の波の方がよっぽど強く、マーケターの転職市場は、売り手市場は続く。明日の食事に、困ることはない。

重要なのは、売り手市場だからといって、報酬が高いかと言われると、そうでもないところだ。現代では、どんな職業だって人手不足だ。人手不足なら、待っているだけで給料があがる、なんてことは、今の日本では難しいことは、ご理解いただけると思う。

労働者にとっては売り手市場だが、給料は低い。マーケターが、介護業界のようになってしまう日も、来るのかも。あるいは、もう来ているか。

マーケターとして生き残っていく為に、必要なことは

1つ、軸となる専門性を持つことは、重要と思う。いわゆる、スペシャリストになることだ。

2つ目に、人間折衝力などの汎用性をベースアップすることも、大切だと感じる。マーケティングは、1つの部署だけで終わらない。他を巻きこんで進む。対人関係が上手い人でなければ、進まないプロジェクトもある。

3つ目、何ができるかを明確にすること。マーケティングは、業務内容が多岐にわたる。もはや「マーケティングができます」では意味が通じない。自分のスキルを明確にして「マーケティングの●●ができます」と具体化しなければ、企業としても採用がしづらい。日々の仕事を言語化して、実績をまとめておきたい。

参考記事:【読書メモ】人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

より専門的に学びたいなら、マーケティングの仕事と年収のリアルという書籍がオススメだ。キャリアを6段階にわけて、次のステップを示してくれる。業界を俯瞰しつつ、実用的なアドバイスもくれる。

created by Rinker
¥1,426 (2021/05/04 16:42:47時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:マーケターのキャリアプラン、アフターコロナで「競争激化」?

マーケターは、これからが勝負だ。同じようなスキルをもったマーケターが量産され、陳腐化するマーケターという職種で、どうやって生き残っていくかが課題だ。

そんな時代で、マーケターとして生き残っていく為に、次の3つを意識していきたい。

  1. 軸となる専門性を持つ
  2. 人間折衝力などの汎用性をベースアップする
  3. 多岐にわたるマーケティングの仕事の中で、何ができるかを言語化する

売り方を考えるマーケターは、この先も、ずっとビジネスに必要とされる職業だ。暗い話ばかりをしてきたが、未来は明るいと思う。キャリアプランが確立されていないのが難点だが、それを考えるのも、マーケターの楽しみなのかもしれない。

created by Rinker
¥1,426 (2021/05/04 16:42:47時点 Amazon調べ-詳細)

編集後記

マーケターは、プログラマーと肩を並べるほど、変化が激しい職種だと思う。ITが、プログラムが、ツールが進化すれば、マーケティングもそれに乗っかって、すぐに変化する。

ついこの間までチヤホヤされていたスキルが、数年で不要になることもある。難しい職業だ。正解がない。だから面白い。

アバター
ガクマーケティングhttps://item-for-you.com/
作家。1994年生まれ。北海道育ち。ライターと、ウェブマーケターの2足のわらじをはいた、おじさんのような顔をした若造。

あわせて読みたい

ランキング

最新記事

ライター紹介

アバター
作家。1994年生まれ。北海道育ち。ライターと、ウェブマーケターの2足のわらじをはいた、おじさんのような顔をした若造。

最新記事

カテゴリー

公務員試験メニュー